童謡「通りゃんせ」って本当は怖いと言うけれど・・・




いつからか、本当は怖い童話とか、本当は怖い昔話とか、本当は怖い童謡とか、そんな話が増えて来ましたね。

昔は子供に聞かせて楽しませる為に語られたり歌われたりしたと言う認識しかありませんでしたけどね。

しかし、この童話や童謡などの出どころが分からなかったり古かったりする事により、調べて見ようとする人が現れて本当は・・・と言う話が分かってきたのでしょう。

昔はそんな調べると言う余裕のある人も少なかったのでしょうが、世の中が裕福になって来たのでそう言う人が現れてきたのだと思います。

今では逆に、そう言う事が収入に繋がると言う時代になって来ているのでしょうけどね。

例えば、調べた事を記事にして原稿料をもらったり映像にして収入を得たりと言う事が出来ますからね。

と、言う訳で、数ある童話や童謡の中で、今回は

童謡「通りゃんせ」をちょっと私なりに考えたいと思います。

以前、童謡「さっちゃん」のお話もしていますので、今回はそれに続いてと言う感じでしょうか。

童謡さっちゃんの正体は実は〇〇〇〇では無いか?と言う噂




ではまず、「通りゃんせ」の歌詞ですね。

通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細通じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ

この歌をそのままで考えると、

天神様のところへ向かう道に門番が居て、どうぞどうぞ通って下さいと案内をしているところに親子がやって来て天神様のところへ向かう道はこちらで合ってますか?と尋ねたら、合ってはいるが用の無い者は通さないと。

そこで、この子の7つのお祝いに御札を納めに参ります。

と、言ったところ、

では通りなさい、しかし、行きは御札があるので良いですが、納めた後は御札が無いので大変ですよ。

ささ、通りなさい、通りなさい。

と、こんな感じの事だと思います。




昔は小さな子は亡くなる事も多く、7歳を一区切りと言う考え方があったのでしょう。

今でも、病気の時に小児科と内科と分かれていて、小児科の方が治療が難しいからと医師不足だとかって話もありますよね。

今も昔も考え方は良く似ているのかも知れません。

ですので、昔は7歳まで無事に育てば神様の加護のお陰と、しかし、その後は自身の力で生きて行くしかない。

つまり、行きは御札があって天神様の加護があるが、帰りにはその加護が無い、大変ですよと言う歌なのでしょう。

と、何故この童謡が怖いのか?と調べるとこう言う話がいくつか出て来ます。

なるほど、そう言う意味なんですね。

調べて見るとそれはそれで納得は出来ます。




ですが、私はこの「通りゃんせ」と言う歌は本当は怖いんだよと言う事だけを聞いて、何でかな?って、調べる前に自分で歌詞だけを見て考えていたんです。

そして、何故怖いか考えました。

これはもしかして神隠しのような歌なのでは無いか?と思ったんです。

どう言う事かと言うと、結構単純に考えて行きは良い良い帰りは怖い。

行きは良くて帰りになると怖い。

それは、その道を通るのに用が無いと通れない。

行きは御札を納めるという用があるから通れる。

しかし、帰りにその道を通るのに用は無い。

通る事が出来ない。

つまりその道は一方通行だと言う事になります。

それは、そこに居た門番は異次元への案内人で、入り口は有るけど出口の無い世界へ引き込むような歌なのでは無いか?と考えました。

まぁ本当に単純ですが。




それともうひとつのパターンは、

天神様のところに行くと言うのは、子供が生きていれば7つになったので親子であの世に行くと言う事なのでは無いか?

もう、その道を通ると帰って来れない、もしくは帰って来るつもりが無いと言う事では無いのか?って考えたんです。

しかし、戻って来る、帰って来る方法もあります。

それは、また帰りの道を通る用を作ると言う事。

帰って何かをする目的、希望を見つけると言う事です。

そうした場合は、天神様のところに子供を埋葬して、しかし、前を向いて希望を見出だして帰って来ると言う事ですね。

行きは埋葬すると言う目的で良いですが、帰って来れますか?と言う歌では無いのかな?と考えました。

と、私が歌を聞いて想像した本当は怖い「通りゃんせ」でした。

まぁ、勝手に想像した事なので無理があるかも知れませんけどね。




でも、童話や童謡、昔話が本当は怖いものだったと言うのは実は多いようで、例えば何か事件があったとして、子供に生々しく本当の話をすると怖すぎるので、ちょっと話を変えてあり得ないような事だけど怖い事があるよと伝えてよく似た場面で回避が出来るようにする為に作ったのかも知れません。

夜に笛を吹くと鬼が来るとかヘビが出るとかって言うのも、夜遅くに周りに迷惑がかからないようにと言う事なんだろうけど、そういう事も結構多いんでしょうね。

妖怪とかの話もそう言う事なんだと思います。

昔話でも妖怪でも、今で言う教育や指導の為の色々と出来てきたのでしょうね。

皆さんはどう思いますか?

それでは今回はこの辺で。

ではまた。

超古代文明アトランティスは何処に?本当に沈んでしまったのか?




妖怪リモコン隠しはパラレルワールドのしわざ?

UMAチュパカブラ、ゾンビ、悪霊憑き等の元はこれじゃないか?




宇宙の果てはどうなっているのか?ブラックホールって?


財布が無くなって困った、無くなったお金、クレジットカードは?




少し前に、財布を無くして困った。

お金はいくら入ってたかな?

カードとかどうしたら良いかなってね。

とりあえず現金5000円程度は諦めるとして、クレジットカードは止めないといけない。

けど、外に出てる時に無くした事に気が付いて外で電話を掛けたり何かしらを確認しないといけないのは厳しい。

財布が無いと帰るにもお金が無くて困る。

でも、普段使うカードは財布入ってるが、あまり使わないカードは別のカード入れに入れてるから、それを使えば何とかなる。

そう思って家に帰る・・・ってところくらいから段々と意識が変わって来て明晰夢みたいになってきた。

そう、これは夢なんですよね。

夢オチ

夢の中の意識では、その時に財布に入ってた5000円程度は無くなったと考えてカードはすぐに連絡を入れれば損はしないので、現金をあまり持たないようにしていて良かったなぁって考えてた。

以前は財布の中に1万円以上入ってる事も多かったけど、最近は何か予定が無い限り財布に入っているお金は数千円程度。

予定があると言うお金も財布にあるのは一瞬の話。

夢の中での5000円も多いくらいで、普段は3000円以下くらいしか財布には入れていない。

財布にお金が無いと意外と食事で奢って貰えたりするのでお得感?

気が進まないお付き合いも断りやすかったりね。

そう言う事もあるし、財布にお金が少ないと無駄遣いは少なくなるし、後払いになるクレジットカードの利用は慎重になる。

結果、最近は浪費がかなり減った。

浪費で使うお金ほど現金払いが多いように思いますし。

例えばパチンコとか、宝くじとかね。

まぁ、最近は競馬等の公営ギャンブルならカードでも可能かも知れませんけどね。

でもこれは人それぞれの考え方なので、私はそうだと言う事なだけです。

この夢で見た内容は普段考えている事で、現金を持つのは不安でキャッシュレスは安全と自分はやはり心底思ってるんだなぁって改めて感じた。

財布を無くして、失ったのは現金の5000円だけ。

まぁ財布はまた買わないといけませんけどね。




この夢の続きで言うと財布は戻ってきて無くなったのは現金だけ。

現金まで戻ってくれば奇跡だよね。

けど、日本だと現金まで戻ってくる事も結構あって他の国からすれば不思議な国なんだそうですね。

そう言えば昨日郵便局のゆうゆう窓口に行った時に郵便局に入ってすぐに落とし物を拾った。

それはマイナンバー通知カードでした。

パッと見た時には保健証か何かかな?と思ったんで気になって拾ったんですけど、郵便局の中でなので探すなら郵便局に戻って来るかと思って窓口の人に

「これ、そこに落ちていたんですけどこちらで預けるか警察署に届けるかどちらが良いですか?」

って聞いたら郵便局員さんが

「こちらでお預かりします。」

と言う事で、良かったなと思った。

警察署や交番まで行くとなるとわざわざ出向かないといけないし、書類とか書かないといけないし面倒なんだよね。

落とし物を届けるって面倒なんだよね本当。

どっかの国では落とし物は郵便ポストに入れればいいなんて話も聞いた気がするけど、日本ではやはり面倒。

届けるだけでは無く書類に記入しないといけない。

近くにたまたまいたお巡りさんに預けて終わりと言う訳にもいかず、書類を書かなければなりません。

しかも警察署や交番に行って。

今回は郵便局で預かってもらえたから良かったけどね。

そりゃ大金でも拾えばお礼にいくらか貰えるって考えて書類くらい書きますけど、それこそ夢で落とした5000円とかなら書類書くの面倒だから届けるのも面倒だって思いますよ。

マイナンバー通知カードなんて届けるのも面倒でしかない。

以前も保険証を拾って面倒でしたし、携帯電話を届けた時も面倒だった。

携帯電話なんてちょっと大きめの交差点の横断歩道上に落ちてて、拾わないと壊れるよなーって思って拾って警察署にまで行った。

ゴミなら良いけどそうで無いなら拾うと面倒ですよね。

でも、落とした人はその面倒以上に困るんだろうなって思うしね。




落とし物の話がちょっと長くなったんですけど、この財布を落とした夢。

予知夢とかじゃなければいいけど、ちょっと気になる。

そう思って夢占い的なサイトで少し調べてみました。

どうやら占いで言うと財布に関しても夢は逆夢であることが多いんだとか、財布を無くしたとか財布のお金は無くなったとかって夢だと、近々お金が入ってる来るとか、幸運が舞い込んで来るとかなんてね。

逆夢である事が多いと言っても全て逆夢と言う訳でもない。

財布を拾った夢を見たから財布を無くすと言う事でも無い。

財布に関する夢はどちらかと言うと良い夢が多いようです。

財布を無くす夢を見ると、そうならないようにお金に関して引き締めようと考えるだろうし、財布にお金があるとか舞い込んできた夢を見たら前向きに行動して、結果良いことに繋がるかも知れません。

結局、何も考えずお金を財布を使うのはだめだよ、使う時は気を付けて慎重にと言う事なのかも知れませんね。

この夢でこれからどんな事が起こるか?

まぁ、いつも通りなんでしょうけど何か良いことでも起これば夢を思い出すかも知れませんね。



夢をみて悪い夢だと行動等に注意して、良い夢だと前向きに考えれば生活がプラスになっていくような気がしますね。

と、言う訳で今回は夢の中で財布を無くして困ったと言う話。

起きて覚えている程印象的な夢はこれから起こる未来とどう関係があるのか?

何か夢と現実の関係で思う事があればまたここでお話させていただきます。

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




超古代文明アトランティスは何処に?本当に沈んでしまったのか?



夢はパラレルワールド、夢こそ現実では無いか?説

昔の人達はテレパシーが使えた!今の人達にもそんな能力が!?


宇宙人がいるかいないか?来てるか来てないか?考える




最近考えている事なんですが、宇宙人はいるのかいないのか?

地球に来てるか来てないか?

皆さんもそんな事を考える事もあるんじゃ無いですか?

このページを開いている人なら、そう言う人も多いでしょう。

最近では宇宙人はいないと言う人は少数派で、これだけ広い宇宙になら他にも知性を持っている生物はいると考える人が多いでしょうね。

それはこの世界に地球が存在し、宇宙も存在していると言う事が前提の話なんだと思いますが、それも最近では否定する説があります。

例えば、この世界はバーチャルリアリティーの世界であるなんて話とかですね。

広い宇宙があるのでは無くバーチャルの世界でそうであるかのように感じさせられていると言う事。

その証明に光の速さは一定であり、この世界の処理速度は光の速度が限界でそのようなコンピューターの中の世界だなんて。

もしそうなら宇宙人は存在しなくなる。

その代わりにこの世界を作った何者かがいて、もし宇宙人と遭遇する事があればそれはその様に作られたと言う事になりますね。

そんな話も知ってる人は知っている話なんでしょうけどね。




そう言う話を聞いてもそんな事あるかって言われる事が多いけど、昔の人が天動説が当たり前で地動説なんてそんな事あるかって思っているのと同じで、そうでは無いと証明されるまでは可能性は0では無いと思います。

ただ、これも、霊がいない証明が出来ないのと同じで結局無いと言う証明は出来ない、難しいと思いますので、どちらの可能性もあるとは思っておいても良い気がします。

私も、どちらのパターンでも否定はせずあり得ると考えて想像して楽しんでいます。

こんな答えが出ない事を考えるのって楽しいですよね。

1+1=2なんて決まった事を考えるよりもね。

しかし、この1+1=2と言うのも、算数や数学の中での話でこの世の中には1+1=2が絶対に正解では無い事もあるので、その辺も柔軟に考えたいとも思います。

で、まぁ、宇宙人はいるのかいないのか?

そんな話だったと思いますが、今回はいると言う事で考えたいと思います。

宇宙人がいるのに何故まだ私達は出会えていないのか?

近代の公式な話では出会えていない、そう言う事ですが、世界中やそれこそ日本でも宇宙人に会った事があると言う人って沢山いますよね?

私はそのほとんどが虚言だとは思いますが、もしかすると中には本当に出会っている人もいると思いますし、私や皆さんも知らない間に出会っているか影響を受けているのではないかと考えます。

大国の政府なんかだと既にしっかりと出会っていて交渉をしていたり協定を結んでいたりするかも知れません。

そんな政府との約束で、今は一般の人には存在が分からないように行動しているのかも?




まだ宇宙人と出会えないのは何故か?と言う話で有名なのが

フェルミのパラドックス

フェルミのパラドックスでは宇宙人は来てるが政府等により公開されていないとかこの宇宙の中では地球人が唯一無二の知的生物であるとか遠すぎて来れないとかって説明されています。

最近私はその中の距離の問題が気になって仕方がない。

それは何故かと言うと、今の人類が地球外生命体を探しているが見つからないレベル。

その技術でもこれだけ科学が発達していて、人々が想像してきたものを開発してそれでもそのレベル。

もし、地球に宇宙人が来てるならば距離の問題は関係無いと思うんですよね。

そりゃ来てるんだったら関係無いでしょと単純に思うと思いますが、そんなに単純な話では無いと言う事を考えているんですよね。

もしも、地球人よりも技術が発達しているなら光の速さよりも速く移動出来る技術もあるだろうし時間移動も出来ているのでは無いかと思うんです。

逆に言うと、そんな事が出来ないと言うのであれば地球人が他の知的生命体と出会う事はいくら時代が進もうとも不可能であると言う事になる。

それは光の速さも時間の移動も出来ないからなんです。

そりゃ無人の宇宙船を飛ばして何万年、何億年も進めば見つかるかも知れませんがその頃まで人類が存在出来るでしょうか?

どの知的生命体もその壁は超えられないように思いますが、もしその壁を超える知的生命体がいれば既に地球とも何か関係があってもおかしくは無いのでは無いかと考えているんです。

その何万年、何億年の壁を超えるにはやはりそれだけの技術があるでしょう。

光よりも速く動けるとか、時空を超える事が出来るとか。

そんな事を考えているとこれから先に出会えると言うよりも既に地球には宇宙人が来ているとか交流があると言う方が自然じゃ無いですか?

だって時間も移動も制限無く出来るんだから、その状況で地球が見つからないとか地球に行けないとかは考えにくい。




もしも、知的生命体の最先端が地球人と言うのならこれから出会えると言う話も考えられますが、この広い宇宙でそうだと言う方がやはり不自然。

そう考えると、宇宙人が存在するのであれば既に地球に関係していて、地球が管理、コントロールされているのでは無いでしょうか?

なので、宇宙人は地球人の前に現れないだけなのだと。

それと、もし遠くの宇宙人が地球と交信すると言う事になれば、こちらが送った情報は瞬時に受け取られていると考えています。

もしかすると送る前に知っているかも知れません。

もし、その宇宙人が時間の移動をする技術があれば未来に行き情報を受信して過去に行って地球に向けて送信すれば地球上で電話でもするかのように会話が出来るはずだし、そんな技術を持っている宇宙人もいると思います。

それなのにそんな情報が全く出てこないとなると、やはり宇宙人に管理コントロールされているんだろうなと、そう思う訳です。

それか、宇宙人がいない又はそんな技術は無い、そんなに長い文明は無いと言う事なのでしょうかね?

そして、もしそんな技術があれば未来の地球人もそんな風に他の宇宙人と交流していて、地球の過去なんかもそれなりにコントロールしているのかも知れないですね。

結局今回言いたかった事は、自然に考えると既に宇宙人は地球に来ていて政府と交流があるとか、そんな事が無くても宇宙人に管理コントロールされているでしょうね。

そんな事をなんとなく考えています。

ちょっと記事を書いていて自分でも時々「?」が頭に浮かんでしまっていますが・・・

皆さんはどう思いますか?

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




超古代文明アトランティスは何処に?本当に沈んでしまったのか?



地球の不思議は宇宙から来たものによって発生?

2018年やりすぎ都市伝説・秋を見て思った事[前編]


超古代文明アトランティスは何処に?本当に沈んでしまったのか?




今回もまた、誰も言って無い?

検索とかしても同じような事を書いてる人もいない。

けど、可能性としてあり得そうな説を想像してみました。

今回考えてみたのは超古代文明のアトランティス文明。

アトランティスは紀元前9000年頃に栄えた文明だと言われていますね。

アトランティス文明は大西洋、そして太平洋で紀元前12000年頃に栄えたのがムー大陸と言う話があります。

そのアトランティス文明とムー大陸は一夜にして海の底に沈んだと言いますが、何処に沈んでしまったのでしょうか?

ムー大陸があったと言う太平洋では、太平洋に今も存在している島の不思議な遺跡はムー大陸で沈まなかった一部の陸地に残ったものじゃないかとか言われてますね。

代表的なのはモアイ像とかかな?

しかし、太平洋の海底に沈んだ大陸の形跡が見つからない事から、ムー大陸は無かったのでは無いかと言われる事も多いようです。

もしあったとしても、今、一般的に想像されているものでは無いように思います。

ムー大陸があったと言う説は厳しそうな気がしますが、アトランティス大陸、アトランティス文明があったと言うのは、可能性がありそうな話がいくつもあるようです。




よく言われるのは、アトランティス大陸は大西洋にあったと言う説。

他にも地中海にある説や、津波か何かが原因で陸地の一部が水没して滅んだと言う説。

一度水没して文明は滅んだが、水が引いた後の陸地に文明があった証拠が残っているかも知れないとも言われていますね。

そこで、ノアの方舟の話の様な洪水が起こったと言う想像も出来そうです。

アトランティス文明の滅亡とノアの方舟の話を結びつけて想像するのも面白いですが、時代的にどうなのかな?とも思いちょっと違うような気もしますね。

最近アトランティス文明の話をよく聞くので、色んなところで情報を探していると、もうそろそろどこかから有力な説が出て来そうな気はしますが、まだ分かっていない今のうちに好き放題想像で可能性を考える事にしました。

何か遺跡でも見つかれば、私の説は簡単に否定されそうですが、その前にちょっとお話したいと思います。

それは、アトランティス文明は今の人々よりもさらに発展させている文明で、海に沈んで滅びたのでは無くて、何かの理由で脱出したのではないか?と言う説。

つまりは、アトランティス文明の、その都市ごと移動したのでは無いかと考えました。

それは、アトランティスに住む人達に何か都合の悪い事が起こってなのか、それともより良い世界に移動したのか、元々地球外の文明で一時的に地球にいただけなのか?

基本的にはアトランティス文明は滅んだんだと言われていますが、本当に滅んでしまったのでしょうか?

そんなに進んだ文明なのになんで一夜で滅んだんだ?と疑問に思う人も多い気がします。

そりゃ一夜にして沈んだとすれば回避出来ないでしょうとも思いますが、完全に消えてしまうと言うのは逆に不思議。

でも、滅んだのでは無く移動したと考えればその点の不思議は感じなくなりませんか?

例えば、地下世界に移動したとか異次元に移動したとか、さらに言えば今人類が月や火星、その他地球に似ている衛星、距離の問題を解決出来れば太陽系外の星にも可能性を求めたように、アトランティス文明でも、地球外に居場所を求め旅立ったのかも知れません。

何故移動する事になったのかと言えば、単に地球の環境が悪くなったとか他の文明と争いになったとかね。

争う文明も地球文明だけとは限りませんしね。




そもそもアトランティス文明は地球外からやって来ていて今の人類を作る為にやって来ていたと言う事は無いでしょうか?

そして、今の人類をコントロールする為に存在していたのでは無いでしょうか?

その後、人類の文明が発達して来た事により接触を避ける為に移動したと言う事は考えられませんか?

アトランティス文明の都市と言うのは都市丸ごと宇宙船で、飛び立ったから一夜にして無くなったと思われたのでは無いでしょうか?

当時の人が都市が飛び立つと言う事は想像出来なくて沈んだと伝えられる事になったのではないでしょうか?

沈んだ都市を、当時の人や今まででも確認していないのならその可能性もあるような気がします。

では、その都市は何処に行ったのでしょう?

地球人と接触せずに監視コントロール出来る近い場所。

それは月では無いでしょうかね。

他の可能性は地下や異次元とも考えられますが、最近都市伝説では月が話題になってましたよね?

月には宇宙人がいる、地球人を監視しているなんて、そんな話もありますよね。

それが昔のアトランティス文明であったとすれば話が自然と繋がるような気がしました。

大きな宇宙船の話や映像もありましたよね。

巨大UFOマザーシップ。

大きさは100km位あるとかないとか。

そのマザーシップが地上にあり、一瞬で飛び立ったとしたらどうですか?

宇宙船なんて想像出来ない人類だと、都市が一瞬で無くなった、沈んだと考えてもおかしく無いと思うんです。

そんな訳で、私が今回想像した説とは、アトランティス文明はマザーシップと呼ばれるUFOの様な巨大宇宙船で、アトランティスから監視していた知的生命体が距離を置く為に月の裏に移動し、今はそこから人類を地球を監視していると言う説です。

こんな事考えてみましたがどーでしょー?

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




地球の不思議は宇宙から来たものによって発生?



2018年やりすぎ都市伝説・秋を見て思った事[前編]

太陽観測所閉鎖、誰も気付いていない?本当の理由。

みんなの生命保険アドバイザー

死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・


古代核戦争説について改めてちょっと考えてみた。




以前にも、この古代核戦争についてお話した事はあったかと思います。

古代核戦争説(こだいかくせんそうせつ)を簡単に説明すると、古代の文明で、今の技術やそれよりもレベルの高い技術が有り、失われた文明の一部には核戦争によって滅んだ文明もあるのではないか?と言う説。

この説でよく言われるのがインダス文明の古代都市モヘンジョダロの遺跡

そこには、黒いガラス質の石が、周囲約800メートル四方を覆い尽くしているという場所があって、これらの石片は、高熱で溶けた砂が再固化したものだと考えられています。

この付近では、ほかにも溶けてくっついたレンガや、ガラス化した壺の破片等の遺物も見つかっていて、これらの遺物やガラス化現象について、一般的な考古学者の見解では大規模な火災や火山噴火等の諸条件が偶然重なって起きたまれな現象であるという。

しかし、モヘンジョダロ遺跡のあるインダス川流域において、それほどの大規模の火山活動の痕跡はいっさい確認されていない。

このようなガラス化現象は自然界では見つかっておらず、確認出来る場所と言えば核実験場や、広島市にある広島平和記念資料館に残されている展示物等である。

と、自然界では見つかっていない特殊な物が見つかったと言う事から、古代の文明では核戦争があったと言う証拠があるのではと言われるようになっています。

ここまでの話を聞くと、本当にそんな事があったかも知れないなと思ってしまいそうですが、この話は一部の人達の話であって捏造されたものではないかとも言われています。

それは、話に聞くその場所が確認出来ないからだそうで、この場所は地元ではタブーとされた場所だと言う事で明らかにされない。

地元で取材をしても、そのような話は存在しないかのように話が出てこないのだそう。

でも、いくら探しても無いと言う証明が出来る訳では無いので、古代核戦争はあった可能性も0にはならないと言う事になりますね。

結局、古代核戦争はあったのか無かったのか、それはどちらか分からない話と言う事になりますね。

こう言う噂話が都市伝説となり、様々な議論が交わされ色んな説が生み出されて行きます。




さて、そんな訳でなんですが、私も色んな話、説を考えて来たりしていた訳で、以前には、古代核戦争では無く宇宙からやって来たガンマ線バーストの影響を受けたのではないか?とか、地下都市があると聞くとやっぱり核戦争があって避難するのに必要だったとか。

恐竜、超古代文明、宇宙線の影響で絶滅説、他の生物も?

そして、また新たに思ったのが、隕石の影響があったのではと言う説。

もし、隕石の衝突があれば街が消し飛んでクレーターが出来そうだし、近くに落ちたと言う事もなさそうだと言う事で、その可能性は無さげのようですが、このように考えればどうかと思いました。

それは隕石が落ちて来たんだけど、空中で爆発したとなればどうか?と言う事。

1908年、ロシアではツングースカの大爆発と言うのがあって空中で隕石が爆発したと言う話。

この時に凄まじい爆発で森林が焼け、数百km離れた遠くからでもキノコ雲や光が確認出来た程だったと言います。

ただ、近くに民家が無かったのは幸いでした。

ツングースカの大爆発では上空で爆発した事によりクレーターは出来ず、それが隕石だったかどうかも色々と説があるようです。

この時の爆発でも、色々な説が出る程ハッキリしないのなら、インダス文明でそんな事があっても隕石が上空で爆発したと言う説は出にくいのでは無いかと。

仮にモヘンジョダロ遺跡の核戦争があったと言う話が捏造では無いとすればそのような可能性もあるのでは無いかな?と思ったと言う訳です。

どのくらい上空で爆発したのか、どのくらいの大きさだったのか、その状況はハッキリとは分かりませんが、古代で核戦争があったと考えるよりも、隕石の落下等、自然に起こりうる事で考える方が可能性が高いとは思いましたね。

ただ、今の人類の文明が最初の文明だったらと考えればと言う事で、もし、その前にも今の様な文明があったりなんて事になると話は変わってくる。

昔、アトランティス大陸があったりムー大陸があって、そこにはレベルの高い文明があったかも知れませんよね。

そんな事になれば、核戦争があったとしてもおかしな話では無いかもです。

過去、地球の危機から回避した文明に習い、必要な核シェルター

昔の遺跡の謎もまだまだ多く、人類の進化、他の生物の進化、恐竜滅亡の謎もなかなか解明出来ない。

全く見つかっていない過去の人類や知的生命体がいたかもなんて今の人類に解明出来る訳でもなく。

色んな説から謎が解明されても、また新たに謎が生まれる。

タイムマシンでも作って実際に確認しないと、なかなか謎は減りませんね。

でもタイムマシンがあっても解明される謎は少ないかも知れません。

謎が想像を生んで技術が謎を解明する。

しかし、嘘から新たな謎が生まれる事もありますね。

結局いつまで経っても謎は無くならないのかな?

その方が楽しいかも知れないけど。

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




地球の不思議は宇宙から来たものによって発生?



2018年やりすぎ都市伝説・秋を見て思った事[前編]

太陽観測所閉鎖、誰も気付いていない?本当の理由。

堀江貴文のブログでは言えない話

死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・




今の地球温暖化は寒冷化の前触れ、太陽活動と火山


地球の不思議は宇宙から来たものによって発生?




地球にはまだ不思議が数多くあるかと思います。

例えばお化けや幽霊、他にも宇宙人やUMA等々。

まぁ、今回はそのような事を一つ一つお話すると言う事ではないが、大きなくくりとして地球で起こる不思議な事を一つの考え方と言う事で話をして行きたいと思いました。

この話の前に色々とネット上で調べましたが、調べるキーワードの関係からか、同じような考え方と言う話は見つかりませんでしたので、完全に私の妄想や想像になります。

その調べるキーワードとは「電波」「電磁波」「信号」等です。

このようなキーワードで調べても不思議系のお話って少ないですね。

地球の地磁気や太陽の地磁気とか、電磁波によって不思議な現象が起こると言うものはいくつかありましたが、そのような話では無いです。

ポールシフトとかの話は以前やりましたしね。

今、地球が危ない!!ポールシフトで起こる地球の変化

今回想像していて考えたのは、そのような目に見えない信号による技術が存在してもおかしくは無いのでは?って思ったんです。

もちろん、今は当たり前ですが携帯電話なんかだと電波によって通話が出来ますよね?

昔の人からすると考えられない不思議な事だと思うんです。

その昔の人達が不思議だと思っている事のいくつかは今の私達が知っている電波等の信号によるもの。

私達は今でこそ電波や電磁波を観測し、コントロール出来ますが、それは既にその存在を知っているから。

光の速さが一番速く、それを超えるものは存在しないと言っていますが、果たしてそうなんでしょうか?

それは、私達がまだ知らないだけで、他にそのような伝える手段も存在するのかも知れないと言う事です。

無い事を証明すると言う事は難しいんです。




光の速さで信号を伝えても、宇宙規模で考えると遅い。

私達が見ている夜空の星も多くは何光年、何万光年、何億光年と遠い所からやって来る光。

1光年遠くの星からやって来た光は1年前に発せられた光だし1万光年遠くの星からやってきた光は1万年前に発せられた光です。

そんな遠くからの信号を受信するだけでも難しい。

でも、それは私達が知っている信号だから難しいのであって、もしもそれよりも速く信号を伝える手段があったらどうですか?とも考えるんですよね。

で、その信号がなんやねん?と言われそうですが、例えば電波や電磁波での信号で考えてみるとすると、今の人間でもその信号を使って物を動かしたり出来ますよね?

昔の人からすると、恐ろしく不思議な物でしょう。

その信号でロボットを動かす事も出来るし、離れた場所に映像を映し出す事も出来そうですね。

もし、数百年前にその技術で空にマリア様を映し出し、予言でも伝えようとすれば信じる者は多くいるかも知れませんし、逆に一般の人がそのような技術を使えば、

「魔女だ!」

と、捕らえられてしまうかも知れません。

でも、今の技術を昔に行って使おうとするならば、マリア様等の神のような存在として使おうとするのでは無いですか?

地球をコントロールする者達も、受け入れられやすいように考えると言う事もあるでしょうね。

ちょっと話がズレそうになって来たので戻しますが、そのような信号を知っていれば便利な物と考えるが知らなければ不思議な物と考えると言う事です。

電波や電磁波をコントロールする者が月や火星辺りにもしも昔から存在していたとすれば、今、地球で不思議だと思っている事のいくつかが、その者達のコントロールによって成された事なのかも知れないな?って思ったんですよね。

例えばピラミッドは宇宙人が作ったんじゃないか?なんて思われたりする事もありますが、宇宙人が接触していたと言う痕跡は証明されていない。

これがもしかすると宇宙からの信号によって作られたんじゃ無いか?と言うことです。

信号によって技術を伝えられて作られたとか、直接信号によって石を浮かせて運ばせたとかって考えました。

月や火星からのように近い所からだと、電波や電磁波等でコントロール出来たかも知れないな、と思いますね。

ピラミッドだけではありません。

例えば、人間はどこからやって来たのか?ってのもそうです。

ダーウィンの進化論って言うのは有名で、日本人なら信じている人も多いでしょう。

ですが、他の国の多くはダーウィンの進化論は信じられていないそうです。

それは、その進化論が正しいとすれば神の存在が否定される事にもなるからです。

人間は神が作ったと言う宗教を信じている人の多くはダーウィンの進化論は信じられてはいないのです。

ダーウィンの進化論は、多くの説の中の一つで猿から人への間の存在が見つからず証明はされていません。

やはり神が作ったのでしょうか?

ではどうやって人を作ったのでしょうか?

今、宇宙人にさらわれたと言う話を聞きますが、わざわざさらって人間を作ったのでしょうかね?

今回私が考えたのが、そのようにさらってと言うのでは無くて、信号を地球に送ったりしていたのではないか?と言う事なんです。

例えば、進化させたい動物にドラえもんの道具のような進化させるライトをあてて進化させるように、信号によって進化させたと言う事は無いでしょうか?

もちろん自然なスピードでの進化もあるでしょう。

環境に適応する進化とかですよね。

その他にも進化をさせたと言う事もありそうな気がします。

ポケモンで言うレベルによる進化と、石等のアイテムによる進化があると言う感じですね。

地球では、爆発的に進化が進んだ時期と言うのもあって、そう言う時は進化を促進させるような信号が地球に送られて来ていたのかも知れないなぁと考えました。

その信号がどのような物なのかはわかりません。

光程度の速度のものなのか、それ以外の人類が知らない信号なのか?

よく、宇宙からやって来た何者かがどうしたこうしたと言う話をする事が多いですが、わざわざ地球までやって来なくても、レベルの高い技術があれば、遠くからでもコントロール出来るんじゃないかなと考えたと言う訳です。

こんな思いつきでも、全く可能性が無いと言う事でも無い気がして今回のお話としてさせていただきました。

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




今の地球温暖化は寒冷化の前触れ、太陽活動と火山



昆虫は地球外生命体が送って来た偵察機なのでは?説

昔の人達はテレパシーが使えた!今の人達にもそんな能力が!?


2018年やりすぎ都市伝説・秋を見て思った事[後編]




さて、今回はやりすぎ都市伝説・秋のミスター関の話を振り替えって考えたいと思います。

そのテーマは月、そして第7感

ケネディ大統領の時代、アメリカ政府は宇宙人の存在を知っていた。

その秘密を公表しようとしたからケネディは暗殺されたのではないかとも言われる。

もし、宇宙人の話が公表されると神の存在が変わってしまう、そうなると宗教的な事から考え方も大きく変わってしまう事になる。

そんな事になれば困る人も多くいるし、大きな力によって公表する事にならなかったのではないか?と言う事。

そして、アポロ計画はお金が掛かると言う事で17号で計画は終わったと言いますが、実際は20号まで作られて月へ行ってるのだとか。

18号はソ連と協同で飛ばしたと言う話だが、19号、20号の話は無い。

お金が無いと言って計画が終わったと言っても、終わった時にはすでに20号まで作られる段取りは終わっていてお金も支払済みだったなんて話も聞く。

では、その公には飛んだと発表されていない19号20号は秘密裏に何しに月へ行ったのか?

それは、東洋のモナリザと噂になっている月のミイラの調査の為ではないかとも言われる。

月の裏側で見つかったミイラの調査に行ったと言う話。

そのミイラの正体は何者かと言うと、人間と宇宙人とのハイブリッド、ヒューメイリアンだそうです。

そんな話が本当かどうかわからんが、宇宙人はいるような気はします。

月にも地球にも、火星、そして二ビルにもね。

今回はその中の月の話で、実は月には6種類の宇宙人がいると言う話も出てましたね。

宇宙人が地球にやってこない、それは知的生命体がいる星は相当遠く地球と関係を持つような星が無いから。

例え地球より優れた文明を持つ宇宙人がいたとしても距離の問題があって交流を持つ事は難しい。

もし、遠く離れた知的生命体に地球の存在を知られて、その距離を問題としないレベルの技術があれば、地球の支配なんてあっという間にされてしまうと思います。

しかし、そのレベルの知的生命体が月にもあって、既に地球を管理しているとすればどうなのか?

宇宙人が地球をコントロールしていて、他の力から守っているとすればどうか?

それが、神の存在であり、今、大国の政府と関係を持って地球を管理しているのでは無いでしょうか?

そう言えばおかしな気がします。

今、火星の探索機が探索して次々と火星の謎が解かれているのに、近い位置にある月の探索がそれほど進んでいないと思いませんか?

火星よりもちかく小さな月。

もっともっと詳しく情報があっても良い気がします。

何か、詳しく調べられない理由がありそうですよね。

それでも少しずつ明らかになる情報で、ミイラがあるとか、建造物があるとかそう言う話が次々と出て来ます。

一つの書類とかを隠すレベルの話では無く、大きな建造物なんかを隠す事なので、それは難しい。

隠せるのにも限界があるのでしょうね。




でも、わざと少しずつ情報を出しているのか?

そんな感じもします。

人々が考えて、その可能性もあるのかなと考えるようになって、それから次の情報を出す。

なんかそんな感じ。

人間が神のレベルに少しずつ近づき、そのうち神と同レベルになるのか?

その頃には、管理しているもの達は更に先へ行くのか?

神レベルに近付く、それが今回に出でて来た第7感。

上の次元の者との交信。

番組の中では宇宙人との交信と言っているが、それは上の次元の者との交信だと私は思います。

月にたくさんの宇宙人がいると言うが、それは全て今の人間が確認出来るものではなく、その一部があって、多くは違う次元の存在なんではないかなと私は考えます。

なので、月の環境でも知的生命体が存在するのだろうと思います。

それは月だけでは無く地球でも存在するだろうねと言う事。

地球の中の別次元の存在。

それが時々地球上で現れる不思議な現象の原因である事もあるだろう。

時々言われる地球空洞説。

それも宇宙人や宇宙人の技術が関係しているのかも知れませんね。

そして今回出演していたダリル=アンカ

この人は「バシャール」と言う地球外知的生命体と交信出来ると言う。

そしてダリル=アンカがしていた、地球外知的生命体と交信する事をチャネリングと言うんですが、

このチャネリングの映像が凄かった。

もしかすると演技かも知れませんが、初めて見る人は特に何か違うと感じるのではないでしょうか?

映像だけ見ていても、何か異質なもの感じたと言う人は私だけでは無いでしょう。

そしてこのチャネリングの通信相手、その生命体はエササニと言う惑星、今の地球よりも少し未来の星だと言う。

その未来のエササニと言うのはどんなところか?

もしかすると、エササニは未来の地球では無いか?

それとも地球と少し違った世界、パラレルワールドの地球かも知れません。

気になったのは、この話が本当と言うなら「少し未来の」と言うところ。

違う次元で言う少し未来のと言うのがどう言う意味の未来なのか?

時間の感覚が違うと、何千年、何万年先でも彼から言うと少し未来なのかも知れません。

地球外知的生命体が、地球の感覚でしっかりと表現出来ているのか、私達の感覚で話をしているのかは謎ですね。

そんな訳で今、地球人は地球外知的生命体と交信をする時代に突入してきたんだという事。

地球の技術が発展して、謎に追い付けば少しずつ謎の方からも人間の脅威にならないように公開されていくと言う事でしょうかね。

今回もこのやりすぎ都市伝説では色々と考えさせられました。

色々と考えながら次のやりすぎ都市伝説も楽しみにしています。

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




未来人の話、現代人の予言をどう考えるのか?そして・・・。その1



太陽観測所閉鎖、誰も気付いていない?本当の理由。

死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・


2018年やりすぎ都市伝説・秋を見て思った事[前編]




最近都市伝説系のネタをよく見る。

ネット記事、掲示板、YouTube等。

今はテレビを見るよりも、その辺りを見ている方が情報が多い。

それでも、お金を掛けて取材して映像を撮って放送をしてる番組だと知らない事が多く面白い。

けど、今回のやりすぎ都市伝説は何?

ほとんど「○○な話」ってやつのレベルで、都市伝説としては面白いところが少なかった。

まぁ、あばれる都市伝説やクッキーのロケが無かったのは良かったんですけどね。

それでもネタが「何それ?どうでも良いわ」って事が多かった。

やりすぎ都市伝説も落ちて来たなと感じた。

今回はほぼ関暁夫のコーナーのみが興味のある内容でしたね。

回を重ねる毎にそんな感じがします。

これは人それぞれの考え方、知識の量で感じ方が変わるかもしれませんけどね。

以前のようにオリラジのあっちゃんが都市伝説を語り、「へぇ~」と思ったとこをさらに伊集院がうんちくを上乗せする。

そんな感じの都市伝説が良かったんですけどね。

最近はどのような都合なのか?本当の都市伝説と言う話が少なく感じます。

視聴率が上がってるからなのか?スポンサーの加減なのか?

他の局に無いテレ東ならではの、そこまで言って良いの?と言う危ういとこの話しが少なくなっているのかも知れません。

最近見なくなったテラーは恐らく大人の都合と言うやつで出て来なくなったんだろうなぁって思ってます。

それでは今回の話で気になった事を少しずつお話しようかと思います。

ケンコバの前フリ「もう死なないで準一くん」の看板のネタ。

これって島田秀平のネタだよね?

以前島田秀平が都市伝説として話していた内容。

以前話してたのがやりすぎだったかどうか忘れたが、自分がしていた話をケンコバの横で聞いていた島田秀平はどう思ってたんだろうね?

この看板の話を以前島田秀平が話していた内容だと、峠道で設置されていた「もう死なないで準一くん」の看板のある所、以前看板が無かった時に事故で準一くんが亡くなって、それ以後事故がよく起きるようになる。

しかも、事故で亡くなる人は何故か「ジュンイチ」と言う名前だと言う。

そこで今回の話「もう死なないで準一くん」と言う看板を立てたところ事故が無くなったと言う話。

その話をケンコバが前フリで使ったと言う事ですね。

やりすぎ都市伝説の好きな人なら同じように「あれっ?」って思ってた人多かったんじゃないかな?

デジャブか?なんて思ってたりしてね。




他の話ではマイクロプラスチックと細菌の進化の話。

知っていたような話だが、気が付かなかった内容も加えられてて興味がある話だったかな。

細菌が抗生物質に耐性を持つようになると言う事は知ってましたが、自然界にそんなに抗生物質が垂れ流されていたとは考えてませんでしたね。

よく聞くのは中途半端に抗生物質を飲むと、体内の細菌が耐性を持つようになり治らなくなるって言う事ですね。

その中でもよく聞くのは結核の薬です。

結核を発症すると自宅で治さずに入院して治す。

これは単に周りに菌をばらまかないように、と言うだけでなく薬を確実に飲むように管理する為。

薬を飲み忘れると、菌が薬に耐性を持つようになり治らなくなる。

もし、耐性を持つ菌がばらまかれると大変な事になりますからね。

そんな話は聞いた事があります。

そして今回、元号の話もありました。

事前に元号の情報が漏れると変更されるのかも?的な話。

その話を聞いてスタジオで次の元号を知ってるとか、予想はこれだとか言ってるけど、それって「安始」なんじゃないかって思った。

スタジオで言われていた予想される元号の話をする度に声を消される。

ネット上で一番噂される新元号ですからね。

でも、言われ過ぎているのでそれは無いと私は思います。

さて、スタジオで言われていた元号はなんだったのでしょうかね?

今回最後にお話したいのは天気の話です。

あの有名な「あまたつ~」って言う天気予報士さんね。

呼びたくなりますよね、なんとなく。

でも初対面でいきなり言っちゃダメですよ、流石に。

単純に呼び捨てで失礼ですからね。

芸能人を呼び捨てにするという事もあるでしょうが、時と場合を考えてと言うところでしょうか。

この話で、2100年には日本の夏の気温が45度くらいになると言う話。

ですが、同じやりすぎ都市伝説でミスター関は2030年までに氷河期が来ると言う。

あれっ?同じ番組で対立した話をするの?って感じ。

まぁ、テレビの役割として対立する意見がある場合は双方の考え方を視聴者に伝えると言う事でダメでは無いとは思うけどねぇ。

でも私は氷河期が来る事の確率が高いようには思います。

それでももし、気温が高くなれば人間は夜行性になるなんて言っていたけど、それは無理があると言うか冬はまた昼夜逆転させるの?って考えるとそれは無いなと思いましたね。

恐らく、2100年にもなれば科学が進んでそんな気温でもそれほど問題では無いような気もします。

気象や気温を操ったりね。

阪神と気温の話は・・・どうだろうね。

と、今回はこれくらいにしておこうかな?

他の話はもう良いかな、興味が無いと言うかねぇ。

好きな話、興味のある話は人それぞれでしょうけどね。

後編ではミスター関のしていた話を考えて行きたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




未来人の話、現代人の予言をどう考えるのか?そして・・・。その1



太陽観測所閉鎖、誰も気付いていない?本当の理由。

死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・


未来人の話、現代人の予言をどう考えるのか?そして・・・。その2




今回も予言はどうだと信じるかと言う話。

前回の続きですかね。

未来人とか、現代人が自分で知ってて、感じて話す事では無く、神様のお言葉とかそう言う皆が信じたくなるような予言を預かって伝える預言。

そう言う話の方が信じたくなりますよね。

その代表的なものと考えるのがファティマの預言。

以前このファティマの預言の話もした事がありますが、予言と言うのは自信が感じて言う事ですが、預言と言うのは神様等の人間を超えた存在の者から預かった事を受け取り伝えると言う事。

まぁ、一応その辺の人が言っている予言を伝えても預言にはなるかも知れませんけどね。

でも、ファティマの預言はレベルが違う。

あのローマ法王が公式に認めているような預言。

第1の預言は第一次世界大戦の終結。

第2の預言は第二次世界大戦の勃発。

そして謎の第3の預言。

ローマ法王はそれを聞いて発表する事も無く封印していると言う。

第1、第2の預言が当たって第3の預言はあまりにもショッキングな内容だからと言うが。

発表されないと分からない。

一般的に予測されるのが第三次世界大戦の勃発ではないかと言われていますが、それならば発表してそうならないように考えると言う事も出来そうなんで、私は違うと思っています。

私は恐らく、今の世界とは違う者に世界が統治されるとかそう言うものではないかと考えるんですよね。

例えば宇宙人、異次元人、AI等の機械での統治。

何故かと言うと、ファティマの予言を聞いたルシア自身が、第3の予言は喜ばしい事でもあると言うのです。

第三次世界大戦がそのように考えられる事では無いだろうし、人は何者かに統治され安心な生活が約束されれば喜ばしい事でもあると思うんですよね。

日本のような平和ボケしている国では分からないでしょうけど、その他の国ではそれだけで喜ばしいと考える者も多いでしょう。




そして、ルシア自身は予言を明確には発表しなかったが、このような事は話していたらしい。

「第三の予言はとても恐ろしいものです。

闇の勢力が戦争を起こし世界は恐怖に包まれます。

人びとをおびやかすウイルスも彼らのしわざです。

たくさんの人が亡くなりますが、人間と宇宙の力で悪は滅びます。」

この先、その闇の力によって人類の危機が訪れる、それは今多く起こっている災害の事かも知れないし、ウィルス感染によってパンデミックが起こる事もあるかも知れない。

その闇の力は、何処かの人間による組織によるもので宇宙の何かしらの力を借りて。

しかし、その闇の力は他の人間と宇宙の力によって救われる。

その後は今よりももっと人々が幸せだと感じる世界になるのではないかと思います。

しかし、問題なのはその途中に訪れる恐怖。

これがローマ法王をも悩ませる事なんでしょうね。

このファティマの予言に関しては人間では無い者の予言と言う事で次元の違う話になると思います。

しかし、未来人の話も、現代での予言の話でもこの先悪い事が起こると言うのならば、その事も考えて生活した方が良いと思うし、知らない人にはそんな話もあるよと伝えてあげた方が良いと私は思います。

災害なんかでは備えしてるのとしてないとではやはり差が出来るし命にも関わります。

いたずらに人を怖がらさせて楽しい?とかって言う人もいるみたいですが、考えなければ安全と言う事では無いし、そんな事を言ってもしもの事を考えない伝えない人こそただの現実逃避で自分の為、周りに人の為にならないと言う事を考えて欲しい。

そう言う人が今が良ければ、そして他人がどうなっても良いと言う悪なのかもしれないと思うんですよね。

この辺りは人それぞれの考え方だと思いますが、万が一を考えて保険をかけるように、情報があれば万が一を考えて備えをして欲しいと私は思います。

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




太陽観測所閉鎖、誰も気付いていない?本当の理由。



死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・

ただ今戦争中の日本。まだ終わって無い戦争があるって?

堀江貴文のブログでは言えない話

ポルターガイスト現象・・科学を発展させる為に調査を



夢はパラレルワールド、夢こそ現実では無いか?説


未来人の話、現代人の予言をどう考えるのか?そして・・・。その1




未来人の話と、現代の予言者の話。どちらの話がより当たるか?

まぁ、そんな事を言うけど結局どちらも当たらんよと言う事で落ち着きそうですけどね。

最近色々とその手の話を考えてると、そもそも未来人ってほぼ偽物だとしか思えないので、それを考えるとまだ現代の予言者の方が信用と言うか参考に出来るのでは?と考えるようになってきた。

それは何故かと言うと、同じ話でも公の場に現れて言う人の話とそうで無い人の話とどっちを信用するか?と考えると現れて話をする人の話の方が信用出来るでしょ?と言う普通の考えからと言う事。

それで未来人がよく言う事で、姿を現して予言をすると歴史が変わるからと言う事をよく聞く。

もし、歴史が変わると言うならそもそも未来人が過去に行くだけで歴史が変わるのでそれは理由にならない。

未来人が言う歴史が変わるから姿を現せないと言うのは理由にならないのにそれで姿を現せないと言うのはおかしい。

そして、その前に今や数十年先の人間のレベルで過去に行ったり未来に行ったりする技術があるとは思えないんですよね。

今言われるのが、未来には行けるけど過去に行くのは理論的に難しいと言うが、その未来に行くと言う考え方も何か違う気がしてならない。

光の速さに近付く速さで移動出来れば速く動けば動く程未来に行けると言うが、それは時間の進み方が遅くなるだけで未来に行けると言う事では無い気がするんですよね。

考え方としたら100km先に移動する場合、時速50kmで進む人は2時間で到着、時速100kmで進む人は1時間で到着。

時速50kmで進む人から見れば時速100kmで進む人は速いと思うけど、それってワープした事になるの?って思うのよね。

考え方違うかな?




例えば、地球上で光の速さで移動するとして、いつ地球上から消えるタイミングがあるの?同じ空間にいる以上別に未来に行ったと言う事では無く時間の進み方が違うだけじゃ無いの?って思うのよね。

ドラえもんのタイムマシンみたいに違う空間を移動して地球上に再び戻ってきたと言うならタイムトラベルが出来たと言えるとは思うんだけどね。

そうなって来ると今度は場所の問題が出てきます。

違う空間に行って時間を移動し、再び元の空間に戻る事が出来るとする。

その場合、その時間移動して戻ってきた空間って地球上なんでしょうか?

地球は1日で1回転します。

半日未来に行くと地球の裏側に出ると言う事になる。

さらに言うと地球は太陽の周りを回っています。

半日未来にはそこに地球はありません。

まださらに言うと太陽は銀河系の中で動いています。

その銀河系も動いている。

半日移動すれば全く違う位置にいる事になります。

そのほとんどが宇宙空間。

そう言う問題もあるので、時間を移動する技術だけではなく空間を移動する技術も必要になるはずなんですよね。

もし、同じ場所に出る事が出来るならば移動した空間もこの世界の引力やらなんやらから影響を受けて同じ地球上に留まれていると言う事になりますね。

でも、違う世界移動しているのに影響を受けると言うのもおかしい気がします。

そんな風に考えていると、今の理論での延長線上で考えてもこの先そう簡単にタイムトラベルが出来るようになるとは思えないですね。

出来るとすればタイムトラベルして到着する場所もコントロール出来るようになってないと逝けない和氣で。

なので、たかだか数十年後の未来から来ましたと言うのは嘘臭くて仕方がないんですよ。

未来人の話に戻してみると、時々予言が当たったと言う話題もあるが、たくさんある予測の中で当たったものがあると言うだけじゃ無いのかな?と思いますね。

顔を出さなければ、ネット上なんかで一人の人がいくつもキャラクターを作りその中で的中したキャラクターがいればそのキャラクターを育てて未来人と思わせる事が出来る。

人がキャラクターを作ると言う事もあるでしょうが、中にはAIが作り出したキャラクターもあるらしい。

今までの歴史からAIが予測すれば精度の高い予言も出て来るでしょう。

でもこれって予言では無く予測なんですよね。

そして、もし顔出しで現れた未来人が出てきたとしても、未来人がよく言う歴史が変わると言う事を考えれば予言は当たらないと言う事になる。

まぁ、天変地異的なものは当たりそうな気がしますけどね。

でも、人工地震があるとすればやっぱりその辺りも当たらないと言う事になるのかな?




しかし、現代人の予言者は違う。

予言にしても予測にしても、顔出しで発表すればハズレる予言も目立つ。

有名な予言者の予言は9割程的中しているなんて言われる事もありますが、よく調べると的中率は1割程だったなんて事もあります。

でも、1割当たると言うなら参考にしてみても良い気がしますよね。

万が一に保険をかけますがそれに比べれば断然確率が高い。

万が一にお金を出すのに10分の1には嘘だと言って否定をするだけっておかしくないか?って思いませんか?

まぁ、予言者と言う人はたくさんいるので全てを信じると大変な事になりますので参考程度で良いとは思いますけどね。

そして、私が思うには人には予知をする力があると思ってるんです。

それもほとんどの人にわずかでもね。

例えば夜寝ていて目が覚めた後に地震が起きたとかって話聞きません?

そう言うのも予知だし、実験された事で言うと、未来に見る絵に人は先に反応すると言う話がある。

たくさんの絵を順に見せていき、色んな絵の中にショッキングな絵が時々出てくると言う実験。

ショッキングな絵を見る時に脳が反応しその時に出る波形があるらしい。

最初はショッキングな絵を見た時に波形が出るが、回数を重ねると絵を見る前にその波形が出るようになると言う。

それは脳が予知をしていると言う事では無いでしょうか?

多くの人がそのような予言をわずかでも出来ると言うなら、少しの限られた人がより多く詳しい予言をしてもおかしくは無い気がします。

そのように考えていくと、ネット上なんかで出現している、どこの誰ともわからない人の予言よりも、現代人、又は歴史上の予言者の予言を参考にした方が良い気がします。

しかし、ノストラダムスの予言ように解釈で変わるような予言は参考に出来ない気がしますけどね。

今回考えるのは現代の予言者の話の方が参考になると言う事ですが、それよりもさらに参考にしたいのが予言では無くて預言。

長くなりそうなので続きはまた次回。

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




太陽観測所閉鎖、誰も気付いていない?本当の理由。



死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・