レオパレスNHK受信料、最高裁判決について




今回、NHKの受信料について最高裁判所で判断されました。

それは、レオパレスの住人が契約したNHKの受信料契約について支払いはどうなのか?と言う内容。

この経緯については簡単に言うと、NHKが訪問して来て住人が契約。

そして住人は1か月分の支払いをした。

でも契約は住人でなくて、レオパレス側が払うものだから、不当な支払いなので返して下さいと言うもの。

この事について、高等裁判所では受信料の返還はしなくて良いと言う判決。

最高裁判所でも高等裁判所と同じなので、審議せずに棄却したと、そう言う流れ。

この判決についてネット上ではNHKや裁判所に対して批判的な内容の書き込みが殺到している。

それは、テレビはレオパレスの所有物であって住人が勝手に処分出来ない。

その処分出来ない物について支払いの義務があるのはおかしい。

そう言う事なんだと思いますし、私もそう思います。

ですが、今回の判決では支払い義務があると初めて裁判所で判断されたと言う事で話題に。

でも実はこの判決はそれなりに合ってるかも?と言うものなんです。

それは、契約をしたんだから払わなきゃダメでしょ?当然事です。

そう言う単純な事なのかな?と思いました。

では、ちょっと考えて下さい。

賃貸物件の一つの部屋に誰かが住んでいる。

それをNHKが知って、その部屋の受信料契約が無い事を確認。

それならば、受信契約してもらわないとねと言う事で訪問する。

すると、いつものように、受信料契約の義務がありますので契約して下さい。

そんな話になる。

その時点では、NHKはそこに住んでいる人の事やレオパレスとの契約内容、そして例えば会社の寮のようなもので契約は会社がしている等の詳しい事は知りません。

ですが、契約して下さいと言って契約してもらったんだから、テレビが設置してあるなら契約は有効で、契約したなら支払いしてね。

そうなります。

住人が契約しなかったら良かったでしょと言う事です。

その住人、レオパレス、会社の誰がどうとか、NHKが関係してとやかく言う事では無い。

契約があれば支払ってもらうだけ。

まぁ、そう言う事で支払いの義務はありますよって事。

住人が契約しなくてはならないと言うものではありません。

住人が払っても良いんですよと言う判決なんです。

文句があるなら、住人がレオパレスや会社に対して文句言ってね、裁判してね。

そう言う事なんですよね。

でも、実際はそんな判決で良かったの?と疑問に思うし、納得も出来ませんよね。

この判決が正しいと言う事になれば、NHKは住人に契約をして下さいと言えば、住人はレオパレスか会社に言って下さいと逃げれば良いし、レオパレスは住人か会社に言って下さいと言えば良い。

そして会社もレオパレスか住人に言って下さいと言えば良いと言う事になります。

この3者は代理で契約をする訳でも無く、契約した人に全責任が掛かるので誰も契約はしたくないはずなんです。

なので、本当はレオパレスが契約と支払いをするのが正しいはずなんですよね。

NHKは裁判の前にレオパレスはウィークリーマンションだと知ってるはずなので、間違いを認め返金するのが正しい事になるかと思うし、裁判所も、その事も踏まえて判決を出す必要があったかと思います。

これで、今後の裁判でもNHKが不利になる可能性が増える事にもなります。

例えばホテルの裁判でも宿泊客と契約をして下さいと言えばホテルは契約から逃げる事が出来る事になるはず。

そうでなければ今回の判決は更におかしい事になりますよね。

ウィークリーマンションとホテルの線引きは何処?とかになりますもんね。

本当はホテルも、ウィークリーマンションも宿泊者がいない時は占有者でしょ?契約しなきゃダメじゃん。

ウィークリーマンションで住人がいない時はちゃんと契約してるんですか?

NHKもチェックして契約いていないと不公平でしょ。




NHKの受信料についての裁判では結局どう転んでも、NHKが不利になる事しかありません。

更に、国民から反感を買い、どんどんとテレビ離れをしていく。

今後、ウィークリーマンションでも、ホテルでもテレビが置いてある事よりWi-Fiが置いてある方が喜ばれるようになれば、テレビを設置し、テレビの受信料を払うところも減るでしょう。

そして、これだけ反感を買っていると、遅れてネット配信をNHKがしたところで誰が見るか!って事になり、NHKが収入を得ようとすれば、また通信に関する法律でネットでNHKが見れるなら受信料を払わなければならないと言うような法律でも作らないと無理な話になる。

そもそも、テレビ離れしないように早いタイミング、地デジ化した時にでもスクランブル放送にするべきだったんです。

放送は届いている状況なので、みんなに放送を届けると言う事は出来てる。

見たい人は契約してね。

そうするべきだったんです。

NHKのスポンサーは国民と言う事を考えていないからこう言う状況、そう言う放送しか出来ないんですよ。

今からだと、もう手遅れかも知れませんが、出来るだけ早く気がついて方向転換しスクランブル放送を実施して、受信料収入に見合うような仕事をするように改め無いと、もう生き残る道は無いように思います。

この後、レオパレスと住人との間でNHKの契約について裁判をすると言うような情報もありますが、さてどうなる事やら。

まぁ、私はテレビが無いので関係無い話にはなりますが、やはり興味はありますね。

公共的なもの、電気でも、ガスでも、水道でも、こちらからお願いしますけど、NHKはこちらからお願いしてまで必要としていないので、もう公共なものとしての認識ありませんからね。

時代が変わって必要とされないものがいつまで公共のものとして扱われるんでしょうか?

そこが大きな疑問です。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




[怖い話]リアルに怖い?取ってはいけなかったお札の話・・・



ポルターガイスト現象・・科学を発展させる為に調査を

今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感


ただ今戦争中の日本。まだ終わって無い戦争があるって?




今年2018年の韓国での冬季オリンピック。

このオリンピックに北朝鮮が参加した事により、朝鮮半島の南北問題が解消されて行くのか?

そんな雰囲気。

まぁ、南北で統一と言う事までは難しいと思いますが、良い方向に向かっているようには思います。

でも、最近の朝鮮半島の報道も少なく落ち着いて来て、今も良い方向に進んでいるのかどうかは疑問ですがけどね。

この南北の問題は朝鮮半島だけの問題では無く、日本も含め、アメリカ、ロシア、中国等の関係もありなかなか難しい問題になってるんでしょうね。

と、こんな話をしていると、まだ南北で一応戦争中なんでしょ?

いつ終わるんだろうね?なんて話もちらほら聞こえて来そうだ。

戦争中と言っても何処かでドンパチやってる訳では無く、武装を見せつけ威嚇するような事がある程度。

たまに本当にミサイルを撃ったと言う話も出てくる事もあって、少し被害があると言う事もあるそうなんですが、交戦をするというレベルでは無いですね。

とまぁ、日本人は他人事のように言っていますが、一応戦争中と言うなら日本だってまだ戦争中なんですよ・・・と。

えっ?日本は1945年8月15日の終戦の日を最後に戦争はして無いよ?

そう言う人も多いでしょうし、私もそう思ってました。

ですが実はまだ戦争は終わって無かったのです。

戦争と言うのは基本、宣戦布告があって戦争が開始し、講和条約が締結されて戦争が終わると言うものだそう。

そんなルールの中で、日本に宣戦布告をした国、それがモンテネグロ

実は日本がロシアと戦争をした時にロシアから宣戦布告を受けて日露戦争が始まった。

その時のロシアとの同盟関係であったモンテネグロも日本に対して宣戦布告をしていたのだそうです。

そしてポーツマス条約で1905年、日本とロシア間で締結した日露戦争の講和条約。

さて、ここで問題、モンテネグロは?

そうなんです、宣戦布告はしたけども、講和条約は締結していない。

と、言う事は?戦争は終わっていない?

そう言う事になるようです。

そして今現在も・・・

まぁ、宣戦布告から講和条約までが戦争とするならと言う事ならばね。

ですが、実際はモンテネグロと日本は一度も交戦すらしていないし、でも一応日露戦争当時にはモンテネグロは満州までは派兵していたらしい。

そんな歴史はありますが、日本はモンテネグロが宣戦布告をしていた事を認識していなかった事もあり、日露戦争終結の講和条約には参加すらしていないようです。

その後、2006年6月3日のモンテネグロ独立宣言に、日本政府は、6月16日にその独立を承認したと言う。

そんな中、100年程続いた戦争の終結の話もあるのかと思いきや、そんな事は特に話されず。

日本政府はそもそも宣戦布告はされていないとの考えであるようです。

日本とモンテネグロは戦争中であるとも考えられるし、そもそも戦争をしていないとも考えられる状況だと言う事ですね。

その他にも日本と戦争中の国、それはイタリア。

イタリアからも宣戦布告を受けているとの事。

第二次世界大戦で日独伊の三国同盟。

ですが、戦況が悪くなり寝返ったイタリア、さらに日本とドイツに宣戦布告。

そんな事がありましたが、実はその時にイタリアは政権が2つに分裂していて、日本は片方の政権を国として認めているが、もう片方の政権は認めていないと言う状況。

その認めていない政権から宣戦布告を受けていたのだそう。

第二次世界大戦の終結時にイタリアとは講和条約を結んでいない為、今もまだイタリアと戦争中と言えると言う事になります。

ですが、モンテネグロと同様に宣戦布告を認めていないので戦争中と言えるかも知れないけども、そもそも戦争をしていないと言う事にもなりますね。




さらに言うと、ロシアとも第二次世界大戦の講和条約と言うのは結んでいません。

一応戦争中と言う事?

しかし1956年に日ソ共同宣言は出していて、この宣言で事実上戦争は終わってると言う事でもあるようです。

そして、その第二次世界大戦で言うと、コロンビア、インドネシア、ルクセンブルグとはサンフランシスコ講和条約で締結はしたものの、各国の議会で承認されていないそうで、まだ戦争中と言えば戦争中なんだとか。

と、言う訳で単に宣戦布告から講和条約までが戦争だと言うのならば、モンテネグロ、ロシア、イタリア、コロンビア、インドネシア、ルクセンブルグとはまだ戦争中と言う事になります。

ですが、そう単純な事でも無く国交が正常に行われていれば戦争はしていないと言うのが正しいのだと思います。

だって、イタリアと戦争中だよと言われても信じる人なんていないでしょ?

ヨーロッパで人気の旅行先だし、行けば美味しいものがいただけるイメージだしね。

そんな訳で、一応戦争中なんでしょ?って言うのは戦争じゃ無い事が多いのかな?って。

一応朝鮮半島も、国交が正常化してるとは言えないかも知れないけど、おおよそ戦争は終結していて、戦争を終わらせる話し合いをしてる最中と言うところでは無いでしょうか?

他にも実質的に戦争をしていなくても、一応戦争中なんだと言うところも多いそうですが、日本は戦争していないと思って、他のそう言う事を知って一応戦争中なんでしょ?なんて言うと

「日本もね。」

なんてブーメランが返ってくる可能性もあるのでご注意を。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




ポルターガイスト現象・・科学を発展させる為に調査を



今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感

夢はパラレルワールド、夢こそ現実では無いか?説


今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感




最近NHKの裁判多いですよね。

裁判をする方もされる方も

これは受信契約をしない人や契約者が支払いをしないからと言うのが原因。

ですが、そもそもスクランブル放送をすれば全て解決する話。

スクランブル放送をすると、見ないから支払わないと言う事になればそれだけの価値の放送だと言う今年なんです。

NHKは受信料制度で運営する事が許されてる放送局。

視聴率を気にしなくても言い分、受信契約と支払い率を気にしなければならない。

契約率と支払い率を上げたければ、そのような放送をすれば良いと言う単純な事なんです。

それを見ない、払わないと言う人にまで無理やり払えと言うから問題が発生するんですよ。

裁判をしてまで払えって。

そんな事をしなくても、そこまで拒否してる人に放送を届ける必要がありますか?

結局、見たく無い人が見れないスクランブル放送をすれば良いだけ。

裁判をする事では無い。

今行われている裁判はNHKが裁判をしたいからしている裁判で、それこそ裁判をする権利の乱用になります。

自身で解決する事をしないで揉め事を作ろうとする国民への不利益にしかならないことをしている悪質な企業と言う事ですね。

本来は、自身でなんとか解決しようとするが、どうしようもなくなって裁判をするという流れなのに、そうしないのがNHKと言う事。

さてさて、そんなNHKですが、実は最近増えている裁判によって自分の首を絞めていってる状況なのですが分かっているのでしょうか?

それは裁判に勝っても負けてもです。

まずはNHKが裁判をする事により国民に嫌われていくと言う状況。

もちろん、普通にテレビを設置して見ているのに支払わないとなれば払って当たり前。

そんな裁判ならNHKが勝っても印象が悪くならない。

ただ、そんな普通な状況で裁判になる事は少ない。

少し前の最高裁の裁判ではテレビを持っていて放送を見る事があるが思想が違うので払わないと言う主張でしたが、判決は受信料は支払わなければならないと言う事になった。

これは料理を頼んだが、自分の口に合わないから払わないと言っているのと同じようなもの。

問題はテレビを持っているが放送自体を見るつもりは無いと言う場合。

例えば、お茶碗を買ったけど、それでご飯を食べるつもりは無い。

お茶碗をコレクションとして集めているだけと言う人に無理やり米を買わせるのか?って事。

私は基本パンとパスタ、そして麺を食べるけど米は食べないと言う人の家に無理やり米を送りつけて米代を支払わせていていいのか?

それが今のNHKのやり方。

そんな事をしていてそんな裁判をしていて、国民が納得するはずが無い。

普通に考えて。

普通の考えが出来ないからそんな事も分からないんです。

そこで問題です。

普通の考えが出来ないところの放送局が果たして公共放送と言えるのか?

公共放送と言えないならそんな放送局に受信料を払う必要がありますか?と言う事になります。

なので本当は、今受信料を払っている人も非公共的な放送局に受信料を払う事も無いのです。

でも今はそんな普通の事も分からないNHKや裁判所や政治家が判断しているので、仕方がなく受信料を払っていると言う形。

これこそ正に、国民の思想では無く軍国の昔、日本が間違っていたと言われる強制的な思想なのです。

もう、単純に言うとまた日本が他国に攻められてそんな国民に思想を植え付けるような事をしてはならないと戒められる事が必要なのかも知れません。

昔、日本が間違った道に進んだ事と同じなんです。

ただそれを国民は理解して、違うと主張しています。

そこが昔と違うところ。

国民は昔と同じ過ちをしないように考えている、しかし、それに反する大きな力が押さえ込もうとしている。

さて、本当にこのままで良いのか?

それが疑問と言うところ。




ちょっと前置きが長くなりましたが、今の裁判、国の判断はそんな感じです。

ですが、実は裁判で最初はNHKに都合に良い判決が出ていますが、いつまでもそんな都合の良い事ばかりにはならない。

最初は単純にNHKの勝ち!って判決を出せば良い。

他に何も無いんだから、細かい理由も無しに適当でも。

しかし、その適当に勝ちにした判決のお陰で、じゃぁこうすれば受信料を払わなくても良い訳ね?と言う事が出てくる。

今まではどんな事もあいまいにしてきた事で良いとこ取りをしてきたNHKですが、実は最高裁の判決が出る度に、そうでは無い方法だと良いと言うお墨付きが増えてくる事になるんですよね。

例えば、ホテルのテレビは誰が払うの?となる。

ホテルのテレビはホテル側が受信料を払うとする。

ではウィークリーマンションは?となる。

家具つきテレビ付きウィークリーマンションはマンション側が払うとなれば今利用している人で払ってる人いるでしょ?となる。

利用者が払わないとなれば、マンション側は空室の分も払わなくてはならなくなります。

もし、マンション側が払わずに利用者が払うとなれば、ウィークリーマンションと看板をあげればホテルでも受信契約の必要はなくなる。

そんな状態で、ホテルにはホテルに払えと、家具付きウィークリーマンションでは住人に払えと、受信料を徴収しやすい人に払えと言う都合の良いことを言っているのがNHKです。

これもどちらにせよ裁判で決まればそんな都合の良いことが出来なくなります。

これは一例ですが、そんな都合の良いことばっかり言っているのがNHK。

裁判が増えると、それがはっきりしていきますので、じゃぁこうすれば受信料を払わなくても良いなと言う事が分かって来ます。

そもそも、NHKは法律によっての受信料の支払いを押し付けるのではなく、国民が必要とする放送をすれば良いだけの話。

本当は一番視聴率を気にしなければならない放送局なんです。

それがダメだったら、公共放送では無く国営放送にして税金で運営するしかないんですよね。

もう、裁判所も国会もNHKを存続させる意志があり守ると言う事になれば公共放送の意味は無いです。

国会等の意志に関係無く出きる放送こそ公共放送。

NHKと政権が対立する位にならなくてはね。

ちょっと余計な話が多くなりましたが、簡単にまとめると裁判の判例が増える度にNHKの都合の良い逃げ道は無くなって行くと言う事。

国民から嫌われると誰も見ない不要なものになり、新しい世代が選ぶ政権からはそのうち潰されるかもよと言う事です。

今度は放送では無く、通信でNHKが運営しようとしてますが、このままではうまくいきませんよと言う事です。

まぁ、以前にもお話しましたが、出来れば何も変わらず今のままでいてくれれば私には関係の無い組織になりますので、それでお願いします。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




今の地球温暖化は寒冷化の前触れ、太陽活動と火山



火星人はやっぱりタコだったのか?そんな可能性も?


今の地球温暖化は寒冷化の前触れ、太陽活動と火山




今年の夏も暑く、日本各地で最高気温の更新が相次いでいます。

この温暖化の原因はよく人間が温室効果ガスを排出しているからと言われています。

他にも、肉食が進むと牛が増える。

牛が出すゲップにメタンガスが含まれていて、その量が増えているのだと言う人がいますね。

流石に、その程度では・・・と思いますが。

ですが、本当に人間が出す二酸化炭素等の温室効果ガスが原因なのだろうか?

牛のゲップを足したとしても、そんなに関係があるのだろうか?

確かに、環境を考えずに無制限で排出を増やすのは問題。

気温が上がると言うより、空気が悪くなる。

現に中国の空気の汚れは深刻で、多くのPM2.5で健康被害はどんどんと増えている。

そのPM2.5は日本にも飛来し、日本人は本当に迷惑だと感じています。

日本では空気の汚染を考えて対策を進めているのに、他からどんどんと汚されていたのではたまったもんでは無い。

問題は空気の汚れだと言う事だけなのでは無いでしょうか?

排出される温室効果ガスに本当に問題があるのか?

恐らく、多少は温室効果ガスも影響しているのだと思うが、この気温上昇は実は太陽活動の低下によるものでは無いか?と考えます。

でも、なんで太陽活動の低下が温暖化に関係あるのか?逆に寒冷化するんではないか?と思われそうですが、実は太陽活動による直接的な温度変化は少ないと考えます。

太陽活動の低下が気温上げ、活動が活発化すると気温が上がると言うなら、通常約11年周期で変化する太陽の変化でもっと気温の変化があっても良いように思います。

最近色々と調べていると、太陽の活動によって直接気温が変化すると言う事は少ないのでは無いかと思うんです。

11年周期でそんなに変化してるようには感じない。

そして、今太陽活動が低下している時期が続いているのに温暖化が止まらないのは何故?と思います。

だから温室効果ガスだと言いたいのですが、それだけが原因では無く、私は火山活動の活発化によるものだと考えます。

以前にもお話しましたが、太陽活動が活発化している最大期と、低下している極小期に地殻変動が活発化して、地震が起きやすくなり、火山活動も活発化すると言う事が分かっています。

火山活動が活発化し噴火すると、直接的に周りの気温が上がる。

場所によっては瞬時に何百度も上がる。

そして噴出されるものの中で一番多いのは二酸化炭素。

世界で二酸化炭素が増えている原因は人間だけでは無いと言う事。

太陽活動の低下で、そのような事が長く続いている事が原因で地球が温められているのです。




でも、これだけ聞くと、やはり人間が出す温室効果ガスの方が多いんじゃ?噴煙で太陽の光を遮ると気温が下がるんじゃ?って思うのではないでしょうか?

よく考えて下さい。

火山があるのは地上だけですか?

そうではありませんよね?

もちろん海底にも存在しています。

実はこの海底火山によって地球温暖化が進んでいるのではないのか?と考えました。

海底火山が噴火するとどうなりますか?

もちろん二酸化炭素は噴出しますが、噴煙は空気中に上がって来ません。

そうなると、大気を温める二酸化炭素は増えますが、太陽を遮る噴煙は上がらない。

気温は上がるばかりで下がらないと言う事になります。

そして、その火山は海底で海水を温める。

それだけでどんどんと気温が上昇するのです。

恐らく人間が調査していない火山は海底で多く活動しているのでは無いか?と思うんです。

最近、海の生物が海岸に打ち上げられていたり、普段深海にいたりして人の目に触れない魚等が近海で目撃されたりすると言うのはそれが原因だけでは無いのかも知れません。

そう言う事あると地震の前触れか?と考える事もありますが、ある意味間違いでは無いと言う事では無いでしょうかね。

このように太陽活動の低下が続くとこの現象が続き気温が上がる。

人間の排出する温室効果ガスはちょっとしたものだったのかもしれません。

では寒冷化はしないの?となりそうですが、確かに今のままだと寒冷化って話じゃ無いですよね。

ですが、このような状況が続くとどうなるか?と言うと、やはりこの後、地上での火山活動の増加で太陽を遮る噴煙が多くなり太陽の光を遮る事になると思うんです。

そうなると一気に地球の寒冷化が進みます。

太陽が登って気温が上がり、太陽が沈むと気温が下がる。

その周期があっても冬になれば雪が降る程気温が下がる。

なのに、ずっと太陽の光が地面に届かないとどうなりますか?

ずっと気温は下がり続ける。

つまり氷河期の到来。

今の太陽活動の低下で火山活動が活発化する事こそが地球の気温を変化させる原因では無いか?と言う事。

太陽の活動の低下で気温が下がると言う事とは違うんです。

過去に人間が地底に都市を作っていたと言う話がありましたよね?

それはカッパドキアであったりヨーロッパの地下都市であったり。

この地下都市で氷河期を過ごしたのでは無いか?とも言われています。

でも、実は氷河期が来る前に地下都市を作り始めたのではないのか?と思ったんですね。

それは今と同じ温暖化によってです。

気温の上昇を耐えるべく、地下に都市を作った。

気温が上昇している時に作ったので、食料も確保出来て地下都市が作れたのでは無いかと。

寒くなりはじめてから作ったのではこれだけの都市が作れたのか?食料は?と思ったんですね。

そして、今度は急に寒冷化が始まり地下都市に住んでいた人は食料が無くなりどんどんと人が減っていったのでは無いかと言う事です。

最後には外へ食料を求めて・・・

昔にもそんな事が起こっていたんだと考えました。

さらに考えると、恐竜等が急にいなくなった時代でもそう。

よく、陸地の地層で昔はここまで水があったと言う事で海の生き物の化石が陸地で発見される。

それは気温の上昇で氷が溶け、水が膨張して陸地まで水が押し寄せた。

けれどある時から急に気温が下がり水が収縮してさらに北極や南極では氷はじめ、すぐに冷えない水は雲を作り降るものは全て雪。

そんな状況で陸地に生き物が取り残されたのでは無いのかと考えたんです。

その時代を生き抜いたのは穴の中に身を隠せたり、冬眠等が出きる体を持つものだったのでは無いでしょうか?




まとめると、今の気温上昇は人間による影響は少なく太陽活動と地球の地殻の活動によるもので、この後突然に氷河期がやって来ると考えました。

その前にはもちろん地殻変動による地震や火山活動が起こります。

氷河期になる前に人類は大変な状況におかれて、更にその後は厳しい環境におかれると言う事です。

本当に今の人間による温暖化と、温暖化対策の事ばかり考えていてもいいのか?

それよりも、昔に見習い地下都市の建設を急いだ方が良いのでは無いでしょうかね?

もう残された時間は少ない。

今個人で出きる事は今後の為の準備が出きる国家を作る事、それは選挙に行ったりSNS等で発信する事からでは無いでしょうか?

小さな力でもたくさん集まれば・・・

でも、まぁ個人的な想像で考えた事なんでそんな事にはならないかな?

これこそ信じるか信じないかはあなた次第ですね。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




夏休みの宿題大丈夫?自由研究はどうすると良いのか考えてみた。



Yahooアカウントに不正アクセスが・・・大丈夫かな?心配


日本壊滅!南海トラフ地震富士山噴火より怖い九州破局噴火




最近は地震が多く、日本でも世界でもM6を超える地震が多発。

2011年の東日本大震災、2016年熊本地震で大きな被害。

そして今年2018年には大阪北部地震。

つい最近ではインドネシアでも大きな地震も発生しています。

地震の事だけでも不安になるのに、さらに世界各地での火山活動も活発化している。

今年の日本では草津の白根山の噴火、新燃岳の再噴火が起こっています。

世界に目を向けると、ハワイのキラウエア火山で大きな被害を出す噴火が起こっていると言います。

このように自然災害が起こると、自分に関係ある所では大丈夫なのかと心配になり、情報を集めようとする人は多いのでは無いかと考えます。

でも、結局地震や噴火の予測は難しく、いくら調べても分かるものでは無い。

そうなると、当たらないと思っていても予言が気になるところです。

それで予言を調べると地震の予言はたくさん出て来ますね。

日本では地震が多く、南海トラフの大地震が周期的に起こるのでは無いかとの予測もあり、予言の多くは大地震の事が多い。

この予言をしておくと的中する可能性が高く、当たれば一気に名前が売れると、そう言う事では無いかと思います。

そして、さらに調べると火山の噴火の予言も多い。

ですが、この予言の多くは富士山の噴火。

富士山の噴火にしても、周期的な予測でそろそろ噴火してもおかしくは無いと言われており、南海トラフの巨大地震や関東での大地震に関連する事が今までも多かったと言う事で、その地震の予言とのセットで言われる事が多い。

そして、日本で富士山の噴火と言うと分かりやすく、注目されやすい。

そんな事もあり、災害の予言となると、南海トラフ、関東での大地震、富士山の噴火ばかりが出て来ます。

もちろん、どの災害が発生しても被害が大きく防災の知識を高める事は重要です。

防災の知識を高めれば、大きな災害でも小さな被害に抑える事が出来る可能性もある。

気を付けてもらいたい内容ではあると言う事に間違いはありません。

しかし、実を言うと、南海トラフの地震や富士山の噴火が可愛く思える程の被害が発生する可能性を日本は抱えています。

しかし、それが話題になる事が少なく感じます。

もちろん、話題と言うか警告を発している方は多い。

ただ、他の災害に比べて少なく感じると言うだけ。

大きな地震の発生で、南海トラフ地震の事を取り上げますが、もう少し一番被害が大きくなる可能性がある災害の知識を高める話題を取り上げて欲しいと思います。

その一番怖い災害と言うのは九州の破局噴火。

予言を探してもそれらしいものが出て来ない。

この噴火が無いから出て来ないのなら良いのですが、そう安心出来る事では無い。

予言も結局は話題性を重視するのか、そしてその予言で当たるものは少ない。

当たらない予言が出て来ないのならば逆に危険なんじゃないのか?とも思ってしまいます。

九州の火山で有名な阿蘇山、カルデラ。

このカルデラ噴火が起こると大変な事になります。

九州には阿蘇山以外にも多くのカルデラが存在。

そんなカルデラは日本で90以上もあり、その多くは九州と北海道に集中しています。

もし、この火山が噴火するとどうなるのか?

少なくとも100~200kmは火砕流で覆われ、壊滅状態になって、それ以外にも九州全土はもちろん、四国、中国地方までにも大きな被害は及ぶ。

そして火山によって影響を受けるのは日本全土と言って良い程のものになると言う。

日本全土が被災地になると言う事です。

カルデラの噴火は九州だけの問題では無く、日本全体の問題なのです。

さらに言うと、九州にある原発なんてあって良いものでは無いと言えます。

火山の被害だけなら大きな被害でも復興が出来るかも知れませんが、それに原発が絡むと、もう九州には住めない。

津波に影響で原発に問題があったと言っても水が引けば被害を食い止める作業が出来るかも知れませんが、火山による被害の場合は当分原発に近付く事が出来ない。

これがどう言う意味なのかはすぐにでも分かる事だと思います。

カルデラ噴火が起こると日本が終わる可能性が高い。

特に何もせず今のままだとね。

出来る事と言えば、早い段階の九州の原発の廃止。

シェルターや地下都市の建設等でしょうか?

そして、さらなる火山研究。

カルデラ噴火が起こる前に避難出来るような状況を作らなければなりません。

そのカルデラは九州だけでは無く、北海道にも多くありますので注意ですよね。

本当にそんな噴火が起こるのか?とも言われそうですが、このカルデラ噴火の周期は6700年程だと言われているんです。

なのに、今7300年程は起こっていないと言います。

と、言う事は今日、明日起こってもおかしくは無いと言う事。

阪神淡路の大震災が起こる確率は100年で1%と言われていて起こった。

今のカルデラ噴火の確率も同程度だと思います。

1%の確率と言うのは起こらないと言う意味では無く、起こると言う意味なんです。

特に、最近の環太平洋火山帯での火山活動の活発化、地震の増加の事を考えると、本当に危険な状況になっているのかも知れません。




当たらない予言ではありますが、このような事を考えると、日本沈没と言う予言をいくつか耳にした事があり、気になる事が出て来ます。

日本沈没とだけ聞くと、日本が海の中に沈没するのか?そんな事は無いと思いますが、この沈没と言うのは、カルデラ火山の火山灰によって日本が覆われる事を言っているのかも知れないと感じました。

そんな予言で、エドガー・ケイシーの2018年7月日本沈没なんてのがありました。

もう7月は過ぎ8月ですが、予言の時期はズレる事があると言う事もよく言います。

やはり警戒するべき事なのでは無いかと思います。

そして、当たらないとは言え気になる予言。

そんな予言の中で日本が沈没するとか、何か大きな災害が起こるとか、そんな可能性にありそうな予言には注目した方が良いのではないでしょうかね?

その前にやはり、国の政策で、事前に災害対策を進め、安心を増やしてもらいたいと思いますし、調査も進めて欲しい。

個人個人に出来る対策では防げない災害による被害が考えられます。

国民の安心安全をもっと考えて欲しいなと思います。

そんな事を考える政治家が増える事に期待し、選挙ではそんな政治家を応援したいと思います。

それくらいしか個人では出来る事が無いのかも知れませんね。

まずは原発廃止から考えてね。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




LINEをかたるフィッシング詐欺に引っ掛かりそうになった!!



宇宙人が攻撃して来ない理由、地球軍が勝つから?


余裕があればやってみたい。リアルシムシティ




昔、スーパーファミコンでやりましたよ、シムシティ

今もゲームとしてクオリティが上がったゲームはあるようですが、新しいバージョンはやった事が無い。

今はなかなかゲームを集中してする時間は作れ無いけど、またやりたいと思うゲームです。

今回、リアルシムシティと言う事での思い付き。

まぁ、私が出来るような事では無いが、ソフトバンクの孫さんやホリエモンくらいの力があれば可能なんじゃないかと思いますね。

実際シティまでは作れ無いとしても村や町までは作れそうな気はしなくもない。

何処か過疎化した村でも誰もいない土地でもいいので、そこから始めて町を作る。

そしてその村では完全に独自の通貨、電子マネーや仮想通貨でやりとりする。

仮想通貨では今税金が掛かるので、電子マネーかポイントみたいなものが良いかも知れない。

その状況下で生活すれば無収入で税金の支払い等が少なく抑えられる。

そしてその町の人は全員その町の会社員としておき、市や国への支払いは会社が行う。

町以外から入って来る物は会社が購入する形で関税のように手数料を掛けるし、街から購入されるものも会社が販売とし手数料が掛かるようにする。

しかし、町に住む者は会社からベーシックインカムのように最低限度の生活費は保障されます。

こうする事により、会社以外の生活者はほぼ無収入に近い状態になります。

無収入では無くても最低限の収入に抑えれば良い。

そのような状態で、町の人には好き放題に生活してもらいます。

しかし、基本的には社員扱いなので、村に住むかどうかは試験が必要になる、

社員では無い人が勝手に住んでも、普通に日本の国民。

そんな状態でやってみると結構快適に生活出来て発展するんじゃ無いかな?と思いました。

生活費だって、場合によっては経費に出来る訳だし、日本国内で日本で決められた税金なんかは支払う訳だし、戦争になる事も無いから防衛費もいらない。

警察だって町の警備員がいれば良いし。

警備員で対処できない事は本物の警察に頼めば良い。

国民の義務としてはルールを守ると言う訳なのでOKなはず。

国の価値としては基本防衛のみ。

他にはあまり意味が無くなる。

インフラも出来るだけ会社で、

電気、ガス、水道、通信なんかも会社がすれば良い。

ソフトバンクなんかだと電気とか通信なんかはありますよね?

ガスと水道は無いのかな?

国にはあまり頼らない。

税金も防衛費等を少し支払えば良いと言う事。

もちろん会社員ですので、生産性の無い人はクビに出来るので楽しようと言うのは無理な話。

しかし、会社員ですので厚生年金が支給されますし、加えて町の為の活動が評価されていればその分は老後働かなくても、電子マネーやポイントが支給されます。

そして、その町のルールですが、基本は国の法律に従います。

しかし、法律って決まるのが遅いですよね?

条例なら少しは早いかも知れませんけど、それでも遅い。

でも、その町で何か問題が起これば、会社で社則を作って判断すれば良い。

国の法律に反していない事だと社則により処分をすれば良い。

死刑とかは無いけど、会社をクビにする事は出来るでしょ。

その社則の案を出すのは、もちろん会社。

決まりには良い面悪い面がどうしても出来る。

可能か不可能かもね。

そして決定は町での総選挙。

そのようにすれば問題はどんどんと改善される。




今の日本は公共事業をどんどんと民営化し、国の価値が下がっている。

しかし国民の負担は増えている。

これは、明らかに国の経営力に問題があるんです。

お金をどんどんと使うのは良いんです。

経済が回りますからね。

けど、いらない所にお金を使い過ぎ。

そんなんだから借金ばっかりするんですよ。

今、水道局も民営化の流れで、実際国は何してるの?って思います。

やってる事は対外国の事くらいでしょ?

他に何か意味のある事してるの?

道路整備だってガソリン税だし、

役所だって、ここまでコンピューターの技術が向上してるんだからもう少しコスト下げれない?

ネットで管理を始めたら、役所の大きな建物もいらないでしょ、人もいらない。

銀行なんてよく分かると思うけどね。

役所にように業務が多そうだったけど、自動化して人も減ったし、窓口を利用する人も減ってる。

民間だから効率化を考えているんですよ。

他に事も効率化を考えてやればもっと無駄は無くなると思います。

そんな風にやっていると町に外に行きにくくなるような気もしますが、別に外に出るのは自由。

外で現金で買い物をしようが、現金を得ようが自由。

しかし、町の外に出ると消費税等の税金も掛かるし収入があれば所得税も掛かる。

何処か違う国にでも行った気分になるような感じじゃないかな?

パスポートにいらない外国ね。

その余分な税金をカットする為には町を発展させると良いんですよね。

実際、大型ショッピングモールなんかに行くとずっとそこに住んでいられるような気がします。
あれが一つで町になるんじゃ無いかってね。

全部を会社が管理する町にしなくても、美味しいところだけとって町を作るなんて出来れば楽しいかも知れないし、住人も楽しいんじゃないかと思いました。

でも、この考え方って一時話題にもなった道州制に近い考え方かも知れないですね。

これを民間で出来ないかな?って事です。

やってはみたいけども、やはり想像のみ。

実際する事が出来る力があっても、細かな事や、その計画に色んな人が絡んでくる事を考えればほとんど無理な話。

でもホントに無駄な所にお金が流れていると言うのは何とかしてもらいたい事です。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




ネアンデルタール人が絶滅していない可能性



年金はもらえないかも?払うと損?は都市伝説!?


年金はもらえないかも?払うと損?は都市伝説!?




今でも年金を払っていない人っているんですかねぇ?

会社員なら自動的に払ってるし、そうで無い人でも払ってる人は多いと思うので、払わない人は少数派。

日本人はみんなと同じが好きなのに、こう言う時に少数派に回る人がいるんだよね。

まぁ、払って無い人は損するだけなんですけどね。

よく言われるのは生活保護と年金なら生活保護の金額が多いから年金をもらわないで、生活保護に頼ろうと思ってる人がいるようですが、本当にそれで良いんですか?

生活保護に頼ると言う事は貯蓄も出来ない訳で、老後は生活保護の金額のみでの生活になりますよ。

貯蓄があれば生活保護は受けられず、貯蓄が無くなってからになりますからね。

そして、生活保護で生活するお金が足りない、少しは遊びたいけどお金が無いと言っても生活保護だと働けませんし。

別に、働きたければ働けば良いんですけど、老後で体の自由が満足に出来なくっても、その体にムチ打って働く事になります。

もしもそれまでに生活保護で10万円もらってて生活が苦しい、そう思ってアルバイトして月給が15万円だとする。

その場合の使えるお金は結局15万円なんですよね。

働けば生活保護は打ち切られますからね。

そこで、年金で10万円もらっていてアルバイトで15万円か稼いだ場合はどうなるかと言うと、使えるお金は25万円になります。

老後に月25万円もいらないとなれば10万円の仕事をすれば良いし、5万円の仕事でも良い。

結局、無理の利く若いうちにより良く働くか、老後辛い体で更に辛い思いして働くかどちらがいいの?ってなります。

生活保護の範囲で生かされていればそれで良いと思う人はそれで良いのかも知れませんけどね。

今はまだ良いですよ、生活保護もそれなりに多いらしいし、自分ももしもの時は生活保護に頼れば良いのかな?とも思います。

仕方が無く、生活保護を受けている人は大変だろうけど、問題は自分勝手や怠けて働かない人の生活保護、それと、生活保護で利益を出そうとする人。

そんな人がいるから、仕方が無く生活保護を受けている人が大変な思いをするんです。

生活保護の予算も限られているんだから、受給する人が増えると金額も下がる。

今後、更に増えるともっと下がると考えます。

金額が下がるだけならまだ良いのかも知れませんが、この先、生活保護が現物支給になったり、電子マネーのような限られたとこでしか使えないものになったり、マイクロチップで管理される事になったりするかも知れません。

そうなってでも払える人が年金を払わないと考える人がいるのかどうか?って事です。

ただ、マイクロチップで管理は生活保護に限らないかも知れませんけどね。

年金を払わないと損だと言うのはこれだけではありません。

まだまだあります。

例えば、体に何か問題があった時。

この時に年金を払っていれば色んなサービスを受ける事が出来るんです。

例えば病気や事故で障害がある場合。

年金を払って無い人よりも手厚くサービスが受けられます。

もちろん、国は国民の生命を守ると言う意味では年金を払っていない人も何かしら受け取る事が出来ますが、年金を払っていない人とは差があるんです。

そして、年金を受給する前に死亡する事があっても、家族が一時金を受け取ると言う事も出来ます。

単純に言うと年金を払っていれば民間の生命保険に入っていなくても良いかも知れないと言う事です。

年金払わないのに生命保険に入っている人はほとんどいないとは思いますけど。

さらに、年金を払えば、税金の控除も受けられるので支払う税金も減ります。

そして、払わない人が損している部分で言うと、年金って赤字だって言いますよね?

その補てん分て何処から出てくると思います?

もちろんみんなで支払う税金からですよね?

年金を払って無い人も払ってる人も払う税金。

まぁ、所得税を脱税している人はそれも払って無いよと言うかも知れませんけど。

でも、払う税金は所得税だけで無く、消費税や酒税やタバコ税、他にもお金を使えば何か税金を払っているもんです。

その消費税も10%になるなんて言いますよね?

年金の足りない部分はその税金から補てんされる訳なんです。

ですので、何十年も払い続けた税金も年金に使われていると言う訳。

その還元される税金は年金を払わない人には還元されません。

もちろん、生活保護で還元されると言う考え方もありますが、それもいつまで続く事やら。




そう思うと言う理由は・・・ちょと前置きが長いですけど、ここからが年金がもらえなくなると言う事が無い理由になります。

年金は無くならない、生活保護はどうなるか分からないと言う理由です。

それは、年金は国の収入源、生活保護は収入源にならないと言う事。

もし、年金が無くなると、月間一人何万円も支払う高額な国の収入源が無くなります。

年金が無くなっても、国民をが生活するのに国が補償すると言うのは変わらない。

そうなれば、収入源が無くなって支出だけが残ると言う事になるので、そんな事は有り得ないんです。

年金の受給額が下がるのにも限界があります。

支払いよりも明らかに受給額が減るとなると、年金を納める人が減りますので、大幅な減額はされないと考えます。

そして先程も書いていますように、年金を払っている人は多数派。

選挙で年金を辞めると言う議員はほとんど当選しません。

そう考えると、日本が存在する限り年金は無くならないものだと言う事が分かります。

都市伝説での予言なんかで、終末説や未来では日本が無くなるなんて話がありますが、年金が無くなると言うのはそれに等しいレベル、都市伝説レベルなんだと言う事が分かるかと思います。

ノストラダムスの大予言で1999年に人類が滅亡するつもりで生活していたと言うのと同じレベルの事ですね。

ただ、注意したいのは、受給年齢が上がると言う事になります。

今の50代くらいがギリギリで、40代では確実に受給年齢は70歳は超えるでしょう。

もうすでに私は年金を70歳からもらうように考えて、民間の保険の年金が60歳から70歳までもらえるようにと準備をしています。

みんなの生命保険アドバイザー

さらに、60歳、70歳になって体を動かすのが厳しい状況でも収入が得られるように準備もしています。

そこまでしてやっと将来の不安が軽減されるんだと思っています。

みなさんは年金が無くなる可能性はどう思いますか?

もし、年金払って無いと言う人がいればよく考えてみて下さい。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。

世の中の仕組みと人生のデザイン




ついに人類の起源が証明されるのか?火星の湖について



地球温暖化よりも重要な氷河期の到来、それはすでに・・・


地球温暖化よりも重要な氷河期の到来、それはすでに・・・




今年の夏は暑いですよね~

急に暑くなったような気がします。

この気温の変化の差も体には負担になり、熱中症になってしまった人も多いようですね。

ある程度、体が慣れれば暑さにも耐える事が出来ると思います。

急に暑くなるから熱中症になりやすい。

暑くなり始めには気を付けましょう。

こう、暑い日は続くと、野菜なんかの値段が上がる。

値段が少し上がったなぁ~と言う程度なら良いですが、日本の気候に合わなくなった野菜が栽培出来ないとかってなると、食料の問題にもなってしまいますね。

ただ、その辺は農家の人の方がよく考えているようで、暑さに強い植物を育てると言う取り組みも進んでいるらしいです。

昔は北海道で米をつくるなんて難しいだろうなんて思っていましたけど、今の北海道では米も他の野菜もつくるようになり、気温に変化があれば、人間はそれなりに知恵を絞ってその気候環境に合わせて行く事が出来ます。

最近の日本は異常気象だと言うより気候が変わったって言われませんか?

日本の気候は基本的には四季のある温帯気候であるが、ここ最近の状況を見ると亜熱帯に近い気候になって来ているように感じます。

この気温の状況は温室効果ガスによって地球が温暖化しているなんて言われますが、理由はそれだけでしょうか?

確かに、地球の気温は上昇しているらしいですけどね。

産業の発達により、温室効果ガスが大量に排出されており、それを問題と考える国々ではその温室効果ガスを減らそうと努力しようとしている。




ですが、その温室効果ガスを多く排出している国は米国と中国。

1番多い国が中国で2番が米国

日本が5番目

中国は日本の8倍

米国は日本の4倍

1位の中国は飛び抜けて排出量が多い。

まぁ人口で考えるとそうでも無いかも知れないけど、それで言うと米国の方が多いかも知れませんね。

問題はこの温室効果ガスを減らそうとする協定、パリ協定。

パリ協定にはこの上位2か国が入っていない。

そんな事では温室効果ガスを減らすなんて出来ないし、日本では中国から飛来するPM2.5の問題もある。

日本にとっては特に中国の大気汚染の方が問題である。

ただ、今の日本の夏が暑いのはこの温室効果ガスによるものだろうか?

そうではないか?とは考えられますが、それだけが理由かどうかは分からない。

今、地球で起こってる問題。

それは、人間が排出している温室効果ガスなんてどうでもよくなるレベルの事。

地軸のポールシフト。

以前もお話した事があるかと思いますが、この日本の暑さはポールシフトの影響なのかも知れません。

もちろん、地軸が傾いて日本が赤道に近くなれば暑くなるのかも知れない。

しかし、それだけでは無く、例えば海流の変化、風の流れ方の変化で気温が高くなっていると言う事も考えられる。

地球の温暖化で北極の氷が溶ける、南極の氷が溶けるなんて言いますが、実は溶ける時期があれば増える時期もあるし、溶ける場所もあれば増える場所もある。

テレビ等のメディアでは地球が温暖化していると人々を煽ってるような情報が多いが、それは偏った情報なのかも知れない。

そして南極、北極の氷が全て溶ければ海面が1m程上昇するなんて言いますが、そんな事にはならないし、海面が1m上昇してもそれなりに対応は出来そうな気がします。

と、そんな風に地球では人間の活動による影響で温暖化をして問題にしていますが、温暖化がそれだけ重要なのでしょうか?

実は、温室効果ガスによる地球温暖化はそれ程問題では無い。

それを知っていて、パリ協定に中国、米国は参加していないのかも知れません。

そんな事にお金を掛けるのは無駄な事だと分かっているのかも知れません。

ただ、空気がPM2.5なんかでは汚れないようにはしてもらいたいとは思いますけどね。




では温室効果ガス以外の問題って何?

そう言う疑問が出て来ると思います。

先程のポールシフトも問題です。

それに加えて問題なのが、氷河期問題。

氷河期はいつ来るのか?って思っている人もいるかと思いますし、この記事を読んでいる人ならば近々やって来るみたいだけどいつからかな?ってそんなとこじゃないでしょうか?

ですが、実は氷河期にはもう突入しているようなんです。

本格的な氷河期と言うとまだ先かも知れませんが、ミニ氷河期には突入しているようなんです。

それはいつからの事か?

ミニ氷河期に突入したのは2015年頃からって言われています。

2015年頃って本当は太陽の活動が活発な時期らしい。

今までの活動周期で言うとね。

しかし、2015年の太陽は活動が沈静化している。

太陽に活動がどうなのか?と調べる時に判断材料の一つとして黒点の数を観測するらしいにですが、2015年から今までずっと黒点の数が少ない。

黒点が0個になる日が何日も何十日も続く事も多いらしい。

この事から、氷河期に突入しているんだと言われているんです。

なんで氷河期なのにこれだけ暑いの?と言われそうですが、それは地域的な事かも知れないし、温室効果ガスにおかげで寒くないにかも知れないし、ポールシフトの影響かも知れない。

みなさん、この間の冬の事忘れてません?東京等での積雪。

まだ、今はミニ氷河期なんだって~って言う程度ですが、このまま本格的な氷河期に突入してしまうと大変な事になってしまいます。

少しずつ冷えて行くだろうし、少しずつ対策をして・・って考えたくなりますが、氷河期が本格的にやって来るとゆっくり対策をするなんて時間は無いなんて言われます。

今日30度だと思ったら明日は20度で次に日は10度、1週間もすれば氷点下20度だなんてね。

実際はどうなるか分かりませんけどね。

このまま温暖化が続けば、100年後の夏には気温45度の日がやって来る心配だと言う事をメディアなんかでやってますが、氷点下の日が続くよりはそんな日になる方がまだマシなんだと思います。

そして、100年後には氷河期になってるかも知れないし、氷河期に向かってミニ氷河期がサイクル的にやって来ているかも知れない。

逆にそんな事を考えると温室効果ガスを排出して気温を保つ事を考えた方が良いのかも知れません。

それが分かっての中国、アメリカの協定不参加なのかも知れませんね。

でも、そんな事を考えて温室効果ガスを排出して気温をあげて氷河期が来なかったらと言う事も考えられます。

ノストラダムスの大予言で地球が滅亡するならと考えているのとよく似てるかな?

氷河期を耐える方法として温室効果ガスと言う考えでは無く、違う方法で考えて行きたいものです。

温室効果ガス対策でお金を掛けていないなら他の方法で氷河期を耐える事が出来るような開発をして欲しいと思います。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




テレポートをすれば地球の過去を見る事が出来る



世界各地にピラミッドがある理由とは?思い付き都市伝説


三大義務の義務教育とは何か?それは洗脳である。




高校教育無償化っていつからだったっけ?まぁいいか、重要な事では無いし。

皆さんは気がついています?

教育と言う事は洗脳だと言う事を。

そりゃ算数で1+1=2を教えているとか、漢字を教えているとかだと教育と言う事で良いかと思います。

ですが、社会とか道徳とかって言うのは明らかに洗脳になるんです。

よく教科書問題って言いますよね?

この島はどこの島なのか?って。

そうなんです。

国によって違うんですよ、答えが。

他に言うと、理科で習いそうな事でもあります。

例えば進化論。

これは考え方なので教えるべきでは無い事。

だって分からないでしょ?

見て来て無いから。

歴史だってそう。

近代の事だと、何かに記録しているものを伝えているのだからまだ良いけど、昔の文献からこうだああだって言うのは本当かどうかって解らないでしょ?

昔の人が小説気分で物語を書いたのかも知れないし、壁画なんか今の人がアートだって自由に書いたものがあるように当時の人が書いたかも知れない。

歴史なんかを教えるなんてダメなんです。

教えるなら近代で明確に分かっている事。

それより昔の歴史は、こう言う資料があるけど、どう思う?という風に個人で考えさせる事が教育になると思います。

道徳だってそう。

ちょっと話がそれますが、同和問題ってあるでしょ?

あれってハッキリ言って学校で教えてもらうまで知らない事だったし、今までの経験でリアルにそんな事を感じた事が無い。

教えなければ知らない事。

そんな事を率先して教えることなのか?と当時から疑問に思っています。

単純に自分がされると嫌な事を他人にもしてはいけないと教える程度で良いのでは無いか?って思います。

目には目を歯には歯をって事です。

今の教育は、特に日本の事・・・韓国や中国もそうかも知れない。

教育=押し付け洗脳のように思います。

これはこうと決まってるからこう考えなさいとね。

テストなんかが分かりやすい。

決まった問題に決まった答え。

もう考え方はこうだと決められているんです。

そんな日本で天才なんてなかなか生まれないですよホント。

YouTubeで時々見る小学生の珍回答。

あれはいつもすごいなぁと感心させられます。

洗脳教育が未熟だからそんな回答が出来るんです。

本当はみんなそれぞれ自由な考え方が出来るはずなんです。

でも、救われる事があります。

少し前に見た動画なんですが、その珍回答に丸をつける先生がいたこと。

本当は決まった回答でないと丸を付けられないのかも知れませんが、そこで丸をつけた先生が素晴らしい。

そう思いました。

用意された答えだけが正解だと決めつける事こそ洗脳。

他の答えでも正解はあるかも知れないんです。

教えると言う事は他の考え方の障害になる場合があるんです。

もっと自由な発想、自由な考え方を尊重するような教育でなければならない。

日本人は学校が嫌いだと言う人が多いのはそれが理由なのかも知れないですね。

私が教育するとしたら、もっと自由にさせたい。

例えば、漢字が読みたいと言う人には漢字を教えるし、算数が知りたいと言う人には算数を教える。

歴史に興味があると言う人には、こんな文献があるよとか、生物に興味があれば今分かってる事を教える。

正直、今学校で決められた事を教える意味があるのか?って思いますね。

どうかな~?小学2年生くらいまで、算数の掛け算割り算が出来る程度までの教育で良いように思います。

後は、討論会みたいなものを毎日行った方が私は良いと思います。

その時に先生が司会をする・・・司会も生徒の方が良いかも知れない。

先生はどちらかと言うと有識者として参加して欲しいかな。

そんな授業が出来るだけようになれば、生徒自ら学ぼうとすると思うし、学ぼうとしない人は他の分野で学ぼうとするのでは無いかな?と思います。

でも、こう考えるのは今だからです。

今は何かを調べようと思えばネットで調べる事が簡単です。

昔は、そんな環境ではなかったのですから仕方がない事。

ただ、問題は年配の人は今までそれで来れたんだからそのままで良いと言う人が多い事。

そんな人が教育しても考え方が古い、昔の教育。

以前もお話しましたけど、昔は10年一昔なんて言いました。

けども今は3年一昔だと私は思っています。

もう、3年前の考え方では通用しない。

そんな決まった教育が必要ですか?って思うんです。




今のところ、高校の教育が無償化していますが、高校でも特に公立では国がの考え方で教育されます。

その方が国にとっても都合が良いし、他の権力者にとっても都合が良いんです。

99.99%の日本人が知らない事って話で、とあるYouTubeで話題になった動画でありますが、日本人が働いて利益を出しても、海外の投資家にその利益が行くという話。

海外の人から見れば美味しい投資話に投資をすると言うだけ。

海外では学校で投資の勉強もするらしいですしね。

日本の義務教育で有りますか?投資の授業。

海外に利益が行くのを不満に思う人がいますが、文句があるなら自分が投資をすれば良いんです。

昔は金持ちしか投資出来ないって感じですが、今は違う。

1000円もあれば投資は出来る。やろうとすれば100円でも、もしかすると1円でも出来るかも?

そう出来るのだけど、教育を受けてないから分からないんです。

私も、投資するようになったのは遅かった。

もっと早くに投資が出来ればなんて思います。

何かの陰謀で日本人の利益が海外に行くと言いますが、それは日本自身の陰謀なんです。

そんな教育しないから。

なんだかんだって、今成功している人ってほとんどが投資していますよって事。

国の教育から離れてね。

よーく考えてみて。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




世界各地にピラミッドがある理由とは?思い付き都市伝説

クレジット審査なし!法人ガソリンカード

未来から来たジイさんの2018年12月9日東海沖地震の予言について


日本人の99.99%が知らない?世界のモルモット?日本




モルモットって、言うと可愛らしいペットと言う反面、生物の実験に使われる代表的な動物と言うイメージがあります。

それと同じように日本人も、世界中の人にかわいがわれているような感じがある反面、実験に使われているんでは無いか?と考える事があります。

それは何故かと言うと、やはり第二次世界大戦時の原爆投下。

後にも先にも原爆が投下されたのは日本だけ、しかも、当時の戦争では日本対世界中と言う訳でも無く他にも敵対していた国もあったはず。

なのに日本だけなんです。

この後、原爆が実践で使われないのも、日本でどんな事があったか分かったからなんだと思います。

でも、この時の事だけ言って実験台にされていると言っている訳ではありません。

その後の日本で起きた大きな地震。

阪神淡路大震災や東日本大震災、そして熊本地震。

この地震は人工地震では無いか?と言う噂も多いですよね?

そしてその地震による波形が通常とは異なると言う理由でそう考えられるらしいです。

私は単純に、この事でもしかして日本は実験台なんじゃ?とは思いつつ。

まさかね、と考えながら、

「日本」

「モルモット」

でググってみる事にしました。

すると、同じような考えの記事が出てくる出て来る。

その証拠に・・・と色んな話。

原爆投下なんて当たり前、他には福島の原発事故や水俣病の公害等が色んな理由からモルモットだと訴えている記事が多数。

普通に考えると、

「動物の名前」

「日本」

のキーワードでググると日本に生息している種類とかが出てきたり、日本にいない種類の動物だと見る事の出来る動物園等の施設が出てきたりするもんです。

まぁ、今回の場合は、そうはならないとは思っていましたけどね。

モルモットは可愛らしい動物と言う反面、実験に使われると言う事で、素直に日本でのモルモット実験の結果とか、そんな事が出て来ると予想していたんです。

ですが、ググってみると、日本がモルモットのように実験台になってると言う記事が上位に多数。

これは驚き。

少し前に話題になっていたYouTubeのアシタノワダイの「日本人が99.99%知らない事」と言う動画の内容を見ても、そう考えられるような過激な内容があったように記憶に残っています。

この、日本人はモルモット状態と言うのは、恐らく日本の上層部は知っている事なのでは無いか?と考えました。

そうじゃ無いと、出来ない事が多い。

公害の事でもそうです、有害物質を人間が取り込むとどうなるかの実験。

公害問題では、公害を起こした企業を訴えますけど、国も訴えられますよね。

国がしっかりしていれば起こらなかった事だと。

そうなんです。

ダメと分かっていて、問題になるまで放置しているのです。

他に言うと、海外で利用されないワクチンや薬が日本では認可され使用されている。

例えば、インフルエンザの時によく処方されるタミフル。

問題が多いですよね?

タミフルとその問題は関係性が不明だと言いますが、どうなんでしょう?

どうやらこのタミフルの7割程が日本で消費されていると言うんです。

食品添加物の話でもそうで、今まで普通に使えていた物が急に使えなくなったなんて事が良くあります。

これは実際に使っていて問題があるのが分かったから、実験で結果が分かったからもう使わなくて良いと言う理由かもです。

食品添加物を扱っていた人がこんな事を言っていたような気がします。

「この添加物は安全かどうかなんて分かりません、例えばネズミで実験したから人間も同じだ。なんて言えませんから」

まぁ、セリフとしては違うと思いますが、内容としてはこんな感じ。

実際分からないんです。

分からないから人間で試すんですよね。

他には、少し前に実行されたオーム真理教の処刑関連のニュースがありましたが、この事件で使用されたサリンを使ったテロ。

これも、実は他国とオームで関係があったなんて言われています。

このテロも実験だったのかも知れません。

福島の原発事故でもそう。

確かそれ以前に人が受ける放射線の量は年間1ミリシーベルトと言われていたのに、何故か年間100ミリシーベルトまでと言われるようになった。

これは誤解で年間1ミリシーベルトで生涯で100ミリシーベルトと言う事らしい。

公な発表でも、報道でも誤解させるような発言が多いですよね。

これも実は実験だったのでは無いかと考えている人もいるようです。

なんだかんだで、技術が進んでいるとかなんとかって日本は良い国のように表向きには思われますが、そのような実験を受けた人達が、その教訓を活かして、その後は困った事にならないように色んな物を自力で開発しているだけなのかも知れません。




よく、海外で危機の管理をしている人がいますよね?

そんな人が日本の現状を見て、危機管理がなってないってよく言われているかと思います。

治安が良いからだと思いそうですが、実はそうでは無く国や組織がそう思わせないようにしているのかも知れません。

色んな実験がしやすいように?

まぁ、ちょっと考え過ぎかも知れませんけどね。

薬や食品添加物でも、逆に海外で使えて日本で使えないものもありますし、人工地震なんて都市伝説で、自然の周期で起こった事だろうし。

噂では、実験に関わったのは、あの有名な、〇〇ーメイソンだとか〇〇チャイルドだとかって事も聞きます。

ありがちな都市伝説的な内容だとは思いますが、都市伝説ではこの辺がよく出て来ますよね。

しかし、もしかすると?って事もあるかも知れません。

結構過激な内容なので、こちらでは詳しくはお話しませんが、それぞれの事が気になる方は

「日本」

「モルモット」

でググってみて下さい。

ググって

「モルモットの飼い方」「日本で飼えるモルモット」

とかが出て来ると平和で良いんですけどね。

これも日本人が99.99%が知らない話でしょうかね?

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




地震予知?昨晩見たちょっと考えさせる夢日記

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

米国が隠しているUFO、宇宙人研究って本当か?