仮想通貨の税金の計算方法ってこんな感じ?




もうすぐ確定申告が始まりますが、仮想通貨の確定申告ってどうやるの?

確定申告した事無いし、どこから手を付けていいのか分からない。

だからと言って税理士さんや会計士さんに相談する程稼いで無いし、どうしよ~なんて。

そう言う時は会社の顧問会計士さんに相談してみたりしてみても良いのかも知れません。

でも、会社に相談出来る雰囲気では無いし、会社に知られたく無いなんて人もいるかと。

そう言う時は自分で申告するからと会社に申し出なくてはならなくなるかも知れませんね。

でもそれは仕方が無い事なので、会社勤めの人はやっぱり会社に相談した方良いかと思います。

世界のセレブ達とツーショット! お台場デートはマダム・タッソー東京

もし自分で申告をする場合はこの後私が説明する感じで計算し、税務署で相談すれば良いかと思います。

もちろん、みんなが会社勤めでは無いだろうし、自分確定申告しなきゃって言う人もいるかと。

そう言う人も今までは給料明細があれば、それを持って税務署に行けばいいと言う感じだったでしょう。

でも、仮想通貨の場合はどうやって申告するんだ?さっぱり分からないと言う人も多いのでは?

そこで私なりにこうすればなんとかなるんじゃ無いかなと言う事をお伝えしようかと思います。

ですが、私は税理士でも専門家でも無いので間違ってるかも知れませんので、やっぱり税務署で確認してもらうといいでしょう。

まず最初にする事。

それは1年間の取り引きをした明細書を集めて日付事に見やすいように仕分ける。

取引所に申請すれば明細書はもらえるのかな?

明細書をプリントアウトしたものでもいいかも知れません。

その仕分けた明細書を見ながら、お金を支払った事がある順に日付を順番に書いて行く。

仮想通貨の購入

1月10日10000円分買った。
3月3日に50000円分買った。
6月30日に30000円分買った。

合計90000円

と言う風に書き出す。

次に売ってお金が入って来た順に書いて行く。

2月20日15000円分の収入。
4月8日65000円分の収入。
7月7日に37000円の収入。

合計117000円

【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!

次に掛かった手数料を書きだす。

1月10日100円
2月20日150円
3月3日500円
4月8日650円
6月30日300円
7月7日370円

合計2070円

と言う風に。

そして仮想通貨で買い物等の決済をした金額を書きだす。

購入によって利益をえているからですね。

5月5日3000円 飲食代
7月20日5000円 ゲームソフト代

合計8000円

ってな感じで。




そして計算。

お金を出した金額

購入90000円
手数料2070円

合計92070円

次は得た金額の計算

収入117000円
購入8000円

合計125000円

そして収入と購入の金額125000円から購入を手数料によって支払った金額92070円を引く

その差額32930円が雑所得となると言う訳ですね。

この雑所得が20万円を超えると確定申告が必要になります。

20万以上あれば確定申告の時に雑所得の所に記入すればいいだけですね。

エルセーヌの大幅減量ダイエット

私は仮想通貨の取り引きをした事はまだ無いので確実ではないですが、簡単に言うと収入から支出を引いた金額と言う事ですね。

その支払いや収入の項目がどのようなものがあるか分かりませんが、株取り引きと同じような感じで考えてみました。

何か参考になれば良いかなと思います。

最終確認は税務署で相談してみて下さい。

今回私が書いている事をしておけば、間違っていても計算が出来ているので修正は簡単なんじゃ無いかなと思います。

まじめに申告しようとすれば、なんとかなるもんです。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




高騰していたビットコインで心配していた事が起こった!

ビットコインの事、主に税金の事について簡単なお話です。

高額な税金を無税に出来る【金地金分割加工サービスのリファウンデーション】

今、何かと話題のビットコイン、仮想通貨。取り引きした方が良い?

今年個人事業や副業を始めた人は税金をどうすれば良いのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)