2019年統一地方選挙、気になるNHKから国民を守る党




NHKに不満のある私、今回の選挙は気になるところ。

今回はこのブログで分かった事をお伝えしたいと思います。

当選結果

苫小牧市 觸澤 高秀 当選

高崎市 小島 糾史

宇都宮市 遠藤 信一 当選

川口市 塩田 和久 当選

川越市 福中 輝信 

所沢市 神谷 幸太郎

習志野市 宮城 壮一 当選

市川市 佐直 友樹 当選

船橋市 小川 友樹 当選

鎌ヶ谷市 杉山 和春

流山市 大野 富生 当選

中央区 二瓶 文徳 当選

品川区 國場 雄大 当選

豊島区 沓澤 亮治 当選

荒川区 夏目 亜季 当選

文京区 野口 健太郎 当選

千代田区 牧原 慶一郎 

中野区 竹村 明広 当選

練馬区 松田 亘 当選

新宿区 松田 美樹 当選

板橋区 近藤 秀人 当選

渋谷区 金子 快之 当選

大田区 植田 智一 当選

墨田区 神足 重治 当選

江東区 二瓶 文隆 当選

目黒区 川端 慎二 当選

北区 光木 慎太郎 当選

杉並区 佐々木 千夏 当選

世田谷区 栗原 博之 当選

港区 大須賀 優

江戸川区 山口 正樹




狛江市 岡本 介伸

三鷹市 山本 貴平

東久留米市 大山 智

八王子市 若林 修 当選

横須賀市 石岡 隆治

豊中市 前田 高志

四条畷市 札谷 茂樹

高槻市 高谷 仁

伊丹市 田中 邦明

西宮市 河本 圭司 当選

宝塚市 原 博義

姫路市 嶋谷 昌美 

鈴鹿市 中野 豊

太田市 町田 紀光

吹田市 松本 ひろゆき

投票結果が出そろいました。

46の候補者の中から26人が当選!

おめでとうございます。

党首、立花孝志氏の予想では24議席の獲得。

目標は30議席だそうなので、ほぼ予想通りの結果に。

26議席の獲得により、目標の30議席には届かないものの、予想の24議席を超える当選となりました。

今回残念ながら、当選出来なかった方の多くは参議院選挙に挑戦予定と言う事らしいです。

国会議員でもNHKから国民を守る党から当選者が出ると良いですね。

今回の選挙で明らかに力を付けたNHKから国民を守る党。

話題になる機会、活動を目にする機会が増えて、国民は、NHKはどう考えて行くのか?って感じですね。

これからもNHKから国民を守る党の躍進に期待しています。




ワンセグ視聴でNHKとの受信料義務、最高裁判決

レオパレスNHK受信料、最高裁判決について




今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感



NHKはもう不要、このまま法律が変わらずが希望




NHKの受信料裁判、NHKの致命的な敗訴。



NHK受信料問題でよく分かる、情報弱者、負け組


最近の値上げラッシュ、でも逆に出費が減ってるかも?




最近、食品の値上げが続いていると言う話題を耳にしますね。

乳製品が上がったとか、ペットボトル入りのジュース、インスタントラーメンなんかが上がったとか上がるとか。

そうそう、ペットボトル入りのジュースって言うけど、本当にジュースの中にペットボトルが入っているとウケるかな?

日本語って難しいよね(笑)

他にも調べれば色んな物が値上がりしていて大変。

加工品が値上がりしてるけど、今は野菜なんかが安く買えていて助かります。

独り暮らしだと野菜を買っても食べきれないなんて事もありますが、最近は漬物にしたりするので結構良い感じに消費出来ています。

タッパーに大根とか白菜とか安く買って来た物を切って入れて塩と砂糖とお酢とみりんなんかを入れて漬けておけばいつでも簡単に食べれるおつまみに。

以前はおつまみにと1品、2品とすぐに食べれる物を買っていたのでかなり安上がり。

塩、砂糖、酢、そしてみりんと書きましたがみりん風調味料なのでどれもそれ程高い物でも無いし、大根を1本、白菜を1玉とかでも100円とかだしね。

半分なら50円程度だったりもするし。

いつまで野菜が安いかは分かりませんけどね。

単純に買う物を買えて安く節約と言う事もありますが、それは今までも同じ。

今回はそう言う事じゃ無くて最近のキャッシュレスキャンペーンで出費が減ってると感じていると言う話です。




クレジットカードを使って節約と言うのは前からありますが、今は電子マネーの競争が激しい。

電子マネーと言ってもスマホ決済の事なんですけど、キャンペーンで話題になったものと言えばpaypayがありますよね。

100億円キャンペーンとかで20%還元(YahooJapanカード利用、他クレジットは10%)

10人に1人全額還元(最大1000円)

そんなキャンペーンをやっていますよね。

他にもd払いで20%ポイント還元であったりLINEpayでも同等のキャンペーンをやっていたりと。

私が利用しているのは基本paypayですね。

少し前には全額還元が当たりました。

しかし、節約を心掛けているので少額でちょっと残念。

分かっていれば買うかどうか悩んだ物も買ったのにね。

悩むならやめておこうと言う事が多いのでそうなります。

まぁ、得は得なので良かったかと。




d払いも状況によっては利用しようと思うのですが、私が行くお店では基本d払いが使えるお店ではpaypayが使えるのでpaypayを利用します。

それは20%の還元があったからなんですが、少し前3月31日まではd払いも同じ20%還元。

でも、基本はやはりpaypay。

それは何故かと言うと、還元の方法が違うからなんです。

d払いはポイントで還元に対しpaypayはpaypay残高で還元。

つまりpaypayは電子マネーで還元される。

d払いはdポイントで還元されて、そのポイントを利用してもポイントにポイントは付与されない。

しかし、paypayはpaypay残高で還元されますので、そのpaypay残高の利用時にまた還元される。

例えば同じタイミングで20%還元のキャンペーンをしていたとして、paypayだと

5000円使って1000円還元

その1000円を使って200円還元

200を使って40円、40円使って8円、8円使って1円。

つまり5000円が6249円として使えると言う訳ですよね。

約25%還元されると言う事になります。

しかし、d払いだとポイントにポイントは付与されませんから5000円が6000円分になるだけ、しかも期間限定ポイント。

それでも、お得なんですけどね。

ただ、d払いの3月のキャンペーンで、1000円以上使うと1000ポイント還元されるので、それはきっちり利用させていただきました。(4月も開催中かな?)

ちなみにpaypayは利用登録するだけで500円分のpaypay残高をもらえますので、それだけでも625円くらい得出来ると言う事ですよね。




しかし、4月に入って少しキャンペーン競争も落ち着いて来たような気がします。

paypayはまだキャンペーンが続いていますので、まだしばらくは利用させてもらおうかと思います。

キャンペーンが終わるか、キャンペーンでの付与上限50000円に到達すれば貯まったdポイント利用に切り替えと言う感じでしょうか。

普段行くお店で使える決済方法と、自分が利用出来る決済方法で最も得出来る方法を考えて支払いをしていれば、値上げラッシュの値上げ以上出費は減るなぁと思ったと言う訳です。

ただ、このキャンペーンラッシュもいつまで続くか分からないし、10月に消費税も上がる

もう中止や延期をすると言う判断はされない時期に入っていると思います。

今の物価高とのダブルパンチでかなりの値上げになるかと思います。

収入は増えないのにね。

消費税アップでポイント還元の話がありますが、それは限定的な事。

還元される場所も期間も限定。

以前もお話しましたが、消費税が2%上がると値段は5%以上の上昇になります

5%還元では厳しいのです。

何故そんなに上がるのかと言うと、商品が流通する度に消費税がかかるからなんです。

2%上昇した時に製造元が問屋さんに出荷したら2%、問屋さんから小売店に納品して2%、それを消費者が買う時に2%と言う具合になるからです。

ポイント還元は中小企業でしょ?

中小企業は問屋さんを通す事が多いでしょ?

そう言うところは大企業よりも値段が上がる。

大企業は製造元から直接買うのでその分払う消費税が少ない。

なので安く売れる。

結局ポイント還元があっても無くても同じように出費は増える訳です。




さて、どうですか?キャッシュレス決済等のキャンペーンを使っていますか?

キャッシュレスのお得を利用していても結局厳しくなりますよね?

でも、いつまでも現金主義の人はどうなんでしょうか?

例えば私が今まで100円なのに値上げで120円になってる、けど、還元があるから110円くらいかぁと言うのに対し、現金の方はそのまま120円での購入ですよね。

その積み重ねは大きな差になると思うんです。

しかも、利用出来るものを利用すれば良いだけなのにと言う事です。

出来る事をしないで物価が上がったと文句を言うのはおかしいと私は思います。

利用出来るものはしっかりと利用して、分からない事は分かる人に聞いて見て下さい。

この記事を読んでいる方なら分からないと言う事は無いかと思いますけどね。

と、言う訳で物価が上がってもその影響は少なく済むよねと言う話でした。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




早めにキャッシュレス、クレジットカード利用でお得は増加

やっぱりpaypayを使う事に決めました。


2019年5月1日から新元号「令和」元年スタートしますね。




4月1日11時40分頃、菅官房長官から新元号が発表されましたね。

その新元号は

「令和」

やはり多くの人が予想したものでは無い元号が発表されましたね。

私が最初予想したのは去年の5月頃だったかな?

ブログでお話していました

「永光」

とかどう?

みたいな感じ。

しかし、その後の情報でそれは無いと言う事は感じました。

発表の少し前3日位前かな?

ジャガー横田さんの旦那さんでお医者さんの方が入手した情報と同じ。

ブログで情報入手「永光」と発表されていましたね。

もし、本当に「永光」が選ばれていて、このブログの情報が正解でその影響で変更されたと言うなら惜しかったと言う事になりますね。

まぁ、全くなデマ情報だったんでしょうけど。

4月1日に発表で、この日から元号が変わるって勘違いしてた人が多いて聞きますけど、どんなけいい加減な情報やねん!って・・・ねぇ。

そんな事を思いましたけど、そこは関心の度合いでしょう。

それほど関心が無ければそんなもの。

正直、勘違いしていた人が知っていて私が知らない事も多いでしょうし、そこは間違わないように気をつけて!と言う程度で。

勘違いとはまた違う話でしょうけど、新元号に絡めての詐欺とかもあるようで、騙されないようにね。

で、永光は無いと考えて独自で考えたのは「仁阜」とか「永阜」とかってね。

以前どこかでで知った「阜」と言う字

水曜のダウンタウンだったか、違う番組だったかで「阜」は「岐阜」以外で使われていないと言う話。

なら、もっと使われる用にと「阜」を使った元号を予想して。

ですがもちろん外れ。

この後は何か予言めいた事、例えば予知夢でも見たらブログに書くかYouTubeでしゃべるかって思ってましたがそれも無く。

本当に全く予想していなかった、かすりもしなかった「令和」が選ばれていた訳です。




もう「和」を使ってる時点で外れ。

明治、大正、昭和、平成

「明」「治」「大」「正」「昭」「和」「平」「成」

この8字は使われ無いと思ってたのに、

まさかの「和」

もし、次を予想する事があれば、無いと言う考えては捨てないとね。

もちろん令和の「令」も全く考えなかったので、どっち道外れですけど。

新元号の発表を見て思ったのは、未来人はみな偽物か?って感じ。

ただ、歴史が変わるから言えないと言っていた人もいるし、言ってしまうと歴史が変わると言っていたので、結局はわかりませんがね。

この新元号の発表の後、「令和」と言う文字について検索してみた。

俗用されていないものが選ばれると言う事でしたのでね。

人の名前で「令和」と言う人は結構多いのだそう

しかし、新元号は「令和」と書いて「れいわ」と読む。

「平成」の時も「平成」と言う村があった。

しかしその読みは「へなり」

「へなり村」

ですので平成と言うのは俗用されていないものと判断された。

今回も調べてみると「令和」は多い。

しかし、使われているのは個人の名前が多く、「令和」と書いて

「よしかず」や「のりかず」等。

話題になっている芸人のメイプル超合金カズレーザーの名前は

「和令」で「かずのり」

話題にはなるものの新元号の「れいわ」ではない。

と、言う事で、読みで考えると俗用されていないのかな?とは思う。




そしてもう一つ話題になっていたのが、アルファベットの頭文字。

「R」かな?もしかして「L」?なんて思ったが、普通に考えると「R」

頭文字が「R」になると言う事で、即「令和18年」が話題に

「R18」・・・18禁・・・みたいな

次の令和も30年は超える気がしますので、このまま行けばこの時期は訪れるでしょう。

しかし、この頃にはR18も違う表現になる事に期待しています。

これは単に理想ですけど。

なんか令和18年とR18を混同される時代を見たく無いのでね。

しかし、発表後はお祭り騒ぎになってると言う感じがして、令和まんじゅうやら令和Tシャツやらが販売されてビジネスチャンスって感じなんだけど、これから何十年もある令和にそんなに踊らされてどうなん?って思いますね。

新元号が発表されても生活はそれほど変わらない。

私は昭和産まれで昭和、平成、令和と生きていく訳ですけど、まだまだ元気。

明治、大正、昭和、又は、大正、昭和、平成と3つの時代を生きていた人は凄いなと思っていましたが、私も3つの時代、もしかすると4つ目、5つ目もいけたりしてなんて思いますね。

これから徐々に平成も一昔前と言われる時代になりますが、そんな昔の事を考えるでは無く、未来に向けて考えて行きたいものですね。

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




2019年5月からの新元号、平成の次は?再度考えてみた。



韓国の日本への対応、そろそろ日本の堪忍袋の緒も切れますよ!




三大義務の義務教育とは何か?それは洗脳である。



日本人の99.99%が知らない?世界のモルモット?日本


ワンセグ視聴でNHKとの受信料義務、最高裁判決




最高裁で判断?

ワンセグ視聴でNHKとの受信料契約が必要であると。

とうとうこの判決も出てしまいましたね。

ただ、今回の場合は上告審が棄却されたと言う内容。

ワンセグでテレビが見れるけど、ワンセグで受信料を払う必要は無いよね?って言う判断が出たと言うものだと私は思っています。

2017年の12月に最高裁で争われて負けたと言うようなレベルのものではない。

この時はテレビを持っているが、NHKを見るつもりが無いから契約しない。

そんな状況で無理やり契約なんてしなくて良いよね?

契約の自由はあるのだから。

と言う裁判だったと思います。

この判決でも納得は出来ないけど、テレビのように放送を受信する為の物では無い何か他の用途の物におまけでワンセグ機能が付いている物でこのような裁判を起こせばどうなるか?




今回の裁判はワンセグが見れる携帯持ってるぜと言っていての判断。

もし、NHKは見ないしそもそもテレビを見るでは無く携帯電話を携帯電話として利用するのみで購入したと主張をするような場合はどうか?

そんな裁判なら話が変わってくるのではないか?と思います。

もし、ワンセグでも受信料が必要ならワンセグを何処に持って行っていても、テレビを見るつもりで無くてもいつでも受信出来るようにする責任がNHKにあると言う事になるのでは無いかと言う風にも考えられるような気がします。

日本中何処に居ても見れるようにしなくてはならないと言う義務があるのですから。

そう考えると今回の判断もおかしいですけどね。

もう一つ言うと、テレビ放送を見ようとすると必ずNHKと受信料契約をしないといけないと言うのは独占禁止法に引っ掛からないのかな?と考えています。

テレビ放送と言うサービスを受ける場合はNHKにお金を払わないと言う選択が出来ない状況。

他の放送局の放送を見たいのにその放送局では無く強制的にNHKにお金を支払う。

これって利益を独占していませんか?って思います。

ちょっと違うかな?




他に考えるのは抱き合わせ商法にもなっていますよね?と言う事。

他の放送を見る為には抱き合わせとしてNHKにお金を払ってね。

と、そんな状態ですよね。

単純に考えて、今の受信料制度や判断はおかしな事だらけ。

スクランブル放送をすれば解決する事なのに何故しない?何故トラブルを好んでいるのか?

その事だけでも国民に対して不利益になっていると思っています。

今、通信で情報が多く得られる時代に何故ここまでNHKを必要としているのかが分かりません。

不利益を多く与えるNHKは今の体制のままだと存在そのものが憲法違反になっていくような気がしています。

国民の財産を守る義務がある国が、不利益を与えているかも知れないNHKをそのままにしていても良いのでしょうか?




今後、NHKの放送がネット配信をすると言う方向で進んでいるようです。

そうなるとパソコンを持っているだけで受信料契約の義務が強制的に発生するのでしょうか?

パソコンが普及した後から配信を始めて強制徴収とかおかし過ぎるでしょ?

今進んでいる予定では、アプリをダウンロードして利用したら受信料が必要になると言うが、それはおかしな話。

またおかしな事を言っていますよね。

今のテレビでNHKを見るつもりで無くても、いつでも見れる状況に置かれていれば受信料契約が必要だと言う話じゃなかったけ?

これはNHKさんが言っているんですよね?

で、さっきの話、パソコンやスマホでいつでもアプリをダウンロードすればNHKが見れる。

と、言う事はいつでも見れる状況だから受信料契約は必要ですよね。

なのにアプリをダウンロードしなければ契約は必要無いと言っているのは矛盾してますよね?

どっちなのよ?




もし、ダウンロードしなければ受信料契約が必要無いと言うのならばNHKを見るつもりでは無い全ての機器も同じようにしないとおかしいでしょ。

アンテナに接続しないから、普段家の中ではワンセグで視聴出来ないからとか、モニターとして使ってるだけだからとかでも契約は必要無いと思いますけどね。

これも結局スクランブル放送にすれば解決する話なのに。

他にも、数多くある役所や企業の車のカーナビのワンセグ。

TVの機能が付いていれば過去に遡ってNHKに支払いの義務が発生しますよね。

出ましたよね?2017年12月に最高裁の判断が。

契約していなければ時効の援用出来ないんでしたよね?

更に言うと、もし、裁判所で契約していないカーナビがあったりしたら、やっている事はかなり悪質。

契約は必要だと判断した人が分かってて契約していなかったと言う事になるのですからね。




ほんと、とことん国民を混乱させたいNHKと、おかしな司法。

次の選挙での最高裁判所裁判官国民審査制度による投票をどうするかと言うかどうなるのか?

今まで罷免された事は無いと言う事ですが、次は初の・・・

ネット民が増えるともしかするとそう言う事も起こってくるかも知れませんよね。

と、言う訳で今回はワンセグ裁判所の判決について少し愚痴らせていただきました。

もう、あまりNHKの事を言わないようにしていたんですけどね。

あまりにもちんぷんかんぷんな判断なので。

と、今回は愚痴もこの辺で。

ではまた。




[また詐欺?]あなたのApple IDがロックされ、中断されました。

また引っ掛かったか?Windowsセキュリティシステムが破損していますだってよw




レオパレスNHK受信料、最高裁判決について



今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感


消費増税するとキャッシュレスでポイント還元・・・やめて!




今年の10月から消費税が10%に

増税されれば対象のお店でのキャッシュレス決済をすればポイントで還元されると言う

これは既にかなり前から言われている話で知っている人も多いと思う。

しかし、このポイント還元も一定の期間でしか無い。

そして今からおよそ9ヶ月でそんなシステムが問題無く出来るのかも疑問です。

リーマンショック級の事態にでもならない限り予定では増税になると言うが、去年の年末の株の暴落と、1月3日のフラッシュ・クラッシュで為替の世界では大変な事になっている。

更に言えば、最近の日韓関係や米国の政府機関閉鎖が続く事態になっているし、今年は統一選挙もある。

そんな状態で本当に消費増税があるのか?

私はまた増税は見送りになるような気がします。

しかし、わずかにでも労働賃金が上がっていると言われる今にやってしまおうと言う事になるかも知れない。

今回の増税はもしかすると増税以外の事を狙ってるかも知れないので増税されるかも知れないし、増税が無くてもキャッシュレスでポイント還元を先行して進めるかも知れないなぁなんて事も思うんです。

なんで、増税が無くてもキャッシュレスでポイント還元をするのかって事なんですけど、これは人々のお金の流れをつかむ為と言う事。

お金の流れをつかむ事で不正を無くすと言う目的があるかも?って事です。




以前、マイナンバーカードってありましたよね、住民基本台帳カード、いわゆる住基カードって言うのもありました。

政府はどうにかして簡単に国民を管理したいと思っているんです。

都市伝説で言うと、国民一人一人にマイクロチップを埋め込んで管理しようとしているなんて話もありますよね。

住基カード、マイナンバー、キャッシュレス・・・とどんどんと完璧管理に近づけるべく進めているのです。

少し前にはポイントカード情報が警察に流れているなんて話もありましたし、情報は何処かに流れるもんなんです。

ポイントカード情報は犯罪の解決の為の情報提供と言う事なので、それのみに使われるのであれば良いかと思うし、先行してマイクロチップを犯罪歴があるような人に埋め込まれていると安心感は増すような気がします。

自分が悪い事をしなければ特に害は無いと思いますが、個人データを管理している機関のセキュリティに不信感がありますので、出来ればそんな事が無い方が良いとも思います。

でもまぁ、その辺は日本や先進国に住んでる以上避けられない事かも知れません。

そんな訳で、いかにも増税でと煽ってキャッシュレスを進めようとしていますが、目的はどっち何だろう?と考えているんですよね。

だからキャッシュレスはやめて!と言う話。

・・・

建前ではね。

でも、キャッシュレスは便利だし、自分が不正をしなければ基本問題無いし悪い事は無いのよね。

情報の不正流出以外はね。

今の日本は現金主義が多いですよね。

少し前paypayのキャッシュバックキャンペーンなんかで分かるように、明らかに現金よりもキャッシュレスの方がお得に買い物が出来る機会が多い。

毎月20日にTポイントでお支払いだと1.5倍得になるウエルシアのシステムもあります。

ウエルシアで買い物、毎月20日はTポイントでお得過ぎる!!

Tポイントも単に現金払いで支払いをするよりもキャッシュレスで支払いする方がポイントが貯まります。

等々、街のあちらこちら、もちろんネットでの支払いでもお得が盛りだくさんなんですよね。

私が現金主義からキャッシュレス主義に移行したタイミングもそれほど早い訳ではありませんが、結構なお得感は得ています。

そしてこれからも、お得が良いですよねやっぱり。

しかし、最近感じるのがキャッシュレスやポイントの状況を見ているとどんどんお得感が失われてるのが分かります。

クレジットカードだと以前還元率が2%程だったものが1%になったり、ポイントサイトでの報酬が半分、5分の1、10分の1になっていたり。

厳しい状況になってきています。

ポイントサイトの利用もお得がいっぱいですので、ご利用はお早めに・・・

今はまだ、少なくてもお得がありますが、国をあげてのキャッシュレスが進むとどうなるか?

もっとお得が減るのでは無いでしょうかね?

最近のpaypayのキャッシュバックキャンペーンのようなインパクトのある事が今でもあるようにまだ少しはあるかも知れませんが、キャッシュレスが落ち着いていくと銀行が合併していくようにキャッシュレスも合併なんかして減っていきキャンペーン合戦も落ち着いていくような気がします。

そうなれば、今までお得が多かったのにどんどんと少なくなってしまう。

今paypayのキャッシュバックキャンペーンをするように企業がお金を出して宣伝するのはなんでかと言うと、その企業の電子マネーを利用して欲しいからですよね。

現在他の電子マネーを使っている人にも使って欲しいと言う事もあるでしょうけど、今まで使っていなかった人にも使って欲しいと言う事もあります。

他のクレジットカードでも、入会すれば5000、8000ポイント還元!とかってお金をかけてでも入会人数を増やそうとしています。

もし、多くの人が銀行を利用するようになってきて金利がつかなくても利用し続けるように、キャッシュレスが当たり前になればどうなると思いますか?

私はポイント還元なんてほとんど無くなると思います。

だってキャッシュレスで決済出来ないと生活が困るような時代になると思うからです。

そんな時代に大きく進むのが、今回の国が進めるキャッシュレスだと私は考えるんです。

現金主義でお得が少ない人は多いままの方が良い。

知り合いにそんな話をすると「私達のお陰やで」って言われましたw

確かにそうで、現在主義の方ありがとうと言う状態が長く続けば良いなと言う事で今回はこの辺で。

ではまた。




話題のpaypay、利用してない人も大変な事になってるかもよ?



命を救う募金を無料でしよう!もしかすると大金ゲット!!

年金はもらえないかも?払うと損?は都市伝説!?




加速進化するAIと体内マイクロチップ技術、そして最後に・・・


2019年5月からの新元号、平成の次は?再度考えてみた。




以前、このブログでもお話していた事があったと思いますが、今年の4月30日で平成が終わり5月1日から新しい元号に変わる。

前にブログを書いていた時点では去年の夏頃に発表すると言っていたのですが、変更になり発表が4月1日になると言う事になりました。

去年の年末から何かある毎に平成最後の~とかって表現が多く、1月1日から元号が変わると思っていた人もいるようでしたね。

さてさて、改めて以前書いていたブログを見直して思ったなんですが自分で書いた事だけどちょっと違うかなって思って来たんです。

以前の新元号予想のブログはこちらを見ていただくとして。

2019年5月からの元号は何になるのか?予言、予想

当時に予想していた元号は「永光」だったのですが、これが違うかなって事。

それは何故かと言うと、元号を選ぶのに俗用されていないというのが条件にあるようで、永光だと会社名等々に使われているようで可能性が無さそうと言う事が分かりました。

平成が選ばれた時に、平成と言う言葉は使われておらず、平成村はありましたが読み方が「へなりむら」だそうで「へいせい」では無いと言う事で平成になったと言う事らしいです。

そう考えると「永光」は無いですね。

しかし、「えいこう」と読まず例えば「ながみつ」とかって読み方をすると0%では無いかも知れません。

「ながみつ」だと頭文字も「N」だし、他の読み方があるとすれば可能性が少しはあるかな?と思います。




しかし、以前のブログで最後に残った5つのうち自分が選んだ方では無い「文承」はどうかと考えると、少し調べた範囲では俗用されているかどうか確認が出来なかったレベル。

最後に残った「弘栄」も「弘徳」も「文弘」も俗用されてそうですし・・・

そう考えると「永光」や他の3つよりも「文承」の方が可能性が有りそうな気がしてきたんですよね。

以前の予想の最後の5択はハッキリと言う判断では無く、選ぶならこれかなって感じでしたので「文承」を否定と言うことでは無かったんです。

それならば、新元号の予想は「文承」としておいた方が可能性があるかなと言う事になりました。

今回、この記事を書く前に調べてみると、新元号は何か?と言うことでがネット上なんかでかなり話題になって来ていると言うことはが分かりました。

色んな人が予想していたり、予想をまとめていたり、色んな機関が予想ランキングを作っていたり。

でも、あまり予想されて話題になってると、その話題の元号にはならないだろうなって思いますよね。

そのようなサイトでも「永光」や「文承」なんかも結構話題に上がってきてるようですし、以前まだ予想してる人が少ない時にはあるかなと思ってたけど、だんだんとどちらも無い気がして来ました。

そもそも、この予想の元号はネットで未来人が言ってたとか、以前候補に上がってたとか情報元があったものですので、話題に上がっても仕方がないのかなとも思います。

そこで、今回は私もオリジナルで考えてみたいと思いました。

でも、考えてみようと思ってもそう簡単には思い付かないですよね。

思い付くのはやはり話題になってるようなものと同じ感じ。

ですがその思い付きで、他に使われていない俗用されていないものが選ばれると言う事でピンと来た字があります。

それが「」と言う漢字。

岐阜の阜ですよね。

この「阜」と言う字は岐阜以外にほぼ使われていないらしいと言う話があります。

そこで、この字を使えば今存在するものと被らないでしょうと単純に考えたんです。




岐阜と命名した織田信長も、国の名に使ったと言う事で、この字には良い意味があるのではと調べてみると確かに良い意味があるようです。

大きい、大きくなる、盛ん、盛んにする、多い、豊か、豊かにする等、元号に使うにも良いのではないかと思いました。

なので、次の元号にもこの字はどうでしょうか?と考えた分け与えです。

例えば、「永光」では無く「永阜」とかね。

他に「仁阜」とかどうでしょうか、「仁」も元号によく使われてる字で思いやりのある豊かな国にと言う意味で考えると良い感じがします。

読み方は「ジンフ」かな?「ニンフ」だと違う意味なりそうだしね。

妖精ニンフみたいなw

アルファベットの頭文字も「J」だし大丈夫でしょ。

今回は完全オリジナルで、他にこんな事を言ってる人もいないし、このブログを見る人も少ないし、完全一致した「永阜」や「仁阜」は無いにしても「阜」が使われる可能性はあるかも知れないと予想してみました。

コソッとここで書いてるくらいなら話題にならないので候補から外れる事も無いしどうでしょうからね?

新元号は話題に上がってる「文承」や「阜」が使われる事が予想と言う事で、まぁ当たらないと思うけど。

オリジナルで予想って難しいよね、何か夢にでも出て来ないかな?予知夢的な感じで。

そんな事があればまたブログ更新しないとね。

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




超古代文明アトランティスは何処に?本当に沈んでしまったのか?



未来人の話、現代人の予言をどう考えるのか?そして・・・。その1

死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・

堀江貴文のブログでは言えない話

日本壊滅!南海トラフ地震富士山噴火より怖い九州破局噴火

年金はもらえないかも?払うと損?は都市伝説!?




地球温暖化よりも重要な氷河期の到来、それはすでに・・・


韓国の日本への対応、そろそろ日本の堪忍袋の緒も切れますよ!




最近、韓国がおかしい。

最近おかしいと言うより、昔からおかしいけどそれが加速してると言う事か。

この話に関して個人的に色々と腹立つ事はありますが、今までは世間話で済ませる程度。

しかし、今の状況ではそれだけでは済まそうとは思えなくなって来ましたので、このブログで話をさせていただこうと思いました。

戦後補償で韓国には莫大な支援をしている日本。

もう戦争から70年以上経ち、その戦争を経験している人も少なくなり、戦争の話もよく分からないと言う人も多くなって来ています。

それでいつまで、韓国は日本対して戦争の事で償いを要求してくるつもりなんでしょうか?

日本にいる多くの人は、実際戦争には関係していないんですよ。

でも、昔の日本人がした事を戦争を知らない人達が反省して謙虚に考えています。

しかし、その謙虚さにつけこみ今の日本人に償いを要求するのはあまりにも非道だと思いませんか?

今まで謙虚にしてきたから次から次へと償いを要求してくるのでしょう?

言えば金を出すみたいな。

もう我慢の限界に近くなってきた日本の対応に、謙虚になれとはどういう事ですか?

韓国は日本をどう思っているのか?

家来とでも思ってるのか?

そもそも戦後、日本人は今の人では分からないぐらい働いていた。

その経済力で償いもした。

そしてその経済力のおかげで韓国も発展した。

今の韓国があるのは日本の支援による影響も大きい。

しかし、韓国は発展はしたが学習出来ていないようです。

韓国が日本にしている事を考えればよく分かります。




代表的なのは慰安婦の問題、竹島の不法占拠、徴用工の問題にレーダー照射の問題。

問題は多く、日本は解決しようと動くが、韓国は問題を作ろうと動いている。

それだけを考えてもやっている事がおかしい。

慰安婦の問題でも、戦後に補償は済んでいる。

それで韓国政府は納得済みのはず。

慰安婦の問題と言うが、戦時中は何処の国でも同じような事が起こっていました。

もちろん韓国も同じような過ちを犯しています。

しかし、その補償を求めるの韓国だけで補償をしたのも日本だけ。

他にもあるかも知れませんが、その辺りはちょっと勉強不足ですいません。

慰安婦については何処の国も反省するべき事であるのは間違いない。

そして竹島の問題では戦後、韓国は日本に侵略を反省するように求めながらも、日本の領土である竹島を侵略し竹島で4000人程の漁民を拘束し、暴行等を与えていて8人程が死亡している。

徴用工の問題でも、補償は行っており韓国との話し合いは解決している。

そもそも、この事については日本が直接徴用工の人達に補償しましょうか?と申し入れたところ韓国側から一括で支払いがあれば韓国政府が徴用工の人達へ補償すると言う事で、韓国の言う通りに従ったものである。

なのに、今になってやっぱり直接補償してくださいとはおかし話。

もしそうなら、当時支払った国家予算の2倍の額を返してもらって、そこから支払えば良い話である。

今返してもらうとすれば今の国家予算の2倍だから100兆円程ですね。

徴用工の人達に全て補償したとすれば2兆円程ですので98兆円程おつりが来ますね。

日本の補償や協力もあって成長したのだから当時の金額より増えてもおかしくはないでしょう。

そもそもそんなややこしい事をしなくても、最高裁判所での判決で支払いが発生すれば、補償を受け取っている韓国政府が支払えば良いだけなんです。

三権分立だと主張しているが、それは納得するとしてその支払いは補償を受け取っている韓国がすると言うのが当然の話だと思います。

もしも、そうでないと言うのならば、竹島を受けた人達も韓国に補償を求める事になる。

徴用工の問題と同じように、補償等をまだ求めていないのだから。

竹島の場合も国と国との約束で請求しない事になっているのですから。




最後にレーダー照射の問題ですが、これは話になりません。

日本は間違いなく証拠をもっているし、ありのままの情報を出しています。

しかし、韓国側は真実では無い事ばかりを言うので、発言する度に話が二転三転している。

そして、嘘で嘘を上塗りするように、おかしな動画を作りおかしな事ばかりを言う。

下手な嘘を言うとこうなるよねって言う典型的な例のようです。

日本には昔の事だから補償をして解決したと言うが、それで昔の事が無くなる事では無いと言うような事を言う。

しかし昔国同士で話合ったこと事は無かった事にしようとする韓国。

無かった事にするならどちらも無かった事にするべきだし、起こった事は無くならないと言うならどちらも無くならないと考えるべきでしょう。

このような動きを他の国の人々が知ればどう考えるのか?

もっと日本は海外に向けて発信しなけれならない。

ねじ曲げた事を言う韓国の発信力に負けないように。

今やっと日本政府も思い腰を上げていつまでも家来のように扱われないようにと対応しようとしています。

逆に今まで韓国が日本にしてきた非道な行いを訴えて行く時期が来たようです。

この先どうなって行くのか?

今、話足りない事もありますがいつまでも終わらないような気がしますので、今回はこの辺で。

ではまた。




また引っ掛かったか?Windowsセキュリティシステムが破損していますだってよw



話題のpaypay、利用してない人も大変な事になってるかもよ?

ただ今戦争中の日本。まだ終わって無い戦争があるって?

東京新聞

Yahooアカウントに不正アクセスが・・・大丈夫かな?心配


レオパレスNHK受信料、最高裁判決について




今回、NHKの受信料について最高裁判所で判断されました。

それは、レオパレスの住人が契約したNHKの受信料契約について支払いはどうなのか?と言う内容。

この経緯については簡単に言うと、NHKが訪問して来て住人が契約。

そして住人は1か月分の支払いをした。

でも契約は住人でなくて、レオパレス側が払うものだから、不当な支払いなので返して下さいと言うもの。

この事について、高等裁判所では受信料の返還はしなくて良いと言う判決。

最高裁判所でも高等裁判所と同じなので、審議せずに棄却したと、そう言う流れ。

この判決についてネット上ではNHKや裁判所に対して批判的な内容の書き込みが殺到している。

それは、テレビはレオパレスの所有物であって住人が勝手に処分出来ない。

その処分出来ない物について支払いの義務があるのはおかしい。

そう言う事なんだと思いますし、私もそう思います。

ですが、今回の判決では支払い義務があると初めて裁判所で判断されたと言う事で話題に。

でも実はこの判決はそれなりに合ってるかも?と言うものなんです。

それは、契約をしたんだから払わなきゃダメでしょ?当然事です。

そう言う単純な事なのかな?と思いました。

では、ちょっと考えて下さい。

賃貸物件の一つの部屋に誰かが住んでいる。

それをNHKが知って、その部屋の受信料契約が無い事を確認。

それならば、受信契約してもらわないとねと言う事で訪問する。

すると、いつものように、受信料契約の義務がありますので契約して下さい。

そんな話になる。

その時点では、NHKはそこに住んでいる人の事やレオパレスとの契約内容、そして例えば会社の寮のようなもので契約は会社がしている等の詳しい事は知りません。

ですが、契約して下さいと言って契約してもらったんだから、テレビが設置してあるなら契約は有効で、契約したなら支払いしてね。

そうなります。

住人が契約しなかったら良かったでしょと言う事です。

その住人、レオパレス、会社の誰がどうとか、NHKが関係してとやかく言う事では無い。

契約があれば支払ってもらうだけ。

まぁ、そう言う事で支払いの義務はありますよって事。

住人が契約しなくてはならないと言うものではありません。

住人が払っても良いんですよと言う判決なんです。

文句があるなら、住人がレオパレスや会社に対して文句言ってね、裁判してね。

そう言う事なんですよね。

でも、実際はそんな判決で良かったの?と疑問に思うし、納得も出来ませんよね。

この判決が正しいと言う事になれば、NHKは住人に契約をして下さいと言えば、住人はレオパレスか会社に言って下さいと逃げれば良いし、レオパレスは住人か会社に言って下さいと言えば良い。

そして会社もレオパレスか住人に言って下さいと言えば良いと言う事になります。

この3者は代理で契約をする訳でも無く、契約した人に全責任が掛かるので誰も契約はしたくないはずなんです。

なので、本当はレオパレスが契約と支払いをするのが正しいはずなんですよね。

NHKは裁判の前にレオパレスはウィークリーマンションだと知ってるはずなので、間違いを認め返金するのが正しい事になるかと思うし、裁判所も、その事も踏まえて判決を出す必要があったかと思います。

これで、今後の裁判でもNHKが不利になる可能性が増える事にもなります。

例えばホテルの裁判でも宿泊客と契約をして下さいと言えばホテルは契約から逃げる事が出来る事になるはず。

そうでなければ今回の判決は更におかしい事になりますよね。

ウィークリーマンションとホテルの線引きは何処?とかになりますもんね。

本当はホテルも、ウィークリーマンションも宿泊者がいない時は占有者でしょ?契約しなきゃダメじゃん。

ウィークリーマンションで住人がいない時はちゃんと契約してるんですか?

NHKもチェックして契約いていないと不公平でしょ。




NHKの受信料についての裁判では結局どう転んでも、NHKが不利になる事しかありません。

更に、国民から反感を買い、どんどんとテレビ離れをしていく。

今後、ウィークリーマンションでも、ホテルでもテレビが置いてある事よりWi-Fiが置いてある方が喜ばれるようになれば、テレビを設置し、テレビの受信料を払うところも減るでしょう。

そして、これだけ反感を買っていると、遅れてネット配信をNHKがしたところで誰が見るか!って事になり、NHKが収入を得ようとすれば、また通信に関する法律でネットでNHKが見れるなら受信料を払わなければならないと言うような法律でも作らないと無理な話になる。

そもそも、テレビ離れしないように早いタイミング、地デジ化した時にでもスクランブル放送にするべきだったんです。

放送は届いている状況なので、みんなに放送を届けると言う事は出来てる。

見たい人は契約してね。

そうするべきだったんです。

NHKのスポンサーは国民と言う事を考えていないからこう言う状況、そう言う放送しか出来ないんですよ。

今からだと、もう手遅れかも知れませんが、出来るだけ早く気がついて方向転換しスクランブル放送を実施して、受信料収入に見合うような仕事をするように改め無いと、もう生き残る道は無いように思います。

この後、レオパレスと住人との間でNHKの契約について裁判をすると言うような情報もありますが、さてどうなる事やら。

まぁ、私はテレビが無いので関係無い話にはなりますが、やはり興味はありますね。

公共的なもの、電気でも、ガスでも、水道でも、こちらからお願いしますけど、NHKはこちらからお願いしてまで必要としていないので、もう公共なものとしての認識ありませんからね。

時代が変わって必要とされないものがいつまで公共のものとして扱われるんでしょうか?

そこが大きな疑問です。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




[怖い話]リアルに怖い?取ってはいけなかったお札の話・・・



ポルターガイスト現象・・科学を発展させる為に調査を

今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感


ただ今戦争中の日本。まだ終わって無い戦争があるって?




今年2018年の韓国での冬季オリンピック。

このオリンピックに北朝鮮が参加した事により、朝鮮半島の南北問題が解消されて行くのか?

そんな雰囲気。

まぁ、南北で統一と言う事までは難しいと思いますが、良い方向に向かっているようには思います。

でも、最近の朝鮮半島の報道も少なく落ち着いて来て、今も良い方向に進んでいるのかどうかは疑問ですがけどね。

この南北の問題は朝鮮半島だけの問題では無く、日本も含め、アメリカ、ロシア、中国等の関係もありなかなか難しい問題になってるんでしょうね。

と、こんな話をしていると、まだ南北で一応戦争中なんでしょ?

いつ終わるんだろうね?なんて話もちらほら聞こえて来そうだ。

戦争中と言っても何処かでドンパチやってる訳では無く、武装を見せつけ威嚇するような事がある程度。

たまに本当にミサイルを撃ったと言う話も出てくる事もあって、少し被害があると言う事もあるそうなんですが、交戦をするというレベルでは無いですね。

とまぁ、日本人は他人事のように言っていますが、一応戦争中と言うなら日本だってまだ戦争中なんですよ・・・と。

えっ?日本は1945年8月15日の終戦の日を最後に戦争はして無いよ?

そう言う人も多いでしょうし、私もそう思ってました。

ですが実はまだ戦争は終わって無かったのです。

戦争と言うのは基本、宣戦布告があって戦争が開始し、講和条約が締結されて戦争が終わると言うものだそう。

そんなルールの中で、日本に宣戦布告をした国、それがモンテネグロ

実は日本がロシアと戦争をした時にロシアから宣戦布告を受けて日露戦争が始まった。

その時のロシアとの同盟関係であったモンテネグロも日本に対して宣戦布告をしていたのだそうです。

そしてポーツマス条約で1905年、日本とロシア間で締結した日露戦争の講和条約。

さて、ここで問題、モンテネグロは?

そうなんです、宣戦布告はしたけども、講和条約は締結していない。

と、言う事は?戦争は終わっていない?

そう言う事になるようです。

そして今現在も・・・

まぁ、宣戦布告から講和条約までが戦争とするならと言う事ならばね。

ですが、実際はモンテネグロと日本は一度も交戦すらしていないし、でも一応日露戦争当時にはモンテネグロは満州までは派兵していたらしい。

そんな歴史はありますが、日本はモンテネグロが宣戦布告をしていた事を認識していなかった事もあり、日露戦争終結の講和条約には参加すらしていないようです。

その後、2006年6月3日のモンテネグロ独立宣言に、日本政府は、6月16日にその独立を承認したと言う。

そんな中、100年程続いた戦争の終結の話もあるのかと思いきや、そんな事は特に話されず。

日本政府はそもそも宣戦布告はされていないとの考えであるようです。

日本とモンテネグロは戦争中であるとも考えられるし、そもそも戦争をしていないとも考えられる状況だと言う事ですね。

その他にも日本と戦争中の国、それはイタリア。

イタリアからも宣戦布告を受けているとの事。

第二次世界大戦で日独伊の三国同盟。

ですが、戦況が悪くなり寝返ったイタリア、さらに日本とドイツに宣戦布告。

そんな事がありましたが、実はその時にイタリアは政権が2つに分裂していて、日本は片方の政権を国として認めているが、もう片方の政権は認めていないと言う状況。

その認めていない政権から宣戦布告を受けていたのだそう。

第二次世界大戦の終結時にイタリアとは講和条約を結んでいない為、今もまだイタリアと戦争中と言えると言う事になります。

ですが、モンテネグロと同様に宣戦布告を認めていないので戦争中と言えるかも知れないけども、そもそも戦争をしていないと言う事にもなりますね。




さらに言うと、ロシアとも第二次世界大戦の講和条約と言うのは結んでいません。

一応戦争中と言う事?

しかし1956年に日ソ共同宣言は出していて、この宣言で事実上戦争は終わってると言う事でもあるようです。

そして、その第二次世界大戦で言うと、コロンビア、インドネシア、ルクセンブルグとはサンフランシスコ講和条約で締結はしたものの、各国の議会で承認されていないそうで、まだ戦争中と言えば戦争中なんだとか。

と、言う訳で単に宣戦布告から講和条約までが戦争だと言うのならば、モンテネグロ、ロシア、イタリア、コロンビア、インドネシア、ルクセンブルグとはまだ戦争中と言う事になります。

ですが、そう単純な事でも無く国交が正常に行われていれば戦争はしていないと言うのが正しいのだと思います。

だって、イタリアと戦争中だよと言われても信じる人なんていないでしょ?

ヨーロッパで人気の旅行先だし、行けば美味しいものがいただけるイメージだしね。

そんな訳で、一応戦争中なんでしょ?って言うのは戦争じゃ無い事が多いのかな?って。

一応朝鮮半島も、国交が正常化してるとは言えないかも知れないけど、おおよそ戦争は終結していて、戦争を終わらせる話し合いをしてる最中と言うところでは無いでしょうか?

他にも実質的に戦争をしていなくても、一応戦争中なんだと言うところも多いそうですが、日本は戦争していないと思って、他のそう言う事を知って一応戦争中なんでしょ?なんて言うと

「日本もね。」

なんてブーメランが返ってくる可能性もあるのでご注意を。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




ポルターガイスト現象・・科学を発展させる為に調査を



今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感

夢はパラレルワールド、夢こそ現実では無いか?説


今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感




最近NHKの裁判多いですよね。

裁判をする方もされる方も

これは受信契約をしない人や契約者が支払いをしないからと言うのが原因。

ですが、そもそもスクランブル放送をすれば全て解決する話。

スクランブル放送をすると、見ないから支払わないと言う事になればそれだけの価値の放送だと言う今年なんです。

NHKは受信料制度で運営する事が許されてる放送局。

視聴率を気にしなくても言い分、受信契約と支払い率を気にしなければならない。

契約率と支払い率を上げたければ、そのような放送をすれば良いと言う単純な事なんです。

それを見ない、払わないと言う人にまで無理やり払えと言うから問題が発生するんですよ。

裁判をしてまで払えって。

そんな事をしなくても、そこまで拒否してる人に放送を届ける必要がありますか?

結局、見たく無い人が見れないスクランブル放送をすれば良いだけ。

裁判をする事では無い。

今行われている裁判はNHKが裁判をしたいからしている裁判で、それこそ裁判をする権利の乱用になります。

自身で解決する事をしないで揉め事を作ろうとする国民への不利益にしかならないことをしている悪質な企業と言う事ですね。

本来は、自身でなんとか解決しようとするが、どうしようもなくなって裁判をするという流れなのに、そうしないのがNHKと言う事。

さてさて、そんなNHKですが、実は最近増えている裁判によって自分の首を絞めていってる状況なのですが分かっているのでしょうか?

それは裁判に勝っても負けてもです。

まずはNHKが裁判をする事により国民に嫌われていくと言う状況。

もちろん、普通にテレビを設置して見ているのに支払わないとなれば払って当たり前。

そんな裁判ならNHKが勝っても印象が悪くならない。

ただ、そんな普通な状況で裁判になる事は少ない。

少し前の最高裁の裁判ではテレビを持っていて放送を見る事があるが思想が違うので払わないと言う主張でしたが、判決は受信料は支払わなければならないと言う事になった。

これは料理を頼んだが、自分の口に合わないから払わないと言っているのと同じようなもの。

問題はテレビを持っているが放送自体を見るつもりは無いと言う場合。

例えば、お茶碗を買ったけど、それでご飯を食べるつもりは無い。

お茶碗をコレクションとして集めているだけと言う人に無理やり米を買わせるのか?って事。

私は基本パンとパスタ、そして麺を食べるけど米は食べないと言う人の家に無理やり米を送りつけて米代を支払わせていていいのか?

それが今のNHKのやり方。

そんな事をしていてそんな裁判をしていて、国民が納得するはずが無い。

普通に考えて。

普通の考えが出来ないからそんな事も分からないんです。

そこで問題です。

普通の考えが出来ないところの放送局が果たして公共放送と言えるのか?

公共放送と言えないならそんな放送局に受信料を払う必要がありますか?と言う事になります。

なので本当は、今受信料を払っている人も非公共的な放送局に受信料を払う事も無いのです。

でも今はそんな普通の事も分からないNHKや裁判所や政治家が判断しているので、仕方がなく受信料を払っていると言う形。

これこそ正に、国民の思想では無く軍国の昔、日本が間違っていたと言われる強制的な思想なのです。

もう、単純に言うとまた日本が他国に攻められてそんな国民に思想を植え付けるような事をしてはならないと戒められる事が必要なのかも知れません。

昔、日本が間違った道に進んだ事と同じなんです。

ただそれを国民は理解して、違うと主張しています。

そこが昔と違うところ。

国民は昔と同じ過ちをしないように考えている、しかし、それに反する大きな力が押さえ込もうとしている。

さて、本当にこのままで良いのか?

それが疑問と言うところ。




ちょっと前置きが長くなりましたが、今の裁判、国の判断はそんな感じです。

ですが、実は裁判で最初はNHKに都合に良い判決が出ていますが、いつまでもそんな都合の良い事ばかりにはならない。

最初は単純にNHKの勝ち!って判決を出せば良い。

他に何も無いんだから、細かい理由も無しに適当でも。

しかし、その適当に勝ちにした判決のお陰で、じゃぁこうすれば受信料を払わなくても良い訳ね?と言う事が出てくる。

今まではどんな事もあいまいにしてきた事で良いとこ取りをしてきたNHKですが、実は最高裁の判決が出る度に、そうでは無い方法だと良いと言うお墨付きが増えてくる事になるんですよね。

例えば、ホテルのテレビは誰が払うの?となる。

ホテルのテレビはホテル側が受信料を払うとする。

ではウィークリーマンションは?となる。

家具つきテレビ付きウィークリーマンションはマンション側が払うとなれば今利用している人で払ってる人いるでしょ?となる。

利用者が払わないとなれば、マンション側は空室の分も払わなくてはならなくなります。

もし、マンション側が払わずに利用者が払うとなれば、ウィークリーマンションと看板をあげればホテルでも受信契約の必要はなくなる。

そんな状態で、ホテルにはホテルに払えと、家具付きウィークリーマンションでは住人に払えと、受信料を徴収しやすい人に払えと言う都合の良いことを言っているのがNHKです。

これもどちらにせよ裁判で決まればそんな都合の良いことが出来なくなります。

これは一例ですが、そんな都合の良いことばっかり言っているのがNHK。

裁判が増えると、それがはっきりしていきますので、じゃぁこうすれば受信料を払わなくても良いなと言う事が分かって来ます。

そもそも、NHKは法律によっての受信料の支払いを押し付けるのではなく、国民が必要とする放送をすれば良いだけの話。

本当は一番視聴率を気にしなければならない放送局なんです。

それがダメだったら、公共放送では無く国営放送にして税金で運営するしかないんですよね。

もう、裁判所も国会もNHKを存続させる意志があり守ると言う事になれば公共放送の意味は無いです。

国会等の意志に関係無く出きる放送こそ公共放送。

NHKと政権が対立する位にならなくてはね。

ちょっと余計な話が多くなりましたが、簡単にまとめると裁判の判例が増える度にNHKの都合の良い逃げ道は無くなって行くと言う事。

国民から嫌われると誰も見ない不要なものになり、新しい世代が選ぶ政権からはそのうち潰されるかもよと言う事です。

今度は放送では無く、通信でNHKが運営しようとしてますが、このままではうまくいきませんよと言う事です。

まぁ、以前にもお話しましたが、出来れば何も変わらず今のままでいてくれれば私には関係の無い組織になりますので、それでお願いします。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




今の地球温暖化は寒冷化の前触れ、太陽活動と火山



火星人はやっぱりタコだったのか?そんな可能性も?