未来人の話、現代人の予言をどう考えるのか?そして・・・。その2




今回も予言はどうだと信じるかと言う話。

前回の続きですかね。

未来人とか、現代人が自分で知ってて、感じて話す事では無く、神様のお言葉とかそう言う皆が信じたくなるような予言を預かって伝える預言。

そう言う話の方が信じたくなりますよね。

その代表的なものと考えるのがファティマの預言。

以前このファティマの預言の話もした事がありますが、予言と言うのは自信が感じて言う事ですが、預言と言うのは神様等の人間を超えた存在の者から預かった事を受け取り伝えると言う事。

まぁ、一応その辺の人が言っている予言を伝えても預言にはなるかも知れませんけどね。

でも、ファティマの預言はレベルが違う。

あのローマ法王が公式に認めているような預言。

第1の預言は第一次世界大戦の終結。

第2の預言は第二次世界大戦の勃発。

そして謎の第3の預言。

ローマ法王はそれを聞いて発表する事も無く封印していると言う。

第1、第2の預言が当たって第3の預言はあまりにもショッキングな内容だからと言うが。

発表されないと分からない。

一般的に予測されるのが第三次世界大戦の勃発ではないかと言われていますが、それならば発表してそうならないように考えると言う事も出来そうなんで、私は違うと思っています。

私は恐らく、今の世界とは違う者に世界が統治されるとかそう言うものではないかと考えるんですよね。

例えば宇宙人、異次元人、AI等の機械での統治。

何故かと言うと、ファティマの予言を聞いたルシア自身が、第3の予言は喜ばしい事でもあると言うのです。

第三次世界大戦がそのように考えられる事では無いだろうし、人は何者かに統治され安心な生活が約束されれば喜ばしい事でもあると思うんですよね。

日本のような平和ボケしている国では分からないでしょうけど、その他の国ではそれだけで喜ばしいと考える者も多いでしょう。




そして、ルシア自身は予言を明確には発表しなかったが、このような事は話していたらしい。

「第三の予言はとても恐ろしいものです。

闇の勢力が戦争を起こし世界は恐怖に包まれます。

人びとをおびやかすウイルスも彼らのしわざです。

たくさんの人が亡くなりますが、人間と宇宙の力で悪は滅びます。」

この先、その闇の力によって人類の危機が訪れる、それは今多く起こっている災害の事かも知れないし、ウィルス感染によってパンデミックが起こる事もあるかも知れない。

その闇の力は、何処かの人間による組織によるもので宇宙の何かしらの力を借りて。

しかし、その闇の力は他の人間と宇宙の力によって救われる。

その後は今よりももっと人々が幸せだと感じる世界になるのではないかと思います。

しかし、問題なのはその途中に訪れる恐怖。

これがローマ法王をも悩ませる事なんでしょうね。

このファティマの予言に関しては人間では無い者の予言と言う事で次元の違う話になると思います。

しかし、未来人の話も、現代での予言の話でもこの先悪い事が起こると言うのならば、その事も考えて生活した方が良いと思うし、知らない人にはそんな話もあるよと伝えてあげた方が良いと私は思います。

災害なんかでは備えしてるのとしてないとではやはり差が出来るし命にも関わります。

いたずらに人を怖がらさせて楽しい?とかって言う人もいるみたいですが、考えなければ安全と言う事では無いし、そんな事を言ってもしもの事を考えない伝えない人こそただの現実逃避で自分の為、周りに人の為にならないと言う事を考えて欲しい。

そう言う人が今が良ければ、そして他人がどうなっても良いと言う悪なのかもしれないと思うんですよね。

この辺りは人それぞれの考え方だと思いますが、万が一を考えて保険をかけるように、情報があれば万が一を考えて備えをして欲しいと私は思います。

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




太陽観測所閉鎖、誰も気付いていない?本当の理由。



死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・

ただ今戦争中の日本。まだ終わって無い戦争があるって?

堀江貴文のブログでは言えない話

ポルターガイスト現象・・科学を発展させる為に調査を



夢はパラレルワールド、夢こそ現実では無いか?説


未来人の話、現代人の予言をどう考えるのか?そして・・・。その1




未来人の話と、現代の予言者の話。どちらの話がより当たるか?

まぁ、そんな事を言うけど結局どちらも当たらんよと言う事で落ち着きそうですけどね。

最近色々とその手の話を考えてると、そもそも未来人ってほぼ偽物だとしか思えないので、それを考えるとまだ現代の予言者の方が信用と言うか参考に出来るのでは?と考えるようになってきた。

それは何故かと言うと、同じ話でも公の場に現れて言う人の話とそうで無い人の話とどっちを信用するか?と考えると現れて話をする人の話の方が信用出来るでしょ?と言う普通の考えからと言う事。

それで未来人がよく言う事で、姿を現して予言をすると歴史が変わるからと言う事をよく聞く。

もし、歴史が変わると言うならそもそも未来人が過去に行くだけで歴史が変わるのでそれは理由にならない。

未来人が言う歴史が変わるから姿を現せないと言うのは理由にならないのにそれで姿を現せないと言うのはおかしい。

そして、その前に今や数十年先の人間のレベルで過去に行ったり未来に行ったりする技術があるとは思えないんですよね。

今言われるのが、未来には行けるけど過去に行くのは理論的に難しいと言うが、その未来に行くと言う考え方も何か違う気がしてならない。

光の速さに近付く速さで移動出来れば速く動けば動く程未来に行けると言うが、それは時間の進み方が遅くなるだけで未来に行けると言う事では無い気がするんですよね。

考え方としたら100km先に移動する場合、時速50kmで進む人は2時間で到着、時速100kmで進む人は1時間で到着。

時速50kmで進む人から見れば時速100kmで進む人は速いと思うけど、それってワープした事になるの?って思うのよね。

考え方違うかな?




例えば、地球上で光の速さで移動するとして、いつ地球上から消えるタイミングがあるの?同じ空間にいる以上別に未来に行ったと言う事では無く時間の進み方が違うだけじゃ無いの?って思うのよね。

ドラえもんのタイムマシンみたいに違う空間を移動して地球上に再び戻ってきたと言うならタイムトラベルが出来たと言えるとは思うんだけどね。

そうなって来ると今度は場所の問題が出てきます。

違う空間に行って時間を移動し、再び元の空間に戻る事が出来るとする。

その場合、その時間移動して戻ってきた空間って地球上なんでしょうか?

地球は1日で1回転します。

半日未来に行くと地球の裏側に出ると言う事になる。

さらに言うと地球は太陽の周りを回っています。

半日未来にはそこに地球はありません。

まださらに言うと太陽は銀河系の中で動いています。

その銀河系も動いている。

半日移動すれば全く違う位置にいる事になります。

そのほとんどが宇宙空間。

そう言う問題もあるので、時間を移動する技術だけではなく空間を移動する技術も必要になるはずなんですよね。

もし、同じ場所に出る事が出来るならば移動した空間もこの世界の引力やらなんやらから影響を受けて同じ地球上に留まれていると言う事になりますね。

でも、違う世界移動しているのに影響を受けると言うのもおかしい気がします。

そんな風に考えていると、今の理論での延長線上で考えてもこの先そう簡単にタイムトラベルが出来るようになるとは思えないですね。

出来るとすればタイムトラベルして到着する場所もコントロール出来るようになってないと逝けない和氣で。

なので、たかだか数十年後の未来から来ましたと言うのは嘘臭くて仕方がないんですよ。

未来人の話に戻してみると、時々予言が当たったと言う話題もあるが、たくさんある予測の中で当たったものがあると言うだけじゃ無いのかな?と思いますね。

顔を出さなければ、ネット上なんかで一人の人がいくつもキャラクターを作りその中で的中したキャラクターがいればそのキャラクターを育てて未来人と思わせる事が出来る。

人がキャラクターを作ると言う事もあるでしょうが、中にはAIが作り出したキャラクターもあるらしい。

今までの歴史からAIが予測すれば精度の高い予言も出て来るでしょう。

でもこれって予言では無く予測なんですよね。

そして、もし顔出しで現れた未来人が出てきたとしても、未来人がよく言う歴史が変わると言う事を考えれば予言は当たらないと言う事になる。

まぁ、天変地異的なものは当たりそうな気がしますけどね。

でも、人工地震があるとすればやっぱりその辺りも当たらないと言う事になるのかな?




しかし、現代人の予言者は違う。

予言にしても予測にしても、顔出しで発表すればハズレる予言も目立つ。

有名な予言者の予言は9割程的中しているなんて言われる事もありますが、よく調べると的中率は1割程だったなんて事もあります。

でも、1割当たると言うなら参考にしてみても良い気がしますよね。

万が一に保険をかけますがそれに比べれば断然確率が高い。

万が一にお金を出すのに10分の1には嘘だと言って否定をするだけっておかしくないか?って思いませんか?

まぁ、予言者と言う人はたくさんいるので全てを信じると大変な事になりますので参考程度で良いとは思いますけどね。

そして、私が思うには人には予知をする力があると思ってるんです。

それもほとんどの人にわずかでもね。

例えば夜寝ていて目が覚めた後に地震が起きたとかって話聞きません?

そう言うのも予知だし、実験された事で言うと、未来に見る絵に人は先に反応すると言う話がある。

たくさんの絵を順に見せていき、色んな絵の中にショッキングな絵が時々出てくると言う実験。

ショッキングな絵を見る時に脳が反応しその時に出る波形があるらしい。

最初はショッキングな絵を見た時に波形が出るが、回数を重ねると絵を見る前にその波形が出るようになると言う。

それは脳が予知をしていると言う事では無いでしょうか?

多くの人がそのような予言をわずかでも出来ると言うなら、少しの限られた人がより多く詳しい予言をしてもおかしくは無い気がします。

そのように考えていくと、ネット上なんかで出現している、どこの誰ともわからない人の予言よりも、現代人、又は歴史上の予言者の予言を参考にした方が良い気がします。

しかし、ノストラダムスの予言ように解釈で変わるような予言は参考に出来ない気がしますけどね。

今回考えるのは現代の予言者の話の方が参考になると言う事ですが、それよりもさらに参考にしたいのが予言では無くて預言。

長くなりそうなので続きはまた次回。

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




太陽観測所閉鎖、誰も気付いていない?本当の理由。



死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・


先日旅立った愛犬チョロちゃんのそれまでの様子の変化




先日、残念な事に遠くへ旅立ったチョロちゃん。

ペットは死ぬと虹の橋と言う所へ行くと言う事を知りました。

この話は誰かが作った話だとも言いますが、本当にあるとも信じたいですよね。

人間が死ぬとあの世に行くと言うのと同じで、誰も否定は出来ないのでは無いかと思います。

その虹の橋の手前で、のんびりと心地の良い所、そう言うところで過ごしているのだそうで、それはいつまでかと言うと、飼い主がそこに現れるまで。

きっと私がそこへ行くまで待っていてくれるのだと思います。

犬も輪廻転生、生まれ変わりがあると言う話を聞きました。

犬の一生は人間に比べて寿命が短い、その分生まれ変わるのも早いようです。

早い子では数時間後には生まれ変わっていると言う話も。

そんな事を考えるとちょっとこんな考え方になります。

きっと、虹の橋の世界やあの世は、この世と時間の進み方が違うのだろうなと。

飼い主がペットの後すぐにあの世に旅立つと言うのならば数日から、数ヶ月後にペットと飼い主が出会う事になるのでしょうが、多くの場合はそうではないと思います。

恐らく、この先何年何十年先に飼い主があの世へ行く時は時間を遡りペットが生まれ変わる前、虹の橋に迎えに行くのだと考えます。

あの世では時間何てあって無いようなものなのではないでしょうかね。

私もまたチョロちゃんに出会える事があることを期待しています。

そして、生まれ変わってまた私の前に現れないかな?なんてね。

この世で先に生まれ変わったチョロちゃんに会って、その後虹の橋で会うなんて奇妙な事もおかしな事では無いのかも知れません。

それで、今日はチョロちゃん関係の物は全て整理を済ませたすぐ後なんですね。

旅立ったその日、日が変わってすぐに旅立ったので夜が明けてすぐに埋葬し、次の日には犬小屋やケージ等大きな物を処分し、次の日には死亡の届けを済まして、部屋にはチョロちゃんの物はほとんど目に付かなくなりました。

まぁ、目の前に写真と首輪、リードは残ってますけどね。

あまりあちこちに物が残ってると思い出す事が多くてしんどいので。

まだ少ししんどいけども、一人で部屋に閉じこもって考え事をしている方がしんどいので、誰かにこの記事を見てもらえるかな?と思い書く事にしました。

亡くなる前の最初におかしく感じたのは6月か、7月か、暑くなってきたなと言う頃。

急に散歩に行くのを嫌がり始めました。

調べて見ると、これも犬が死ぬ前に見せる変化だそうです。

次に変化が起きてきたと感じたのは、ごはんを食べなくなったと言うか量が減って来ました。

元々、あまり食べない子なので、ドライフード、半生タイプのものもほとんど食べない。

特にご飯を与えてすぐに私が何処かへ行くと、ほとんど食べて無い。

一応、全く食べないのも困るので、おやつや缶詰を混ぜたりするけど、結局選んで食べてる感じ。

それが、散歩に行かなくなってからは、選んで食べると言ってもほんの少し。

ちょっと食べる量が少なすぎて体重も減ってきているので、ごはんを食べてる間は横で見ている事にしました。

始めは結構食べてくれてるなと思ったのですが、それでも食べる量が少ない。

仕方が無いので、たくさん食べてくれそうな物を考えて色々と買って来るようにしました。

結局おやつ系は食べてくれてもドライフード系はほとんど食べない。

そして、食べてくれていたおやつもあまり食べなくなってきた。

興味があって口に入れてもすぐに口から出す。

歯も減って多少歯食べにくいんだろうとは思うけども、食べる気があれば食べてくれるだろうと言う歯の状態ではあると獣医さんは言ってたんだけどね。

口からすぐに出すようになると言う事もよくある傾向だそうで、食べる気持ちが少なくなってきていたんだと思います。

それでも、一番お気に入りのジャーキーは全く食べなくなる直前まで食べてはいてくれたんですけどね。




で、一つ前の記事で書いていたような状態になり、獣医さんにかかるようになりました。

正直我が家の犬について、元気になって欲しい・・・

獣医さんにかかるようになってからは毎週月曜日か、火曜日の休み明けには点滴。

でも、最後の週の月曜日には落ち着いて来て点滴をしない判断をしたんです。

それは最初下痢をしたりして、便がほとんど出ない状況。

ほとんど食べて無いのですから当たり前ですが、スポイトでミルクやコーンスープ等犬用のものを口に入れるようにしてから、下痢も無くなり便の量も増えて来ていたんですよね。

最初は口にスポイトでごはんを入れる事を嫌がっていたんだけども、少しずつ慣れてきたのか食べてくれる量も増えて来ていたんです。

それで、休み明けに獣医さんに相談した時は、体温も少し上がってきたし口から食べてくれているのならと点滴は辞める事にしたと言う事です。

体温が下がって行くのも危ない傾向なんだそうですね。

点滴を受けるのも体に負担になるのだそうで、口から食べてるのなら辞めておきましょうとの判断。

私も少しホッとしていて、でも、その頃には後ろ足で立ち上がれないようになってたんですよね。

前足で体を起こす元気はあったので、ごはんをたくさん食べてもらおうとスポイトであげるごはんを色々と考えました。

この頃には後ろ足で立てないので夜寝る時は私の布団で一緒に毛布を掛けて寝るようになっていましたね。

動かないので、あちこちで寝てる間にいたずらする事もありませんからね。

それにお互い暖かいし。

ですが亡くなる2日前の夜と言うか朝方に急に私に甘えるようにくっついて来ます。

そんな元気何処にあるの?大分回復出来てきたのか?って思って。

それまではそんな事は無く私がそばにいれば安心して寝てるか、起き上がって私をジーっと見てるかどちらかだったんですけどね。

その前の元気な時は私に甘えるよりもあちこちでいたずらしようと動き回っていた。

それだけ甘える事は珍しいなと思ってたんですよ。

でも、今から考えるとその日は自分の死期が分かっていたんじゃ無いかと思ったんです。

この時までが意識がはっきりしてた最後だったんじゃ無いのかな?とも思ったんですね。

その日はまだなんとかごはんは食べてたかな?けど少し食べる量は減っていたかも知れない。

自分は今何してるの?よく分からないと言う状況だったのかも?

次の日は口にごはんを入れてもほとんど飲み込まない。

前の日の半分ものみ込めていないようなそんな感じ。

もう、前足でしっかりと立つのもしんどいのかな?と思っていました。

そして次の日のは用事があって実家に帰る事に。

今までは外出時は家でお留守番をしてもらってたんだけど、この日はなんと無く離れない方がいいようなそんな気がしたんですよね。

いない間になんかあったらなんて思って。

いつも実家に帰っても部屋に犬を入れるのはダメと言われるので玄関で待機してもらう事が多い。

元気な時は良かったんだけど、最近は実家に帰る時は連れて帰らない様にお留守番。

家にいる方が落ち着くだろうしね。

まぁ、部屋に上げていたずらされるのは困るからなんでしょうけど。

でも、この日は連れて帰って

「もう動け無いから」

と言う事で部屋に上げて私に横に毛布をおいて寝かせていました。

昼ごはんをよばれた後にチョロちゃんのごはんをあげるからと準備をして食べさせると、朝も食べなかったけども昼はもっと食べない。

車が悪かったのかも知れないけど、車に乗ってる間に様子は特に変わらなかった。

朝の調子が悪いそのままでした。

だから連れて帰ったんですけどね。

で、やっぱり気になって、帰りに獣医さんのところへ寄る事にし、相談するとごはんを食べないなら点滴しましょうかと言う事になり、少しは楽になってまたごはんを食べてくれないかな?そう思ったんです。

で、家に帰って毛布でくるむとスヤスヤと気持ちよく眠りだした。

今日は点滴をしたので、また明日ごはんを食べてくれるようになってくれればいいなと思っていて。




それから4、5時間後位に少し目を覚ましたのかどうなのか、足をバタバタしだした。

横向いて寝ているので、夢でも見ていてその中で走ってるつもりなのかな?なんてね。

でも、これを後で調べると死ぬ前の前兆でこう言う事をするのだそう。

そして、目を覚ましたなと思ってまた一緒に寝るので、布団の上に移動をしようと毛布をめくるとなんか変。

顔の下がたぷたぷになってる。

皮下に点滴を入れてもらったんだけど、それが吸収されずに顔の下に溜まってるのか?それ以外が原因なのか?

わからないけど深夜12時を回った頃。

この時点ではその変化があったけども、呼吸とかは落ち着いているので、その晩は寝て朝も同じならまた獣医さんに診てもらおうかな?と思ったくらいで。

そして布団に移動して、寝る前にどうかわからないけど、水分は欲しがるかな?と思ってスポイトを台所に取りに行って布団へ戻ってくると発作を起こしてる。

えっ!?何!?

場を離れたのなんて10秒とかそれくらい。

もう、一瞬だった。

体をビクンビクンと痙攣を起こして動きが止まった。

抱き抱えると体に力は無い、わずかに呼吸はしてる感じだけどもどうしていいのか?

緊急の獣医さんって・・・調べたけど、そこまで行くのも車で早くても30分はかかる。

もうそんな時間は無さそう。

いつもの獣医さんに電話してみる・・やっぱり誰も出ないよね。

そうしてると完全に呼吸が止まる。

その間5分もなかったと思います。

それから思った事は、もう何もしない方が良いかなと、無理して蘇生の事を考えない方が良いかなと。

心臓マッサージをどうすれば良いんだとかなんとかね。

だって、少しでも戻ってきても元気になるのは厳しいのかもって思ったし、また苦しい思いさせない方が良いのかなってね。

前にも一度この時より少しマシではあるが苦しそうな発作は起こしていて、その時は自然に戻ったけど、あの苦しい状況を何度も起こす方が可哀想だと思うんですよね。

もう、この後は夜が明けてからどうしようとか、あの時こうすれば良かったかなとか色々と考えた。

前の晩も、仕事の作業で夜ほとんど寝れなかったんだけど、この日も結局なんとか30分程寝れただけで、まともに寝る事は出来なかった。

この日も次の日も、家のどっかにチョロちゃんがいるんではないかな?なんて思って、気が付くと

「チョロちゃん、チョロちゃん」

て呼んでる自分がいる。

何か物音でもすれば、そこにいるんじゃないかって。

今もまだそんな感じですが、チョロちゃんの物はほとんど整理したので大分呼ぶ事は減って来たかな。

でも、まだまだ厳しいですね。

用事で部屋を出たら家に帰りたく無くなって、用事が無くても色んなお店に立ち寄ったりしてる。

家に帰ると、チョロちゃんがいない部屋が現実になりますからね。

前まではいたずらしたりわがままだったり、夜にやたらと吠えたりと面倒な事ばっかりって思ってたけど、やっぱりその面倒が良かったんだよね。

分かってたけど。

年齢は分からないけど、普通にあと3~5年は一緒にいるもんだと思ってたのに、急だったなぁって思いますね。

自分がしてきた事が正直正解だったかどうかなんて分からない。

けど、やっぱり後悔は多いです。

一人で部屋にいるのは寂しいし、また犬を迎えたいなぁとも思うけど今しばらくはそんなことを考えずにいようかなと思います。

でももし、今のような部屋ではなく、もっと広いゆったりした空間で環境で生活出来るようになれば考える事もあるかな?とも思います。

そんな事になるのはまだまだ先かな?

それでももし、何か縁があればペットを迎える事もあるかも知れません。

例えばまた迷い犬を保護したり、何かの理由で里親を探している人が身近にいたりなんかすると分かりませんね。

その時はもっと後悔しないように行動出来れば良いんだけどね。

でもやっぱ難しいんでしょうね。

正解なんてあるようで無さそうですしね。

もし、今ペットを飼っている方でこの長い記事を読んでくれている人がいれば後になって後悔しないように目一杯大事にしてあげて下さいね。

こう言う事をここに書くだけでも少しは気分は楽になります。

それではいつになるか分かりませんが虹の橋でまた再会する事を期待して、今日はこの辺で。

ではまた。




死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・



夢はパラレルワールド、夢こそ現実では無いか?説


太陽観測所閉鎖、誰も気付いていない?本当の理由。




太陽観測所が閉鎖されていると言う話。

私のブログでも少し前にお話しています。

アメリカ国立太陽観測所、突然の閉鎖について

その後に少しは閉鎖の理由が発表されたり、色んな方の憶測での話が多く出ているかと思います。

今回はその発表された内容や、噂等を色々と考えて私なりにもしかするとこう言う事なんじゃないか?と言う話をしたいと思います。

たかだか噂程度の物と言うのを参考にと言うのでも、火の無いところに煙はたたぬとと言う事で何かあるんじゃ無いかと、そんな感じです。

公式の発表だと、このアメリカの太陽観測所の閉鎖は児童ポルノをこの観測所の施設を利用して配信をしているからだそう。

その事が原因での閉鎖・・・

では何で他の観測所だけでは無く他の観測所も閉鎖されたのか?

犯人が周りの者に危害を加えるかもしれないと言う事で職員が避難。

そこまでは分かる。

しかし、その町の人が避難とまでなるとおかしいような気がしますよね?

この事態を解決する為に動いたのはFBIであり、軍用ヘリのブラックホークまで出動。

児童ポルノの配信程度でここまでするのか?

やはり度が過ぎていると思うしかない。




そこで疑問に思う人は多くいるのでは無いかと思う訳で、私もその中の一人。

この観測所は、あのロズウェル事件があった近くにあると言います。

ロズウェル事件も発表では観測用の気球だったと言うが信じる人は少ない。

疑わしい事が多いからですよね?

また、疑わしい発表をしているんでは無いかと、そう考える人も多い。

さてさて、ここで私は噂なんかも合わせて色々と考え、点と点を繋げてみた訳です。

この事件の噂で中国からハッキングがあったと言う噂がありました。

その事で検索すると中国語のサイトが出てくる。

中国語を理解出来る訳ではありませんが(学が無くて申し訳け無い)普段検索して中国語のサイトが出て来る事はそう多くない。

そう考えると、ハッキングはもしかするとあったんじゃ無いかと考えてしまいます。

その検索したサイトがハッキング関係で無いにしてもね。

中国で感心のある記事なんじゃ無いかと思いますし。

そして、今回の事とは関係無い話なんですが、中国は宇宙に向けて信号を発信してると言う話があります。

それも太陽の力を利用して。

太陽の力で信号を増幅させるような感じですかね。

ですが、以前その行為に関して有名な物理学者のホーキング博士は警告を発していました。

もし、宇宙人と交信して地球の場所や状況を宇宙人に知らせるような事をしていれば、技術的に劣っている地球が侵略される危険がある。

そう言う行為はするべきでは無いと。

地球でも昔はアメリカ大陸等を文明が発達したヨーロッパ人等が侵略したように。

そんな話を知って色々と考えると、今回はもしかするとこう言う事が起こっていたのでは無いかと考えました。

もちろん児童ポルノの配信なんかは作った話。

犯人も捕まっていないし、そもそもない事なんじゃないかと思う。

その時起こっていた事とは中国はいくつかの太陽観測所をハッキングして地球からの情報を配信、又は受信していた。

そして、その中のニューメキシコ州サンスポットにある太陽観測所をハッキングする事よって宇宙人へ送信している事が分かった、最悪の場合で考えると宇宙人から何か反応があったと。

ハッキングしなくても中国独自で発信すれば良いと考えるかも知れませんが、宇宙への交信となると、その方向は無限に近くあるので、その方向に独自で敗者しているよりも、ハッキングする程度で配信する方向が増えるのなら、その手を使わないと言う手は無い。

そうやって多くの配信を試みる。

そう言う事をしていると可能性としては、下手すると、宇宙人がその観測所に向けてやって来るとか。

そんな緊急事態に備えてのブラックホークだったのかも知れない。

アメリカや、ロシア等の大国は隠れて宇宙人と交信しているのでは無いかと言われている。

しかし、最近力を付けてきた中国は宇宙人の技術は無い。

そんな事もあり中国も宇宙人の力が欲しいと感じて宇宙人と交信しようとしているのかも知れない。

そう考えると、今回の事件は中国による太陽観測所のハッキングで、ニューメキシコ州のサンスポットの太陽観測所で何か起こるかも知れないとFBIやブラックホークが出動、念のためハッキングが確認された各観測所も機能を停止。

もしも宇宙人との接触がある場合に備え、観測所と町の住民を避難させる。

またUFOの出現とかになると説明が大変ですからね。

と、そう言う事だとつじつまが合うのでは無いかと考えたんです。

ほとんど漫画や小説のような話で、そう考えてもらうと言いかも知れない。

しかし、後になってあの小説や漫画が予知をしてた?なんて話ありますよね?

実は私と同じで点と点を繋ぎ合わせて想像し話を作っているのかも知れない。

何も無い所からは想像は生まれにくくて、何かがあるからそんな話が生まれる。

今回のこの話も、想像で終わるか50年後くらいにこの話も真実が分かるのか?

そんな事を考えていました。

信じるか信じないかはあなた次第ですが、皆さんはどう思いますか?

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・



2018年9月6日震度6強の北海道地震と、予言について

ただ今戦争中の日本。まだ終わって無い戦争があるって?


アメリカ国立太陽観測所、突然の閉鎖について




アメリカ、ニューメキシコ州サンスポットにある国立太陽観測所が9月6日から突然閉鎖されると言う事が起こっているそうです。

この太陽観測所、太陽天文台はオーラ(AURA)と言う組織で管理しており、そのオーラのライフソン氏が言うには、セキュリティの問題により天文台を閉鎖し、職員を避難させたとの話。

太陽観測所の再開のめどは立っていないと言う。

さらに言うと、他の国でも太陽観測所の閉鎖が相次いでおり、オーストラリア、チリ、スペイン、ハワイ、ペンシルベニア州でも閉鎖されているとか。

一説には太陽の活動等が問題で安全の為に閉鎖したのではないかと言われている。

ちょうど6日には太陽にコロナホールが発生中して太陽風や磁気嵐による被害があるからと言う建前のような話もあるが、今は太陽活動の極小期で、その磁気嵐もレベル2程度、磁気嵐のレベルは5段階と言いますし、その程度のものなら今までに何度も起こっている日常レベルの事のはず。

そして、もし太陽風で被害を受けると言うならば、天文台だけが被害を受けるもので無いし、他のどこに避難をすれば?なんて話です。

他にも噂される事で言うと、太陽の周りに宇宙船の艦隊がやって来ていて、それを世間に見せたくないものだから閉鎖をしたなんて話が出てきている。

その動画もたくさん出回っているようですが、どれも嘘くさいものでした。

正直、太陽の周りに宇宙船があるとしても、そんなに目立った動きが分かるような動画なんてありそうには思えません。

例えば、電車に乗って景色を見る時に近くが早く遠くが遅く動くように太陽までの距離を考えるとちょっと不自然な気がしました。

まぁ、太陽天文台の閉鎖と言う話を聞いてネタにしようと作った話では無いでしょうかね?

もし太陽活動がどうとか、宇宙船の艦隊がどうとかって話なら、逆に太陽天文台の観測を辞めるのでは無く観測は続けるが情報は公開しないと言う手を使うと思います。

それにしても、太陽天文台の突然の閉鎖と言う事ですからただ事では無いのは確か。

アメリカだけで無く他の国でも。

しかし、この事態で動いていたのがFBIと言うのが気になる。

一番話題になっている宇宙船もそうだし、太陽の問題があると言う話でもそう。

なんで、その問題でFBIが動くのか?

もし、すでに宇宙人がやって来て何かをやらかしているというなれば事ならば分かるが、これから宇宙船がやってくるとか、太陽活動がとかなら違うように思う。

宇宙船問題なら軍が動くだろうし、太陽の問題ならNASA辺りが何か動いてもいいのではないかなと思う。

しかも、避難をしたのは施設の人だけでは無く、周りの住民なんかも避難していると言う話。

そう考えると、何か犯罪の臭いがすると言うもの。

テロのような事が起こるとか、ハッキングのような事がされてるとか。

もし、爆破予告のようなものでもあれば施設の人避難するだろうし、近隣の人達も避難するでしょう。

FBIが動いていて、詳しい内容を発表しないと言うのも、犯人の事を考えているからかも知れません。

こんな記事を書いていて調べていると、どうやら17日から太陽天文台は再開されたと言う話も出てきています。

すでに事件は解決されたのかも知れませんね。




正直、最近いつも言うように、もし宇宙人が攻め立て来ると言うなら一瞬で地球人が分からないレベルで攻撃してくると思うし、太陽系等の近くでは知的生物どころかわずかな生物も発見されていないレベル。

宇宙には距離の問題があり、広い宇宙ではどこかに知的生物がいるだろうと言われますが、その生命体がその距離をどうやって克服すると言うのか?と言う事。

その距離が克服出来るレベルなら、地球なんて一瞬。

攻撃的では無いなら艦隊で攻めて来る事も無いだろうしね。

そして、遠い地球までやってきて何がしたいの?って疑問。

まぁ、ニビルがどうとかって話なら少しは分からないでも無いが、それでも文明に差があれば地球人が想像するレベルの話では無いと思う。

異次元的な話になるのではないかって事ですね。

もう一度言うと、そんな異次元の生命体が三次元の地球に何の用事があるんですかね。

まぁ、そう言う事です。

確かに現実で太陽天文台が閉鎖になった事で何か問題があったのだとは思いますが、この事に関して言うと、きっと宇宙規模の話では無く地球人規模の話なんだと思います。

全ての事で何も悪い事が起こらず、原因となるもの、又は原因となった人が分かり解決すれば何が起こっていたのか発表される事もあるのでは無いでしょうか?

恐らく、この事に関係するのは世界的な組織の仕業のように思うので、それまで少し時間が掛かるかも知れませんけどね。

でも、案外学生とかのイタズラによるハッキングとかだったりしてね。

それと、もう少し出てきている噂で言うと、この閉鎖と北海道の地震が同じ6日なので何か関係があるんじゃないか?人工地震だったんじゃないか?なんて言われていますが、それは考えすぎなように思います。

人工地震を起こせるとしても、天文台とは関係無いのではないのでしょうかね。

根拠は無いですけど、逆に関係があると言う根拠もなさそうですし。

ただ、異次元からとかの何者かが今の地球を何とかしようとしていると言う話も聞きます。

地球の人口を5億人以下にしたいが為に地震や火山の噴火、そして台風を意図的に発生させてコントロールしようとしてるとか。

これこそ都市伝説と言われる事ですが、こんな話も信じるかどうかは人それぞれって事で今回はこの辺で。

ではまた。




2018年9月6日震度6強の北海道地震と、予言について



ただ今戦争中の日本。まだ終わって無い戦争があるって?

夢はパラレルワールド、夢こそ現実では無いか?説

ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン

今の地球温暖化は寒冷化の前触れ、太陽活動と火山


死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・




死後の世界は分からないけど、死語の世界はあるよね~

ちょっと20年前とかに流行ってた言葉を使うと、もう死語になってて恥ずかしいような体験をする事もしばしば。

その時に「それもう死語!」的な感じでウケれば良いかなぁ?って思うけど、全く「何それ?」的な反応の時は少しへこむ。

まぁ、死語の話をしたい訳では無いので、死語の話はそのくらいにして、死後の世界はどうなのかを考えたいと思います。

死後の世界、その事を考えると参考にしたくなるのが臨死体験をした人達。

臨死体験。

これがどうなのかを考えたんです。

臨死体験をした人はよく不思議な経験をしたと言う話をする事が多いように思います。

日本人で言うと三途の川を渡りかけたとか、お花畑が見えて気持ち良かったとか。

この三途の川の河原では親より先に死んだ子供が延々と石を積み上げて塔を作ると言われています。

ですが、絶えず鬼が見回りに来てその塔を崩していく。

いつまで経っても塔は出来ない、けれども子供達は延々と石を積み上げる。

そこに地蔵菩薩が現われて子供達を救って行く。

そんな世界があるらしい。

これを知って思うのが、子が親より先に死ぬのが最大の親不孝で、きっとその子の親が三途の川に来るまで子供は石を積み続けないといけないのでは無いかって、その地蔵菩薩はその子の親なんじゃないかって思いました。

実際はそんな世界があるのかどうかも分かりませんけどね。

でも、この三途の川も日本人の考え方で、他の国の人だとまた違う臨死体験をしているのではないかと思います。

他の国の人も、臨死体験中にはお花畑があったとか、自分の先祖や親せきに会ったとか、そう言う話が多いみたいですね。

これが死後の世界なのか?と思われる事もありますが、ちょっと待って下さい。

臨死体験と言うのは、結局死んで無いんでしょ?

死んで無い人が見たと言う事は死後の世界では無いのでは無いかと思いました。

例えば、普通に寝ていて夢を見ていた。

寝てる時間は8時間だとしても夢を見ている時間って少ないですよね?

1時間も見ている感覚が無いと言うか。

と言う事は脳が活動している時間があれば脳が活動していない時間がある。

その脳が活動している時間をつなぎ合わせて一晩の夢を見るんだと思うんです。

そう考えると、臨死体験で経験した事も恐らく脳が活動した時に経験した事を繋ぎ合わせた夢なんじゃないかな?と思うんですよね。

そして、三途の川等が出て来るのは、そんな瀕死の時に見る夢はこうだと脳にインプットされてるからなんじゃないかなと思うんです。

それで、臨死体験中によく聞く事であるのが幽体離脱をしたようだと言う事。

これも夢なんじゃないかと思う訳です。

手術中の脳が停止しているはずの時の手術室の話を幽体離脱をして聞いていたとか、そんな話があります。

それも断片的な話しで、脳が停止していたと言われていても100%停止していた訳では無く、時々脳が復活している事があって、その時に聞いた事を覚えていると言う事なんじゃ無いかな?と思いました、

臨死・・・死ぬ間際って脳が超人的に活発になるって聞きます。

そのタイミングでは回りの事がスローに見えて、日本人なら走馬灯が見えるとか言いますよね。

臨死体験中には、そのように脳が超人的な活動をするのでは無いかと思うんです。

それで、不思議な経験をする事があるんでは無いかと。

良く聞きませんか?死の間際から復活した人は特殊能力を手に入れる事があると。

霊視が出来るようになったり、予知が出来るようになったり。

人は元々そんな能力があったけども、文明が発達していって、昔の能力を失っていって。

その失われた能力が死の間際に活性化されるのではないかと思うんですね。

それで、完全に復活した場合にその経験から学習したので普段でも同じように使える様になるのではないでしょうか?

臨死体験はそんな不思議な事がいくつか起こる。

これは間違いないのでは無いかとは思います。

ですが、この不思議な体験が死後の世界なのかと言うとそうではない。

やっぱり生きている世界なんですよね。

なので、臨死体験だから死後の世界に足を踏み入れたと言う事にはならない。

そう思うんです




そうなるとやっぱり死後の世界は無いのでは無いかと考えます。

しかしそれは臨死体験と言う話を聞いただけではと言う事での判断でと言う事になります。

臨死体験の世界=死後の世界では無い

それでは死後の世界の証明にはならない。

と言うだけ。

死後の世界を考えるは臨死体験だけではありませんよね?

子供で2才頃から7才の頃までに話し出す事があると言う前世の話。

この話を聞くと、生まれ変わりと言うのがあるのではないかと思う訳です。

生まれ変わりがあると言う事は死後に続きがあると言う事ですよね?

死んで終わりでは無いかもしれないと言う事になります。

こんな不思議な事を純粋な子供が話すと言う事がありますか?って事です。

それからもう一つ思った事。

冷凍保存の人間はどうなりますか?

復活した時はどんな感じか?

冷凍になるって言うのは確実に死の状態ですよね?

もしかすると、復活した時に死後の世界の事が分かるのでは無いか?と思うんです。

それこそ、臨死体験のように少しの記憶である場合は冷凍になる間際の記憶と解凍されて復活する間際の記憶程度のくらいならば、死後の世界の事は分かりませんが、不思議な世界で何年もの経験をしたような記憶があるならば、もしかするとそんな世界があるかも知れないと言う期待が持てると考えています。

もし、冷凍状態の人が解凍され復活する事があれば分かる事があるかも知れませんね。

今回、死後の世界があるのか?ないのか?と言う事だったのですが、私の中では無い70%ある30%くらいに考えています。

基本的には無いと言うところです。

天気予報の当たる確率が70%程度?

まぁそんな感じです。

でも、生まれ変わりは本当にありそうな気がするので、どうなのかな?と。

今回はそんな感じのお話とさせていただきます。

最近考えがまとまらなくて、今回の話もどうなのかな?と言う事も多くて。

また違う機会に続きのようなお話もさせてもらおうと思います。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




ポルターガイスト現象・・科学を発展させる為に調査を



夢はパラレルワールド、夢こそ現実では無いか?説


2018年9月6日震度6強の北海道地震と、予言について




今年2018年の巨大地震がまた発生。

大きな地震が多い、そして災害の多い年ですね。

前日までは台風の被害が多いと言っていたばかりなのに。

今年の大きな地震と言うと最大震度5強以上だけでも

4月9日1時32分島根県西部マグニチュード5.8最大震度5強

5月25日21時13分長野県北部マグニチュード5.1最大震度5強

6月18日7時58分大阪府北部マグニチュード5.9最大震度6弱

そして9月6日3時8分胆振地方中東部マグニチュード6.7最大震度6強

この地震による被害は内陸部と言う事で建物の倒壊や土砂崩れ等が多いようです。

大きな地震でも津波が無いと東日本大震災のような被害は無いですけども、大きな被害である事は間違いないですね。

そして、問題なのはこの地域での生活。

どうやら北海道の約半分の発電を行っている火力発電所が緊急停止した事により、北海道全土で停電していると言う事のようです。

前日には大阪の関西国際空港が台風によって孤立状態になってると言っていて今度は北海道。

なんだか、何処かの国から攻撃でもされているのか?と疑いたくなるような事ばかりが続きます。

私の住む地域では、特に問題のある事が起こっていないのですが、この調子で行くと大きな災害。

南海トラフの大地震が起こるんじゃないかって思いますよ。

もう、何も起こらなければ良いのですが。

で、今回の地震についての事を色々と調べました。

やはり出てくるのは予言。

誰が予言していた、予測していたなんて。

その中で最初に出てきた予言者は松原照子氏

どうやら熊本地震の後に今度は北海道で地震と予言していたそうで、予言が当たっていると言っている方もいるようでした。

ですが、この予言は2016年の熊本地震の後の6月16日に北海道函館市で震度6の地震が発生した事を言っているのであって、今回の地震の予言では無いと思います。

そして、松原照子氏は1年に何度も100回以上?地震の予知を発表しているようで、これだけ地震の多い日本で適当に地震予言をしているとそりゃ当たる事もあるでしょうと思います。

今年2018年の地震についても、北海道での地震の予言がありました。

ですが、それは世間一般で言われている十勝沖、根室沖、色丹島沖及び択捉島沖での地震

つまり海溝型の地震を指しています。

この地震も南海トラフの地震同様に周期的に起こっていて、マグニチュード8を超える大地震は数十年毎に起こっており、2003年にも平成十勝沖地震が起こっています。

さらに10mを超える津波が発生する程の超巨大地震が1600年頃に起こっており、その地震の周期的も400年程度と言われているので、この地震の予知をしておけば当たる確率が高いと言うだけの事だと思われます。

そして、北海道沖の予知で、今回の地震だから近い場所なので少しのズレと言う人もいるかも知れませんが、北海道はでっかいどうなので同じ北海道でも距離はかなり遠いですよ。

今回の予言で当たりだと言うなら静岡県で起こった地震を東京の地震を予言していたから当たったと言うのと同じようなものです。

これが、2018年の地震と予言していたのでは無く9月に起こる地震と予言していたのならそれなりに当たったのかな?とも言えそうですが、2018年と言ってこれじゃぁちょっと当たったとは言えそうにありませんね。

他の人でも北海道の地震を予言していたと言う人が出て来そうですが、それは恐らく海溝型の地震の事で今回の地震とは無関係だと考えます。




ただ、今回の地震が、その海溝型の地震と関係するのかどうかは分かりませんので、南海トラフ地震同様に警戒は必要なんだと思います。

今、少なくとも環太平洋火山帯では地殻変動が大きく起こっているようで、火山の活発化の情報も多く、地震が多いのも確か。

もし、自分が災害に合った時と言う事を考えて事前に準備しておかないといけませんね。

すぐに考える事は水と非常食、そして情報。

昔はラジオでと言う事でしたが、今は携帯電話でしょうか?

どちらもあるのが一番良いと思いますが、どちらの場合も電池が必要になりますので、その辺りも準備しておかないといけませんね。

特に今回は停電していると言う事なので、携帯電話も電池が切れてしまうと困ります。

その辺りの準備も必要ですね。

今回のように停電した時に頼りになりそうなのが車でしょうか?

電気自動車とかならそれなりに電気が使えるかも知れません。

普通のガソリン車でも、シガーライターから電気を取れば携帯の充電くらいは出来るでしょうね。

でも、こう言う時はガソリン等も不足していくので車を使った電気も無駄に使わないようにしなければなりません。

そうこうしているうちに救助が援助が来て復旧していくと思いますが、なかなか救助が来ないような地区の人はSNSを活用して、今の状況を伝えるようにしましょう。

さて、援助も行き渡ってくると今度は倒壊した建物の事を考えなければならないと言う人もいるでしょう。

国等の援助もあるかも知れませんが、それでは不足だと言う事もあるでしょう。

やはり、地震でも適応してもらえる火災保険に入っておく事が必要でしょう。

何度も言っていますが、日本は地震が多い、いつ被害に合うか分からない国なんです。

後から言う人がいます。

「まさか自分が、自分だけは大丈夫」

と。

まだ、そんな事を言っていられる余裕のある人は良いのかも知れませんが、何も考えていないとそんな余裕も無くなってしまいます。

そんな事になってしまわないように、これからの事を考えて準備をするようにしましょう。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。










ただ今戦争中の日本。まだ終わって無い戦争があるって?



今の地球温暖化は寒冷化の前触れ、太陽活動と火山


ただ今戦争中の日本。まだ終わって無い戦争があるって?




今年2018年の韓国での冬季オリンピック。

このオリンピックに北朝鮮が参加した事により、朝鮮半島の南北問題が解消されて行くのか?

そんな雰囲気。

まぁ、南北で統一と言う事までは難しいと思いますが、良い方向に向かっているようには思います。

でも、最近の朝鮮半島の報道も少なく落ち着いて来て、今も良い方向に進んでいるのかどうかは疑問ですがけどね。

この南北の問題は朝鮮半島だけの問題では無く、日本も含め、アメリカ、ロシア、中国等の関係もありなかなか難しい問題になってるんでしょうね。

と、こんな話をしていると、まだ南北で一応戦争中なんでしょ?

いつ終わるんだろうね?なんて話もちらほら聞こえて来そうだ。

戦争中と言っても何処かでドンパチやってる訳では無く、武装を見せつけ威嚇するような事がある程度。

たまに本当にミサイルを撃ったと言う話も出てくる事もあって、少し被害があると言う事もあるそうなんですが、交戦をするというレベルでは無いですね。

とまぁ、日本人は他人事のように言っていますが、一応戦争中と言うなら日本だってまだ戦争中なんですよ・・・と。

えっ?日本は1945年8月15日の終戦の日を最後に戦争はして無いよ?

そう言う人も多いでしょうし、私もそう思ってました。

ですが実はまだ戦争は終わって無かったのです。

戦争と言うのは基本、宣戦布告があって戦争が開始し、講和条約が締結されて戦争が終わると言うものだそう。

そんなルールの中で、日本に宣戦布告をした国、それがモンテネグロ

実は日本がロシアと戦争をした時にロシアから宣戦布告を受けて日露戦争が始まった。

その時のロシアとの同盟関係であったモンテネグロも日本に対して宣戦布告をしていたのだそうです。

そしてポーツマス条約で1905年、日本とロシア間で締結した日露戦争の講和条約。

さて、ここで問題、モンテネグロは?

そうなんです、宣戦布告はしたけども、講和条約は締結していない。

と、言う事は?戦争は終わっていない?

そう言う事になるようです。

そして今現在も・・・

まぁ、宣戦布告から講和条約までが戦争とするならと言う事ならばね。

ですが、実際はモンテネグロと日本は一度も交戦すらしていないし、でも一応日露戦争当時にはモンテネグロは満州までは派兵していたらしい。

そんな歴史はありますが、日本はモンテネグロが宣戦布告をしていた事を認識していなかった事もあり、日露戦争終結の講和条約には参加すらしていないようです。

その後、2006年6月3日のモンテネグロ独立宣言に、日本政府は、6月16日にその独立を承認したと言う。

そんな中、100年程続いた戦争の終結の話もあるのかと思いきや、そんな事は特に話されず。

日本政府はそもそも宣戦布告はされていないとの考えであるようです。

日本とモンテネグロは戦争中であるとも考えられるし、そもそも戦争をしていないとも考えられる状況だと言う事ですね。

その他にも日本と戦争中の国、それはイタリア。

イタリアからも宣戦布告を受けているとの事。

第二次世界大戦で日独伊の三国同盟。

ですが、戦況が悪くなり寝返ったイタリア、さらに日本とドイツに宣戦布告。

そんな事がありましたが、実はその時にイタリアは政権が2つに分裂していて、日本は片方の政権を国として認めているが、もう片方の政権は認めていないと言う状況。

その認めていない政権から宣戦布告を受けていたのだそう。

第二次世界大戦の終結時にイタリアとは講和条約を結んでいない為、今もまだイタリアと戦争中と言えると言う事になります。

ですが、モンテネグロと同様に宣戦布告を認めていないので戦争中と言えるかも知れないけども、そもそも戦争をしていないと言う事にもなりますね。




さらに言うと、ロシアとも第二次世界大戦の講和条約と言うのは結んでいません。

一応戦争中と言う事?

しかし1956年に日ソ共同宣言は出していて、この宣言で事実上戦争は終わってると言う事でもあるようです。

そして、その第二次世界大戦で言うと、コロンビア、インドネシア、ルクセンブルグとはサンフランシスコ講和条約で締結はしたものの、各国の議会で承認されていないそうで、まだ戦争中と言えば戦争中なんだとか。

と、言う訳で単に宣戦布告から講和条約までが戦争だと言うのならば、モンテネグロ、ロシア、イタリア、コロンビア、インドネシア、ルクセンブルグとはまだ戦争中と言う事になります。

ですが、そう単純な事でも無く国交が正常に行われていれば戦争はしていないと言うのが正しいのだと思います。

だって、イタリアと戦争中だよと言われても信じる人なんていないでしょ?

ヨーロッパで人気の旅行先だし、行けば美味しいものがいただけるイメージだしね。

そんな訳で、一応戦争中なんでしょ?って言うのは戦争じゃ無い事が多いのかな?って。

一応朝鮮半島も、国交が正常化してるとは言えないかも知れないけど、おおよそ戦争は終結していて、戦争を終わらせる話し合いをしてる最中と言うところでは無いでしょうか?

他にも実質的に戦争をしていなくても、一応戦争中なんだと言うところも多いそうですが、日本は戦争していないと思って、他のそう言う事を知って一応戦争中なんでしょ?なんて言うと

「日本もね。」

なんてブーメランが返ってくる可能性もあるのでご注意を。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




ポルターガイスト現象・・科学を発展させる為に調査を



今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感

夢はパラレルワールド、夢こそ現実では無いか?説


[怖い話]リアルに怖い?取ってはいけなかったお札の話・・・




もうそろそろリフォームしないとねー

って事で家族3人でリフォームの相談

今住んでる家もかなり古くなり、毎年のように直すところが出て来る。

その度に色々と考えて、その間の生活が制限されたりとかして。

そんな訳で、もう毎年のように修繕の事を考えるよりも、思い切って全体をリフォームしようと、そんな相談。

そして話もまとまり、そのリフォームをするのに、今回は家にいては生活し辛いと言う事で、短期で家を借りる事にした。

その家も一軒家の賃貸。

なんだか都合良く敷金や礼金も無しで家賃も安価な家が見つかった。

本当にタイミングが良い事でね。

でも、正直ちょっと怪しいんじゃないの?って思ったけど、契約した父はそんな事は無いと説明を受けたと言う。

早速、次の土日に簡単な引っ越しをする事になり。

その短期間に必要なものだけの簡単な引っ越しを済ませた。

数日後・・・

リビングの絵が気になった。

リビングと言っても、洋風と言うよりちょっと和風な感じ。

その部屋に入居前から飾られてた絵があったんです。

入居前から絵が飾られてるって不自然じゃない?

もしかして、この絵を外すと何かあるんじゃ無いか?

そう思ったんですよね。

で、気になる絵を外してみる。

外してみたけど、壁に何かあるかと言えば何も無い。

変なシミがある訳でも無いし、なんでも無い壁なんだよね。

でも、その絵の方を見るとお札が2枚。

「えっ?」

と思いつつそのお札を取っちゃったんだよね。

でも何か起こる訳でも無く・・・

そしてこの日はちょっと臨時収入があったので、今まで欲しかったゲームを買い。

さらに友達を呼んでファストフード店でプチ豪遊をしたんですよ。

もうすぐリフォームも済んでこれからの生活もより良くなるんじゃないかって。

良い雰囲気。




でも、その3日後くらいから家の様子が変わってきた。

なんだか空気が重い。

と言うのも、なんだか母の様子がおかしい。

今まではそんな事無かったのに、最近口うるさい。

そんな感じがするのだ。

やれ、「勉強は終わったのか?ゲームばかりして」とか

「そのゲームいつ買ったんだ?」

「そんなお金持ってたの?」

特にバイトとかしてなくて、少し前に新しいゲーム買ったばかりなのにまたすぐにゲームを買ったりしてたら少し不思議に思うかも知れないけど、そんなに怒る事は無いんじゃ無いかって思うんだけどね。

さらに私にだけでは無く、父にも帰りが遅いと。

「どこで飲んで来たの?リフォームのお金を工面するのに苦労したのに、そんな余裕何処にあるの?」

なんてそんな事を言ったりする。

今まで母がそんな口うるさい事を言う事は無かったので、何かがおかしい。

何かが取り憑いているんじゃないかって。

そう思うようになったんです。

その頃から家族の会話が減りギクシャクする事になった。

それで、ちょっと気が付いたんだよね。

あの絵の裏にあった2枚のお札。

あれが原因だったんじゃないかと。

で、その事を母に言ってもダメだと思い、父に相談。

父は「そんな事があったのか」

と言う事で、そのお札を元に戻す事にした。

私が持ってるお札は1枚しか無かったので、足りない分は父が用意する事になり。

今の状況を回復するなら、元の2枚にするよりも3枚に増やす方が良いだろうと父は判断して、合計3枚のお札を絵の裏に貼る事にした。

すると、その3日後には母の状態が元に戻りと言うか、前よりもなんか良くなったような、鼻歌を歌ったりなんかしたりして。

ボソッと

「神様はいるのかな~?」

とかなんだかウキウキしている状態になってるよう。

やはり絵の裏なんかにあるお札を取っちゃうなんて事するとダメなんだよね。

家庭が壊れちゃう原因にもなっちゃうかもね?

今回はお札によって母の状態が良くなったけど、取り返しのつかない事になるかも知れませんよ?

絵の裏にお札がある時は気を付けて下さい。

と、そんなお話でした。

その仮暮らしの家に何かがあったのか?

父は家を借りる時にそんな事は無いと言ってたし、問題は無いはずなんだけど不動産屋さんがウソをついていたのか?

それとも、今回の家族のように短期間だけ住んでいて、その前の住人に問題があったのか?

疑問は残る。

しかし・・・


実は、何も問題は無い家で、絵も普通のもの。

その絵は殺風景な壁よりもと言う事で備え付けられた物。

では何で・・・

今回のお話をお札「おふだ」

では無く「おさつ」

で読んでみてもらえると良く分かると思います。

おふだとおさつって漢字は同じで前後の文章や雰囲気で判断するしか無い。

今回は怖い話と言うタイトルで、絵の裏にお札とあればどう言うものなのかと考えるとって事ですね。

実際はおふだであろうと、おさつであろうと怖い事には変わりは無い事になりますが、皆さんはお札を「おふだ」として読んでいただいていたのか?「おさつ」と呼んでいただいたのか?

おふだだと不思議で怖い話、おさつだと単に怖い話ですね。

と言う訳でネタばらしでした。

こんな怖い話もどうでしょうか?

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感



夢はパラレルワールド、夢こそ現実では無いか?説

ポルターガイスト現象・・科学を発展させる為に調査を




ポルターガイストと言えば騒がしい霊と言われますね。

家の中で、物が勝手に動いたり音が聞こえたり。

静かで何も動かないはずの所でそんな事が起こったら不思議と言う事で霊の仕業だと言うのですが、それは本当に霊に仕業なんでしょうか?

ポルターガイストと言うと欧米ではよく知られている現象で、日本でも近年ではよく知られる現象となっています。

昔の日本ではポルターガイストや騒がしい霊と言う表現は無いけれで、妖怪と言う位置付けで存在していたのでは無いかと思います。

日本では昔から、不思議な事が起こると、それの一つ一つ名前を付けて妖怪としていたので、ひっくるめてポルターガイストと言うような表現が無かったのでしょうかね?

それとも、昔の日本ではそのような事が起こる事が少なかったのか?

昔の日本の文化は欧米よりも遅れていた。

今でこそ日本が最先端の技術と言うものが多くなっているが、昔はやはり欧米の方が進んでいた。

そう考えると、科学が進んだ国の方がポルターガイストが起こりやすかったと言う事は無いのでしょうか?

今回、タイトルにポルターガイストを調べると科学が発展するかもと言うように書いています。

何故そんな書き方をしているのかと言うと、ポルターガイストってどんな事が起きますか?

何か物が動いたり食器が割れたり壊れたり。

ポルターガイストって、物質がどうにかなる現象が多くないですか?

でも、これは本当に「霊」の仕業なのか?って思うんです。

この現象が霊の仕業なのかもしれないと言うレベルの話で終わるので大した調査は行われない。

よくて何処かのTV局が数日間映像を撮ったり、中には何かの数値を調べたりする程度。

ほとんど何もしてないのと変わらない。

結果、何故ポルターガイスト現象が起こったか分からないで終わる。

でも、よく考えて下さい。

ポルターガイスト現象ってどんな事がおこっているのかを。

物が誰も触って無いのに動いたり壊れたりするんでしょ?

これが建物の管理者のトリックや、TV局のトリックで無ければ凄い事だと思いませんか?

もし目の前にコーヒーカップを置いて、手を触れずに動かしてみて下さいと言っても簡単に動かせませんよね?

まぁ、足を使ったり口を使ったりして動かす人もいるかも知れませんが、そんな分かりきった事をする以外に動かすのは難しいはず。

それをこのポルターガイスト現象では起こっているんです。

だから霊が動かしているんでしょうと言われそうですが、例え霊が動かしているとしても、その動いた物体には何かのエネルギーが加わって動いているはず。

それが霊の力であっても。

そのエネルギーが霊のエネルギーだとしてもエネルギーは存在する事になるので、霊の証明が出来るかも知れない。

上記で少し書いてるように、欧米で有名なポルターガイスト、でも日本ではそれ程でも無い。

昔は欧米の方が文明が進んでいた。

そう考えると、昔の欧米では電気的技術が日本よりも進んでいて、その電気により物が動いたりしていたのではないかと言う事が考えられます。

電気的なもので、物を動かすと言えば例えば電磁波とかそう言うものですね。

時代が進み、日本でも電気的な事が使われるようになって、不思議な事が起こり始めていたようです。

例えば、一定の地域では電化製品がよく壊れるとかって言うのも有ります。

これは近くに高圧電流が流れていたからでは無いか?と言われていますし。

それこそ物が勝手に動くって言うのも、これは電気では無いですが、音、低周波によるものだろうと言われていたり。

実は、欧米でポルターガイストだと言われるものも、もしかするとそんな電気的なものや低周波によるものかも知れない。

でも、もし調査によって否定されれば、その物を動かす原因は別にあると言う事になる。

上記で書きましたように、目の前のコーヒーカップを体に触れずに動かしてくださいと言っても簡単に動かせない。

ですが、動かすと言う事は起こっているのです。

その原因が分かれば動かす事が出来るかも知れないんです。

その考えると、物を動かす第一段階はクリアされている、後はその原因を詳しく調査して再現するだけなんです。

もし、これが出来るとなると、もしかすると反重力の技術、UFO等で使われているような情報を手に入れる事が出来るのでは無いでしょうか?




昔、こんな科学者がいました。

その人はハチソン氏と言って、研究で不思議な事を度々起こしている。

物を浮かせたり、移動させたり。

それこそポルターガイスト現象のような事を。

でも、ハチソン氏自身が何故そのような現象が起こるのかよく分かっていないのだそう。

いろんな機器を稼働させて、その結果起こる現象でどの機器のどの作用によって起こった現象なのか?

それを研究していた。

その不思議な現象の事を「ハチソン効果」と言うそうですが、その情報はすでに国によって管理されていて今、一般的には情報が出ていない。

ですが、そんな現象がポルターガイスト現象として起こっているんでしょう?

だとすれば調査解明を何故しないのか?

私はそう思います。

そこに新技術のヒントがあるんですから。

それとも霊が怖いですか?

霊がいるとすれば、そしてその霊が悪意を持つものならね。

私はその確率の方が低いと思うんですけど、どうでしょうかね?

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




夢はパラレルワールド、夢こそ現実では無いか?説



今の地球温暖化は寒冷化の前触れ、太陽活動と火山

火星人はやっぱりタコだったのか?そんな可能性も?