米国が隠しているUFO、宇宙人研究って本当か?




米国、UFOとくれば、ロズウェル事件なんかが出て来るのでは無いか?と思います。

米国は、あの有名なエリア51で何かを隠してると。

さて、本当にそうでしょうか?

最近思うのは、もし、本当にUFOが墜落して宇宙人がいて、その宇宙人の技術があるのならば、もう既に地球製UFOは飛び回ってるんでは無いか?って思うんですね。

例えば、米国が関わる軍事的な行動に利用されるとか。

そんな事があっても良いのでは無いか?なんて思うんです。

そして、その技術を使って宇宙開発ももっと進んでいてもおかしくは無いのでは?って思うんですよ。

しかし、米国の宇宙技術と言っても他国とそう変わらない。

下手すると、日本やロシアの技術の方が上の部分もあるかも知れません。

宇宙人の技術があるとするならば、ちょっとおかしいくは無いですが?

ただ、米国はその技術も隠していて、隠しきっていると言うなら話は別です。

例えば、火星にテレポートする技術があるとか、タイムマシンの技術があるとか。

でも、公表すると、世界がメチャメチャになるから公表しないのかも知れません。

しかし、それでもおかしいかと。

今、特に米国が経済的に良いとか、軍事的に格段能力が高いとか、そう言う事も無いですよね。

もちろん軍事力についてはトップなのかも知れませんけど、人の想像の範囲内。

米国はUFOや宇宙人については何も公表しないのでは無く、本当に何もUFO等の情報が無いのかも知れません。

ロズウェル事件についても、もしかしたら気球の実験と言うのが本当のところなのかも知れないと言う事です。

例えば、気球か、飛行船かそんな物の実験をしていて、それが本当に墜落したのかも?

そして、捕獲された宇宙人も、無人飛行だけど、重量調整の為に人形でも乗せていたのかも知れない。

人形では無く、クローン人間等、人工的に造られたものかも知れない。

そう言う技術があっても、実際に造ると倫理的に批判されるもので公表出来ないのかも?

と、色々と、UFOでは無いと言う可能性も高い。

なので、公表する事が無い、公表出来ないのかも知れません。

他の事で考えると、例えば証言があったと言っても、未確認飛行物体だと言う前提で様々な物体、特に自分の知らない物体を見ると、不思議な物に見えても不思議では無い。

そして、その噂と、想像の話が膨らんで、大きな騒動になったのかも?

さらに言うと、今の都市伝説の様に、誰かがワザと噂を作り出したものかも知れないんです。

悪気が無くて冗談で言った事でも、本当だと思った人が話を広げていく。

エイプリルフールの嘘が本当かのように広がるようにね。

人の話なんてそんなものだと思います。




その噂の出どころでよくあるのが、例えばエリア51で勤めていたとかNASAで勤めていたとか言う人の証言だったり。

さて、そんな場所に勤めていて退職後にどうしますか?

結構な給料をもらってたでしょうにね。

そんな人が、退職後に思いつくのが、そんなネタを作って発表する事により稼ぐと言う方法です。

これで、結構簡単に稼げますよね?

そんな人もいるかも知れませんよ?

さらに言うと、全くそのような組織で勤めていた経験が無い人がそのように語って稼ぐ。

そんな事も可能ではないのか?って思います。

だって、調べないでしょ?本当にそんな組織の人間だったかなんて。

よく、組織にバレるとマズイので名前を伏せていますとか、偽名ですとかって。

こうする事によって、その人が本物なのかどうかなんて調べられない。

下手に調べようとすると、調べようとする人が危ない目に遭うかも知れませんからね。

変に機密情報に関わる調査なんてしてしまうとって事です。

組織に関係していた人と言うのは信用出来そうで、実はそんなに信用出来るものでも無いと言う事だと思います。

恐らく、本当に組織関係者で発表しようとするような人は、ロシアに亡命したと言うエドワード・スノーデンの様になるのでは無いか?と思います。

他の証言者の話は本物でも無いので、組織も放置なんでしょう。

ただのほら吹きと言う感覚ですかね。




NASAに質問しても回答が無いから、隠しているのでは無いか?なんてよく言われますが、そもそもその話は何なの?って事が多いのかも知れません。

例えば、警察に行って後ろに霊が憑いてるのでなんとかして!と言うような事なんでしょう。

警察も「はぁ?」

とでも言うしかないでしょうね。

まぁ、警察もそれなりに対応してくれると思いますので、近くのお寺でも案内してくれそうですけど。

でも、NASAに届く質問なんて多すぎてそんなもんに相手なんてしてられない。

放っておいても問題無いと考えるからだと思います。

しかし、質問した人は

答えてくれない=隠してる  

と考えて、またさらにそこから都市伝説が生まれる事になっているのだと思います。

その都市伝説が広がって話が変わって行き、さらにその事をNASAに質問する。

もちろんNASAからしてみれば何言ってるの?となって回答無し

で、また隠してるんだと・・・

もう、NASAもキリが無いので無視なんでしょう。

例えばその無い事を証明する事が出来るのならばそこで終わる話になりますけど、無いものは答えられないのでどうしようも無いと言う訳です。

今回のまとめとして、何が言いたかったと言うと、実は、エリア51やNASAが情報を隠しているのでは無く、そもそも情報が無いと言う事なんじゃないか?と言う事です。

NASAや、エリア51等の組織では、現実的な本当に隠しておく必要のある事を公表しないと言う事があるので、特に隠していると思われているだけなんじゃ無いかな?と思いました。

今回のこの考え方も一つの考え方。

私はどちらかと言うと、都市伝説のような話が好きなので、今のように謎が多い方が楽しくて、何でも分かってしまうと言う事の無い方が良いと思いますけどね。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




7月に発売された、噂のNHKが映らないテレビについて



ポルターガイストか?勝手に物が動く等の怪奇現象の正体。

童謡さっちゃんの正体は実は〇〇〇〇では無いか?と言う噂


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)