今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感




最近NHKの裁判多いですよね。

裁判をする方もされる方も

これは受信契約をしない人や契約者が支払いをしないからと言うのが原因。

ですが、そもそもスクランブル放送をすれば全て解決する話。

スクランブル放送をすると、見ないから支払わないと言う事になればそれだけの価値の放送だと言う今年なんです。

NHKは受信料制度で運営する事が許されてる放送局。

視聴率を気にしなくても言い分、受信契約と支払い率を気にしなければならない。

契約率と支払い率を上げたければ、そのような放送をすれば良いと言う単純な事なんです。

それを見ない、払わないと言う人にまで無理やり払えと言うから問題が発生するんですよ。

裁判をしてまで払えって。

そんな事をしなくても、そこまで拒否してる人に放送を届ける必要がありますか?

結局、見たく無い人が見れないスクランブル放送をすれば良いだけ。

裁判をする事では無い。

今行われている裁判はNHKが裁判をしたいからしている裁判で、それこそ裁判をする権利の乱用になります。

自身で解決する事をしないで揉め事を作ろうとする国民への不利益にしかならないことをしている悪質な企業と言う事ですね。

本来は、自身でなんとか解決しようとするが、どうしようもなくなって裁判をするという流れなのに、そうしないのがNHKと言う事。

さてさて、そんなNHKですが、実は最近増えている裁判によって自分の首を絞めていってる状況なのですが分かっているのでしょうか?

それは裁判に勝っても負けてもです。

まずはNHKが裁判をする事により国民に嫌われていくと言う状況。

もちろん、普通にテレビを設置して見ているのに支払わないとなれば払って当たり前。

そんな裁判ならNHKが勝っても印象が悪くならない。

ただ、そんな普通な状況で裁判になる事は少ない。

少し前の最高裁の裁判ではテレビを持っていて放送を見る事があるが思想が違うので払わないと言う主張でしたが、判決は受信料は支払わなければならないと言う事になった。

これは料理を頼んだが、自分の口に合わないから払わないと言っているのと同じようなもの。

問題はテレビを持っているが放送自体を見るつもりは無いと言う場合。

例えば、お茶碗を買ったけど、それでご飯を食べるつもりは無い。

お茶碗をコレクションとして集めているだけと言う人に無理やり米を買わせるのか?って事。

私は基本パンとパスタ、そして麺を食べるけど米は食べないと言う人の家に無理やり米を送りつけて米代を支払わせていていいのか?

それが今のNHKのやり方。

そんな事をしていてそんな裁判をしていて、国民が納得するはずが無い。

普通に考えて。

普通の考えが出来ないからそんな事も分からないんです。

そこで問題です。

普通の考えが出来ないところの放送局が果たして公共放送と言えるのか?

公共放送と言えないならそんな放送局に受信料を払う必要がありますか?と言う事になります。

なので本当は、今受信料を払っている人も非公共的な放送局に受信料を払う事も無いのです。

でも今はそんな普通の事も分からないNHKや裁判所や政治家が判断しているので、仕方がなく受信料を払っていると言う形。

これこそ正に、国民の思想では無く軍国の昔、日本が間違っていたと言われる強制的な思想なのです。

もう、単純に言うとまた日本が他国に攻められてそんな国民に思想を植え付けるような事をしてはならないと戒められる事が必要なのかも知れません。

昔、日本が間違った道に進んだ事と同じなんです。

ただそれを国民は理解して、違うと主張しています。

そこが昔と違うところ。

国民は昔と同じ過ちをしないように考えている、しかし、それに反する大きな力が押さえ込もうとしている。

さて、本当にこのままで良いのか?

それが疑問と言うところ。




ちょっと前置きが長くなりましたが、今の裁判、国の判断はそんな感じです。

ですが、実は裁判で最初はNHKに都合に良い判決が出ていますが、いつまでもそんな都合の良い事ばかりにはならない。

最初は単純にNHKの勝ち!って判決を出せば良い。

他に何も無いんだから、細かい理由も無しに適当でも。

しかし、その適当に勝ちにした判決のお陰で、じゃぁこうすれば受信料を払わなくても良い訳ね?と言う事が出てくる。

今まではどんな事もあいまいにしてきた事で良いとこ取りをしてきたNHKですが、実は最高裁の判決が出る度に、そうでは無い方法だと良いと言うお墨付きが増えてくる事になるんですよね。

例えば、ホテルのテレビは誰が払うの?となる。

ホテルのテレビはホテル側が受信料を払うとする。

ではウィークリーマンションは?となる。

家具つきテレビ付きウィークリーマンションはマンション側が払うとなれば今利用している人で払ってる人いるでしょ?となる。

利用者が払わないとなれば、マンション側は空室の分も払わなくてはならなくなります。

もし、マンション側が払わずに利用者が払うとなれば、ウィークリーマンションと看板をあげればホテルでも受信契約の必要はなくなる。

そんな状態で、ホテルにはホテルに払えと、家具付きウィークリーマンションでは住人に払えと、受信料を徴収しやすい人に払えと言う都合の良いことを言っているのがNHKです。

これもどちらにせよ裁判で決まればそんな都合の良いことが出来なくなります。

これは一例ですが、そんな都合の良いことばっかり言っているのがNHK。

裁判が増えると、それがはっきりしていきますので、じゃぁこうすれば受信料を払わなくても良いなと言う事が分かって来ます。

そもそも、NHKは法律によっての受信料の支払いを押し付けるのではなく、国民が必要とする放送をすれば良いだけの話。

本当は一番視聴率を気にしなければならない放送局なんです。

それがダメだったら、公共放送では無く国営放送にして税金で運営するしかないんですよね。

もう、裁判所も国会もNHKを存続させる意志があり守ると言う事になれば公共放送の意味は無いです。

国会等の意志に関係無く出きる放送こそ公共放送。

NHKと政権が対立する位にならなくてはね。

ちょっと余計な話が多くなりましたが、簡単にまとめると裁判の判例が増える度にNHKの都合の良い逃げ道は無くなって行くと言う事。

国民から嫌われると誰も見ない不要なものになり、新しい世代が選ぶ政権からはそのうち潰されるかもよと言う事です。

今度は放送では無く、通信でNHKが運営しようとしてますが、このままではうまくいきませんよと言う事です。

まぁ、以前にもお話しましたが、出来れば何も変わらず今のままでいてくれれば私には関係の無い組織になりますので、それでお願いします。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




今の地球温暖化は寒冷化の前触れ、太陽活動と火山



火星人はやっぱりタコだったのか?そんな可能性も?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)