ヤフオクかんたん取引等、イレギュラー時の対応を少し紹介




最近はヤフオクもフリマアプリなんかの波におされてなのか、色々とシステムの変更が多いですね。

昔から利用している、特に出品者側の人は変更の度に

「また改悪か!」

なんて思う事多いように思います。

恐らくは買う人が多いと取り引きが活性化するのではないか?と期待しているのだと思います。

ですが、その変更されたシステムはフリマアプリに近づけようとしているとしか思えないような事が多いように思います。

ヤフオクはオークション、フリマアプリは即売。

性質が違うのに合わせようとしても無理があると私は思います。

例えば、ヤフオクで送料込みの価格設定だとヤフオクパック等のヤフオクと提携されている発送方法だと送料安くなるシステムとかね。

例えばメルカリで言うとオークションでは無いので送料も合わせて事前に価格交渉をして、まとめ売りだと総領分が安く出来るのかも知れません。

しかし、ヤフオクはオークションなので別々に価格が争われて落札されます。

なのに送料込みの設定だとまとめて落札すれば送料分高くなってしまう。

売る側も買う側も送料込み設定だと不都合な場合も多いのです。

ヤフオクの運営としては送料込みにすると合計の金額が明確になりやすく買いやすくなると言っているようですが、それは考えが浅いと言うか、建前でヤフオクの都合でのシステムなのだと思います。




どう言うところがヤフオクの都合が良いところかと言うと、例えば9500円で落札、送料が500円の予定だとする。

送料別設定だと9500円に落札手数料が掛かるが、送料込みだと合計の10000円に落札手数料が掛かります。

ヤフオクに手数料が多く入る事になりますね。

極端に言うと落札が1円で送料が9999円だと、ヤフオクは1円の落札に対しての手数料しか入って来ません。

実際にその商品が10000円で購入されるような物であっても、説明に送料と梱包代と手数料の合計がが9999円って書いてあって即決1円とすれば出品者は手数料をほとんど払う事無く落札者は相場の10000円で手に入れる事が出来る、落札者と出品者に都合の良いシステムになってしまうと言う事です。

そうなると運営は利益が出ない、困るとなる訳けですね。

更に言うと落札者も、出品者のその意図を理解せずに1円は安いと思って落札したら手数料等で9999円なんて詐欺だ!と言う事にもなります。

そこで運営は手数料の事は表に出さず、落札者が詐欺だ!と騙されるような事が無いようにと言う建前で色々とシステム変更されていると言う事です。

そんな感じで、運営は色々な手数料を稼ぐ為に建前は利用者の為にとシステムが変更されていってると言う事だと私は思っています。

さて、いつものように前置きが長くなりましたが、最近困ってる人が多そうなヤフオクかんたん決済について少し説明したいと思います。

かんたん決済で困ってる事と言うと、何かのミスで本当に支払わなければならない金額と違う金額を支払われてしまったと言う事と違う金額を支払ってしまったと言う場合と言うのがあります。

昔は支払い方法と言うと銀行振り込みやゆうちょで振り込み、切手払い等々色んな方法が可能でしたので、足りない場合は再度、どれかの方法で支払えば良いと言う事になります。

では、今はどうすれば良いのか?と言うと、昔と同じで足りない分は口座番号を伝えて、又は聞いて銀行等で振り込めば良いと言う事ですね。

ただ、この場合は振り込み手数料が掛かりますのでもったいないです。

そんな事をしなくてもやっぱりかんたん決済で支払えば良いんです。

例えば何か、何でも良いです、封筒とかコピー用紙とか、そう言う物を1円で出品して落札してもらい、落札後に送料を修正してかんたん決済で支払いすれば手数料は掛かりませんよね?

私が出品者側で私がミスった場合はこの方法で支払ってもらう事がありました。

落札者が間違った場合は私の出品物を何か落札してもらって同梱発送と言う事にする事も多いです。

まぁ、私の出品物で最安50円とかの物も多いので落札者さんの負担も手数料よりは大分安くなりますからね。

基本イレギュラー時の支払い方法は落札者さんの都合に合わせますけどね。

一応、支払いが少ない場合はこんな感じと言うとこでしょうかね。

逆に支払いが多い時はどうするかと言うと、私がミスしていた場合は相手の都合に合わせます。

でも、一応多く支払われた分は切手同封でも良いですか?と聞くと、ほとんどはそれで良いですと言われます。

今まで現金で返してと言われた事は一度もありません。

まぁ、間違いもほとんど無いですけどね。

落札者が間違っていた場合は連絡すると、梱包代の足しにでもしてくださいと言う事がほとんどでしょうか?

まぁ、場合によってはオマケを封入して送ったりする事もありますかね。

そんな感じで多い場合はあまりトラブルにならない事が多いです。

さて、今度はかんたん決済期限が過ぎてしまった場合ですね。

どう言う状況で切れてしまったのかにもよりますが、自分が出品者側で落札者から全く連絡が無い場合は、落札者削除をしてブラックリスト登録で、はい終わり。

一応削除する前に取引上メッセージで期限が過ぎると削除し、作成すると自動で非常に悪いと言う評価が付きますと断っておきますがね。

その評価の報復評価で悪いを付ける人もほとんど無いですし。

たまにはありますが、報復評価して利点はほとんど無いですしね

報復評価すると、その後の入札時に悪い評価が目立ち入札削除される可能性が上がりますからね。




でも、落札者からは連絡がありどうしても支払いが遅くなると言われていて期限が切れてしまった場合はどうにか対応しないといけませんよね。

その場合は銀行やゆうちょから振り込んでもらうと言うのも手ですが、上記の説明と同じで1円出品の物を落札してもらってかんたん決済で支払ってもらうと言う方法もあります。

これも、落札者さんの都合で選択してもらいますけどね。

このようにかと決済でのイレギュラー時にはいくつかの方法があります。

100%かんたん決済を使わなくても実はそれほど問題はありません。

支払い方法がかんたん決済のみになりましたが、かんたんに言うとヤフオクでのシステムでかんたん決済以外の支払い方法が無くなっただけ。

以前は銀行振込を選択すると出品者が登録している銀行口座が落札者に伝えられると言うシステムとかが無くなっただけです。

出品者からすると、不特定多数に自分の銀行口座の口座番号を伝えなくて良くなったと言う利点はあるかも知れません。

ヤフオク側から言うと、かんたん決済を使ってもらえば手数料を取り損ね無いと言う利点がありますね。

ヤフオク側は、この手数料を取り損ね無いと言うのが重要で、システムをかんたん決済一本にあいたかったのでしょう。

色んな建前でね。

と言う事で、かんたん決済でイレギュラーについて少しお話させていただきました。

また、他にもかんたん決済について疑問もあるかと思いますし、今回お話していない事も多いですので、また近いうちにお話しようと思います。

何か疑問ありましたら、コメントをいただければ分かる範囲でお答えしますのでよろしくお願いします。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




アメリカ国立太陽観測所、突然の閉鎖について



死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・


[あったらいいなシリーズ]家庭用テレビゲーム




最近色んなあったらいいなと言うようなものが多い。

他に、これをもう少しこうして欲しいと言う意見もあったりする。

以前は時間がある時に何処かメーカーを選んでTELして意見を言う事もあった気がします。

ですがこれからは、その思い付きをこのブログでお話して行こうかな?と思います。

で、最初に書く事はテレビゲームのあったらいいな。

これは最近、ファミコンをはじめ色々な昔のゲーム機が復刻版として販売されていると言う事で思い付いた事です。

そして、さらにアーケードゲームまで復刻と言う事で思いました。

昔のゲームなら以前喫茶店で置いていたテーブルのゲームを復刻すれば良いんじゃないかと。

代表的なもので言うとインベーダーゲーム。

単品のインベーダーゲームはアーケードの復刻であるかも知れない。

しかし、昔喫茶店のテーブル型のゲームであったのはインベーダーゲームだけではないですよね?

その昔あった色んなゲームを全てテーブル型の筐体で出来るようなものを作ってくれれば売れるような気がするんです。

一応家庭用って事でコインを入れなくてもプレイ出来るようにしてね。

そして、購入時にいくつかゲームが入ってるとして、その後新たに出来るゲームを増やしたい場合はソフトを入れ換えれば出来るような具合にしてね。

更に言うと商用として使うなら、契約をするとソフトが勝手に配信されるようなテーブルゲームもあって言いように思います。

通信カラオケみたいにオンラインで配信する感じ。

会社の待ち合い室やゲームセンターの娯楽施設、昔は温泉にちょっと置いていたゲームや、スーパー等の空きスペースなんかでこう言うのがあれば良いんじゃないかなって思いました。

それこそオンラインなんだったらハイスコアなんかも全国ランキングで、そのプレイがデモでみれたりなんかして。

昔のゲームが目の前にあって昔自分がしたことあるゲームなら、やって見たくなるんじゃないでしょうかね。

今現在、そんなゲーム機があるのか無いのか分かりませんが、無いのなら技術的に出来るかどうかと言うと出来る事のような気がします。

それも簡単な事な気が。

あとは、採算が合うか権利の問題でしょうか?

ちょっとこんな事を考えてみました。

また思い付きで何かあればこんな話もして行きたいです。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・



2018年9月6日震度6強の北海道地震と、予言について

レオパレスNHK受信料、最高裁判決について

堀江貴文のブログでは言えない話

ただ今戦争中の日本。まだ終わって無い戦争があるって?




[怖い話]リアルに怖い?取ってはいけなかったお札の話・・・

ポルターガイスト現象・・科学を発展させる為に調査を



今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感

DODA

夢はパラレルワールド、夢こそ現実では無いか?説



今の地球温暖化は寒冷化の前触れ、太陽活動と火山


2018年9月6日震度6強の北海道地震と、予言について




今年2018年の巨大地震がまた発生。

大きな地震が多い、そして災害の多い年ですね。

前日までは台風の被害が多いと言っていたばかりなのに。

今年の大きな地震と言うと最大震度5強以上だけでも

4月9日1時32分島根県西部マグニチュード5.8最大震度5強

5月25日21時13分長野県北部マグニチュード5.1最大震度5強

6月18日7時58分大阪府北部マグニチュード5.9最大震度6弱

そして9月6日3時8分胆振地方中東部マグニチュード6.7最大震度6強

この地震による被害は内陸部と言う事で建物の倒壊や土砂崩れ等が多いようです。

大きな地震でも津波が無いと東日本大震災のような被害は無いですけども、大きな被害である事は間違いないですね。

そして、問題なのはこの地域での生活。

どうやら北海道の約半分の発電を行っている火力発電所が緊急停止した事により、北海道全土で停電していると言う事のようです。

前日には大阪の関西国際空港が台風によって孤立状態になってると言っていて今度は北海道。

なんだか、何処かの国から攻撃でもされているのか?と疑いたくなるような事ばかりが続きます。

私の住む地域では、特に問題のある事が起こっていないのですが、この調子で行くと大きな災害。

南海トラフの大地震が起こるんじゃないかって思いますよ。

もう、何も起こらなければ良いのですが。

で、今回の地震についての事を色々と調べました。

やはり出てくるのは予言。

誰が予言していた、予測していたなんて。

その中で最初に出てきた予言者は松原照子氏

どうやら熊本地震の後に今度は北海道で地震と予言していたそうで、予言が当たっていると言っている方もいるようでした。

ですが、この予言は2016年の熊本地震の後の6月16日に北海道函館市で震度6の地震が発生した事を言っているのであって、今回の地震の予言では無いと思います。

そして、松原照子氏は1年に何度も100回以上?地震の予知を発表しているようで、これだけ地震の多い日本で適当に地震予言をしているとそりゃ当たる事もあるでしょうと思います。

今年2018年の地震についても、北海道での地震の予言がありました。

ですが、それは世間一般で言われている十勝沖、根室沖、色丹島沖及び択捉島沖での地震

つまり海溝型の地震を指しています。

この地震も南海トラフの地震同様に周期的に起こっていて、マグニチュード8を超える大地震は数十年毎に起こっており、2003年にも平成十勝沖地震が起こっています。

さらに10mを超える津波が発生する程の超巨大地震が1600年頃に起こっており、その地震の周期的も400年程度と言われているので、この地震の予知をしておけば当たる確率が高いと言うだけの事だと思われます。

そして、北海道沖の予知で、今回の地震だから近い場所なので少しのズレと言う人もいるかも知れませんが、北海道はでっかいどうなので同じ北海道でも距離はかなり遠いですよ。

今回の予言で当たりだと言うなら静岡県で起こった地震を東京の地震を予言していたから当たったと言うのと同じようなものです。

これが、2018年の地震と予言していたのでは無く9月に起こる地震と予言していたのならそれなりに当たったのかな?とも言えそうですが、2018年と言ってこれじゃぁちょっと当たったとは言えそうにありませんね。

他の人でも北海道の地震を予言していたと言う人が出て来そうですが、それは恐らく海溝型の地震の事で今回の地震とは無関係だと考えます。




ただ、今回の地震が、その海溝型の地震と関係するのかどうかは分かりませんので、南海トラフ地震同様に警戒は必要なんだと思います。

今、少なくとも環太平洋火山帯では地殻変動が大きく起こっているようで、火山の活発化の情報も多く、地震が多いのも確か。

もし、自分が災害に合った時と言う事を考えて事前に準備しておかないといけませんね。

すぐに考える事は水と非常食、そして情報。

昔はラジオでと言う事でしたが、今は携帯電話でしょうか?

どちらもあるのが一番良いと思いますが、どちらの場合も電池が必要になりますので、その辺りも準備しておかないといけませんね。

特に今回は停電していると言う事なので、携帯電話も電池が切れてしまうと困ります。

その辺りの準備も必要ですね。

今回のように停電した時に頼りになりそうなのが車でしょうか?

電気自動車とかならそれなりに電気が使えるかも知れません。

普通のガソリン車でも、シガーライターから電気を取れば携帯の充電くらいは出来るでしょうね。

でも、こう言う時はガソリン等も不足していくので車を使った電気も無駄に使わないようにしなければなりません。

そうこうしているうちに救助が援助が来て復旧していくと思いますが、なかなか救助が来ないような地区の人はSNSを活用して、今の状況を伝えるようにしましょう。

さて、援助も行き渡ってくると今度は倒壊した建物の事を考えなければならないと言う人もいるでしょう。

国等の援助もあるかも知れませんが、それでは不足だと言う事もあるでしょう。

やはり、地震でも適応してもらえる火災保険に入っておく事が必要でしょう。

何度も言っていますが、日本は地震が多い、いつ被害に合うか分からない国なんです。

後から言う人がいます。

「まさか自分が、自分だけは大丈夫」

と。

まだ、そんな事を言っていられる余裕のある人は良いのかも知れませんが、何も考えていないとそんな余裕も無くなってしまいます。

そんな事になってしまわないように、これからの事を考えて準備をするようにしましょう。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。










ただ今戦争中の日本。まだ終わって無い戦争があるって?



今の地球温暖化は寒冷化の前触れ、太陽活動と火山


レオパレスNHK受信料、最高裁判決について




今回、NHKの受信料について最高裁判所で判断されました。

それは、レオパレスの住人が契約したNHKの受信料契約について支払いはどうなのか?と言う内容。

この経緯については簡単に言うと、NHKが訪問して来て住人が契約。

そして住人は1か月分の支払いをした。

でも契約は住人でなくて、レオパレス側が払うものだから、不当な支払いなので返して下さいと言うもの。

この事について、高等裁判所では受信料の返還はしなくて良いと言う判決。

最高裁判所でも高等裁判所と同じなので、審議せずに棄却したと、そう言う流れ。

この判決についてネット上ではNHKや裁判所に対して批判的な内容の書き込みが殺到している。

それは、テレビはレオパレスの所有物であって住人が勝手に処分出来ない。

その処分出来ない物について支払いの義務があるのはおかしい。

そう言う事なんだと思いますし、私もそう思います。

ですが、今回の判決では支払い義務があると初めて裁判所で判断されたと言う事で話題に。

でも実はこの判決はそれなりに合ってるかも?と言うものなんです。

それは、契約をしたんだから払わなきゃダメでしょ?当然事です。

そう言う単純な事なのかな?と思いました。

では、ちょっと考えて下さい。

賃貸物件の一つの部屋に誰かが住んでいる。

それをNHKが知って、その部屋の受信料契約が無い事を確認。

それならば、受信契約してもらわないとねと言う事で訪問する。

すると、いつものように、受信料契約の義務がありますので契約して下さい。

そんな話になる。

その時点では、NHKはそこに住んでいる人の事やレオパレスとの契約内容、そして例えば会社の寮のようなもので契約は会社がしている等の詳しい事は知りません。

ですが、契約して下さいと言って契約してもらったんだから、テレビが設置してあるなら契約は有効で、契約したなら支払いしてね。

そうなります。

住人が契約しなかったら良かったでしょと言う事です。

その住人、レオパレス、会社の誰がどうとか、NHKが関係してとやかく言う事では無い。

契約があれば支払ってもらうだけ。

まぁ、そう言う事で支払いの義務はありますよって事。

住人が契約しなくてはならないと言うものではありません。

住人が払っても良いんですよと言う判決なんです。

文句があるなら、住人がレオパレスや会社に対して文句言ってね、裁判してね。

そう言う事なんですよね。

でも、実際はそんな判決で良かったの?と疑問に思うし、納得も出来ませんよね。

この判決が正しいと言う事になれば、NHKは住人に契約をして下さいと言えば、住人はレオパレスか会社に言って下さいと逃げれば良いし、レオパレスは住人か会社に言って下さいと言えば良い。

そして会社もレオパレスか住人に言って下さいと言えば良いと言う事になります。

この3者は代理で契約をする訳でも無く、契約した人に全責任が掛かるので誰も契約はしたくないはずなんです。

なので、本当はレオパレスが契約と支払いをするのが正しいはずなんですよね。

NHKは裁判の前にレオパレスはウィークリーマンションだと知ってるはずなので、間違いを認め返金するのが正しい事になるかと思うし、裁判所も、その事も踏まえて判決を出す必要があったかと思います。

これで、今後の裁判でもNHKが不利になる可能性が増える事にもなります。

例えばホテルの裁判でも宿泊客と契約をして下さいと言えばホテルは契約から逃げる事が出来る事になるはず。

そうでなければ今回の判決は更におかしい事になりますよね。

ウィークリーマンションとホテルの線引きは何処?とかになりますもんね。

本当はホテルも、ウィークリーマンションも宿泊者がいない時は占有者でしょ?契約しなきゃダメじゃん。

ウィークリーマンションで住人がいない時はちゃんと契約してるんですか?

NHKもチェックして契約いていないと不公平でしょ。




NHKの受信料についての裁判では結局どう転んでも、NHKが不利になる事しかありません。

更に、国民から反感を買い、どんどんとテレビ離れをしていく。

今後、ウィークリーマンションでも、ホテルでもテレビが置いてある事よりWi-Fiが置いてある方が喜ばれるようになれば、テレビを設置し、テレビの受信料を払うところも減るでしょう。

そして、これだけ反感を買っていると、遅れてネット配信をNHKがしたところで誰が見るか!って事になり、NHKが収入を得ようとすれば、また通信に関する法律でネットでNHKが見れるなら受信料を払わなければならないと言うような法律でも作らないと無理な話になる。

そもそも、テレビ離れしないように早いタイミング、地デジ化した時にでもスクランブル放送にするべきだったんです。

放送は届いている状況なので、みんなに放送を届けると言う事は出来てる。

見たい人は契約してね。

そうするべきだったんです。

NHKのスポンサーは国民と言う事を考えていないからこう言う状況、そう言う放送しか出来ないんですよ。

今からだと、もう手遅れかも知れませんが、出来るだけ早く気がついて方向転換しスクランブル放送を実施して、受信料収入に見合うような仕事をするように改め無いと、もう生き残る道は無いように思います。

この後、レオパレスと住人との間でNHKの契約について裁判をすると言うような情報もありますが、さてどうなる事やら。

まぁ、私はテレビが無いので関係無い話にはなりますが、やはり興味はありますね。

公共的なもの、電気でも、ガスでも、水道でも、こちらからお願いしますけど、NHKはこちらからお願いしてまで必要としていないので、もう公共なものとしての認識ありませんからね。

時代が変わって必要とされないものがいつまで公共のものとして扱われるんでしょうか?

そこが大きな疑問です。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




[怖い話]リアルに怖い?取ってはいけなかったお札の話・・・



ポルターガイスト現象・・科学を発展させる為に調査を

今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感


ただ今戦争中の日本。まだ終わって無い戦争があるって?




今年2018年の韓国での冬季オリンピック。

このオリンピックに北朝鮮が参加した事により、朝鮮半島の南北問題が解消されて行くのか?

そんな雰囲気。

まぁ、南北で統一と言う事までは難しいと思いますが、良い方向に向かっているようには思います。

でも、最近の朝鮮半島の報道も少なく落ち着いて来て、今も良い方向に進んでいるのかどうかは疑問ですがけどね。

この南北の問題は朝鮮半島だけの問題では無く、日本も含め、アメリカ、ロシア、中国等の関係もありなかなか難しい問題になってるんでしょうね。

と、こんな話をしていると、まだ南北で一応戦争中なんでしょ?

いつ終わるんだろうね?なんて話もちらほら聞こえて来そうだ。

戦争中と言っても何処かでドンパチやってる訳では無く、武装を見せつけ威嚇するような事がある程度。

たまに本当にミサイルを撃ったと言う話も出てくる事もあって、少し被害があると言う事もあるそうなんですが、交戦をするというレベルでは無いですね。

とまぁ、日本人は他人事のように言っていますが、一応戦争中と言うなら日本だってまだ戦争中なんですよ・・・と。

えっ?日本は1945年8月15日の終戦の日を最後に戦争はして無いよ?

そう言う人も多いでしょうし、私もそう思ってました。

ですが実はまだ戦争は終わって無かったのです。

戦争と言うのは基本、宣戦布告があって戦争が開始し、講和条約が締結されて戦争が終わると言うものだそう。

そんなルールの中で、日本に宣戦布告をした国、それがモンテネグロ

実は日本がロシアと戦争をした時にロシアから宣戦布告を受けて日露戦争が始まった。

その時のロシアとの同盟関係であったモンテネグロも日本に対して宣戦布告をしていたのだそうです。

そしてポーツマス条約で1905年、日本とロシア間で締結した日露戦争の講和条約。

さて、ここで問題、モンテネグロは?

そうなんです、宣戦布告はしたけども、講和条約は締結していない。

と、言う事は?戦争は終わっていない?

そう言う事になるようです。

そして今現在も・・・

まぁ、宣戦布告から講和条約までが戦争とするならと言う事ならばね。

ですが、実際はモンテネグロと日本は一度も交戦すらしていないし、でも一応日露戦争当時にはモンテネグロは満州までは派兵していたらしい。

そんな歴史はありますが、日本はモンテネグロが宣戦布告をしていた事を認識していなかった事もあり、日露戦争終結の講和条約には参加すらしていないようです。

その後、2006年6月3日のモンテネグロ独立宣言に、日本政府は、6月16日にその独立を承認したと言う。

そんな中、100年程続いた戦争の終結の話もあるのかと思いきや、そんな事は特に話されず。

日本政府はそもそも宣戦布告はされていないとの考えであるようです。

日本とモンテネグロは戦争中であるとも考えられるし、そもそも戦争をしていないとも考えられる状況だと言う事ですね。

その他にも日本と戦争中の国、それはイタリア。

イタリアからも宣戦布告を受けているとの事。

第二次世界大戦で日独伊の三国同盟。

ですが、戦況が悪くなり寝返ったイタリア、さらに日本とドイツに宣戦布告。

そんな事がありましたが、実はその時にイタリアは政権が2つに分裂していて、日本は片方の政権を国として認めているが、もう片方の政権は認めていないと言う状況。

その認めていない政権から宣戦布告を受けていたのだそう。

第二次世界大戦の終結時にイタリアとは講和条約を結んでいない為、今もまだイタリアと戦争中と言えると言う事になります。

ですが、モンテネグロと同様に宣戦布告を認めていないので戦争中と言えるかも知れないけども、そもそも戦争をしていないと言う事にもなりますね。




さらに言うと、ロシアとも第二次世界大戦の講和条約と言うのは結んでいません。

一応戦争中と言う事?

しかし1956年に日ソ共同宣言は出していて、この宣言で事実上戦争は終わってると言う事でもあるようです。

そして、その第二次世界大戦で言うと、コロンビア、インドネシア、ルクセンブルグとはサンフランシスコ講和条約で締結はしたものの、各国の議会で承認されていないそうで、まだ戦争中と言えば戦争中なんだとか。

と、言う訳で単に宣戦布告から講和条約までが戦争だと言うのならば、モンテネグロ、ロシア、イタリア、コロンビア、インドネシア、ルクセンブルグとはまだ戦争中と言う事になります。

ですが、そう単純な事でも無く国交が正常に行われていれば戦争はしていないと言うのが正しいのだと思います。

だって、イタリアと戦争中だよと言われても信じる人なんていないでしょ?

ヨーロッパで人気の旅行先だし、行けば美味しいものがいただけるイメージだしね。

そんな訳で、一応戦争中なんでしょ?って言うのは戦争じゃ無い事が多いのかな?って。

一応朝鮮半島も、国交が正常化してるとは言えないかも知れないけど、おおよそ戦争は終結していて、戦争を終わらせる話し合いをしてる最中と言うところでは無いでしょうか?

他にも実質的に戦争をしていなくても、一応戦争中なんだと言うところも多いそうですが、日本は戦争していないと思って、他のそう言う事を知って一応戦争中なんでしょ?なんて言うと

「日本もね。」

なんてブーメランが返ってくる可能性もあるのでご注意を。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




ポルターガイスト現象・・科学を発展させる為に調査を



今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感

夢はパラレルワールド、夢こそ現実では無いか?説


今後のNHKはどんどんと苦しい立場になる予感




最近NHKの裁判多いですよね。

裁判をする方もされる方も

これは受信契約をしない人や契約者が支払いをしないからと言うのが原因。

ですが、そもそもスクランブル放送をすれば全て解決する話。

スクランブル放送をすると、見ないから支払わないと言う事になればそれだけの価値の放送だと言う今年なんです。

NHKは受信料制度で運営する事が許されてる放送局。

視聴率を気にしなくても言い分、受信契約と支払い率を気にしなければならない。

契約率と支払い率を上げたければ、そのような放送をすれば良いと言う単純な事なんです。

それを見ない、払わないと言う人にまで無理やり払えと言うから問題が発生するんですよ。

裁判をしてまで払えって。

そんな事をしなくても、そこまで拒否してる人に放送を届ける必要がありますか?

結局、見たく無い人が見れないスクランブル放送をすれば良いだけ。

裁判をする事では無い。

今行われている裁判はNHKが裁判をしたいからしている裁判で、それこそ裁判をする権利の乱用になります。

自身で解決する事をしないで揉め事を作ろうとする国民への不利益にしかならないことをしている悪質な企業と言う事ですね。

本来は、自身でなんとか解決しようとするが、どうしようもなくなって裁判をするという流れなのに、そうしないのがNHKと言う事。

さてさて、そんなNHKですが、実は最近増えている裁判によって自分の首を絞めていってる状況なのですが分かっているのでしょうか?

それは裁判に勝っても負けてもです。

まずはNHKが裁判をする事により国民に嫌われていくと言う状況。

もちろん、普通にテレビを設置して見ているのに支払わないとなれば払って当たり前。

そんな裁判ならNHKが勝っても印象が悪くならない。

ただ、そんな普通な状況で裁判になる事は少ない。

少し前の最高裁の裁判ではテレビを持っていて放送を見る事があるが思想が違うので払わないと言う主張でしたが、判決は受信料は支払わなければならないと言う事になった。

これは料理を頼んだが、自分の口に合わないから払わないと言っているのと同じようなもの。

問題はテレビを持っているが放送自体を見るつもりは無いと言う場合。

例えば、お茶碗を買ったけど、それでご飯を食べるつもりは無い。

お茶碗をコレクションとして集めているだけと言う人に無理やり米を買わせるのか?って事。

私は基本パンとパスタ、そして麺を食べるけど米は食べないと言う人の家に無理やり米を送りつけて米代を支払わせていていいのか?

それが今のNHKのやり方。

そんな事をしていてそんな裁判をしていて、国民が納得するはずが無い。

普通に考えて。

普通の考えが出来ないからそんな事も分からないんです。

そこで問題です。

普通の考えが出来ないところの放送局が果たして公共放送と言えるのか?

公共放送と言えないならそんな放送局に受信料を払う必要がありますか?と言う事になります。

なので本当は、今受信料を払っている人も非公共的な放送局に受信料を払う事も無いのです。

でも今はそんな普通の事も分からないNHKや裁判所や政治家が判断しているので、仕方がなく受信料を払っていると言う形。

これこそ正に、国民の思想では無く軍国の昔、日本が間違っていたと言われる強制的な思想なのです。

もう、単純に言うとまた日本が他国に攻められてそんな国民に思想を植え付けるような事をしてはならないと戒められる事が必要なのかも知れません。

昔、日本が間違った道に進んだ事と同じなんです。

ただそれを国民は理解して、違うと主張しています。

そこが昔と違うところ。

国民は昔と同じ過ちをしないように考えている、しかし、それに反する大きな力が押さえ込もうとしている。

さて、本当にこのままで良いのか?

それが疑問と言うところ。




ちょっと前置きが長くなりましたが、今の裁判、国の判断はそんな感じです。

ですが、実は裁判で最初はNHKに都合に良い判決が出ていますが、いつまでもそんな都合の良い事ばかりにはならない。

最初は単純にNHKの勝ち!って判決を出せば良い。

他に何も無いんだから、細かい理由も無しに適当でも。

しかし、その適当に勝ちにした判決のお陰で、じゃぁこうすれば受信料を払わなくても良い訳ね?と言う事が出てくる。

今まではどんな事もあいまいにしてきた事で良いとこ取りをしてきたNHKですが、実は最高裁の判決が出る度に、そうでは無い方法だと良いと言うお墨付きが増えてくる事になるんですよね。

例えば、ホテルのテレビは誰が払うの?となる。

ホテルのテレビはホテル側が受信料を払うとする。

ではウィークリーマンションは?となる。

家具つきテレビ付きウィークリーマンションはマンション側が払うとなれば今利用している人で払ってる人いるでしょ?となる。

利用者が払わないとなれば、マンション側は空室の分も払わなくてはならなくなります。

もし、マンション側が払わずに利用者が払うとなれば、ウィークリーマンションと看板をあげればホテルでも受信契約の必要はなくなる。

そんな状態で、ホテルにはホテルに払えと、家具付きウィークリーマンションでは住人に払えと、受信料を徴収しやすい人に払えと言う都合の良いことを言っているのがNHKです。

これもどちらにせよ裁判で決まればそんな都合の良いことが出来なくなります。

これは一例ですが、そんな都合の良いことばっかり言っているのがNHK。

裁判が増えると、それがはっきりしていきますので、じゃぁこうすれば受信料を払わなくても良いなと言う事が分かって来ます。

そもそも、NHKは法律によっての受信料の支払いを押し付けるのではなく、国民が必要とする放送をすれば良いだけの話。

本当は一番視聴率を気にしなければならない放送局なんです。

それがダメだったら、公共放送では無く国営放送にして税金で運営するしかないんですよね。

もう、裁判所も国会もNHKを存続させる意志があり守ると言う事になれば公共放送の意味は無いです。

国会等の意志に関係無く出きる放送こそ公共放送。

NHKと政権が対立する位にならなくてはね。

ちょっと余計な話が多くなりましたが、簡単にまとめると裁判の判例が増える度にNHKの都合の良い逃げ道は無くなって行くと言う事。

国民から嫌われると誰も見ない不要なものになり、新しい世代が選ぶ政権からはそのうち潰されるかもよと言う事です。

今度は放送では無く、通信でNHKが運営しようとしてますが、このままではうまくいきませんよと言う事です。

まぁ、以前にもお話しましたが、出来れば何も変わらず今のままでいてくれれば私には関係の無い組織になりますので、それでお願いします。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




今の地球温暖化は寒冷化の前触れ、太陽活動と火山



火星人はやっぱりタコだったのか?そんな可能性も?


夏休みの宿題大丈夫?自由研究はどうすると良いのか考えてみた。




さぁ、お盆です。

学生以外の人も休みに突入。

普段仕事をしている人も、家族サービスと言う激務中の人もいるかも知れませんね。

主婦?主夫?の人も大変な時期ですよね。

そんな時期は関係無く学生は休みで楽しむ。

けれど夏休みの宿題と言う物があります。

さて、宿題はもう終わりましたか?

今の宿題は私が学生の頃より少なくなってると聞きますがどうなんでしょう?

正直、夏休みの宿題は必要無いと思うんですよね~

学校って何の為に行く?

教えてもらう為に行くんでしょ?

夏休みの宿題なんて誰も教えてくれないのに、もういいじゃんって思う。

夏休みの宿題はただ一つ、1ヶ月とちょっとの休みがありますが何をしますか?って事。

その期間は自由に使えるので好きな事をめいいっぱいしなさいで良いんですよ。

何かしたかったと言う事をするもよしだらだらするもよし。

ただ、学校が始まったら何をしましたか?と言う授業をすれば良い。

何かをしたと言うならその事を記事にして発表して、何もしなかった人も何かはしていたはず。

でも、なんで何もしなかったのかを考えてもらうと言う風にする。

この時に時間を有効に使うと言う事の大切さを教えると良いと思います。

社会人になってまとまった時間なんてなかなか作れないでしょ?

それこそ夏休みに時間を有効に使っている人なら、社会人になって時間を有効に使うと言う事は出来てるかもしれません。

そもそも、今の宿題はストレスしかない。

夏休みなんて自由研究のみで良いんですよ。

そして、その宿題をするのは学校が始まってから授業の中でやるんです。

すると、夏休みに何かを考えてる人はその後もスムーズに進む、経験や分かった事等を記録しておけば楽になる、何も考えていなかった人は苦しい事になると思います。

さてさて、やはり気になるのは今現状で自由研究をどうするかと言うことです。

何すれば?って思ってるんでは無いか?

そんな自由研究の考え方。

私が小学生の時には自由研究はショボい事しかしていない。

ちょっと工作するとかそんなの。

お菓子の箱で何か作るとかね。

そんな物、今から考えると時間の無駄でしかない。

工作をするにしても、今なら工作キットを使ってとかあるけど、あれも無駄。

良いんですよ、上手に出来ましたってね。

例えば将来、その工作で経験した事を仕事にするとか、それか、それが宿題とは考えずに楽しいと思うならね。

ただ宿題だから、これでいいかとするなら無駄だと言う事。

楽しいのなら何か興味をもってしているんだろうし、良い経験でしょうけど、嫌々するなら意味無い。

もし、今から自由研究でするなら好きなことをすると良いと思うんですね。

今何がしたい?ゲーム?野球やサッカー?歌を歌うとかギターをするとか?

それとも魚釣りをしたりカブト虫を捕まえたり。

もう、何もしたくない、何か食べてゆっくり寝たい。

もう、それを自由度研究にしちゃえって事。

学校の先生の評価なんてなんでも良いでしょ?




とにかく、1ヶ月以上の休みに一つ目標にしてとことんやると言う事。

例えば、ゲームをするなら俺流、私流の攻略本を作るとか、スポーツをするならどんな練習をして何が出来るようになったかと言う日記を書くとか、歌を歌うならこの歌あの歌が歌えるようになって、どうすれば上手く歌えるようになるか自分なりに考えてみた事をまとめるとか、楽器をするなら出来るようになった事を日記に書くとか、何か生き物を捕まえたなら上手に捕まえる方法を考えるとか、もう食べて寝ていたいと言う場合も、何が美味しいかの感想を書くとか、より美味しく食べる為にはとか、寝る事を考えるにも、どうすればよく眠れるとか、部屋の温度とか枕がどうとか寝る時間は何時がよく寝れるとか。

もう、研究出来る事なんていっぱいあります。

それを文章に書いても良いし、それが難しいならお父さんお母さんに協力してもらってYouTubeで動画でもつくり、そのURLを先生に提出すればいい。

特に音楽とかスポーツでの挑戦なんて文章では伝わりにくいでしょ?

それで先生に何か言われればその時はお父さんお母さんが学校に出動ですよ。

上記で書いている事ってどうですか?

大人が本当に研究としてやるような事でしょ?

これが本当に身になる研究だと思うんですよね。

今は昔と違って色々と技術が進歩しています。

それで、昔の考え方を押し付けられていることこそが問題なのです。

マニュアル通りに良くできましたが良いのか、マニュアルより上を考えてするのが良いのか?

これこそが本当のゆとり教育。

好きな事、やりたいことを伸ばすんです。

その為にお父さんお母さんは子供に協力してあげてね。

今は、機械やAIが出来る事は増えています。

マニュアルがする仕事はAIがするようになり、いずれ無くなります。

未来では何が出来るかと言うと、自分で出来る事を考えてそれを実行して行く事。

今成功している人を考えて。

20年30年前に無かった事をしている人でしょ。

ま、そう言う事ですね。

それが嫌なら決まったマニュアルをこなして役人やそれに近い仕事をすれば良いんですよ。

どちらが良いのかよく考えてみてね。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




Yahooショッピング誤発注のキャンセル事件(個人的なミス)



日本壊滅!南海トラフ地震富士山噴火より怖い九州破局噴火

ドラえもんの最狂道具、地球破壊爆弾について考えてみた


Yahooアカウントに不正アクセスが・・・大丈夫かな?心配




今日のお昼の2時頃、Yahooのメールアドレス、Yahooメールですよね、そこにこんなメールが。

アラートメールと言う事で。

Yahoo! JAPAN

普段お客様がご利用になられていない環境からYahoo! JAPANへのログインがありました。

Yahoo! JAPAN ID:***ほにゃらら***
Yahoo! JAPAN IDは一部非表示(*)にしています
ログイン日時 : 2018/08/10 14:44:36
IPアドレス : ***.***.***.***(中華人民共和国)

心当たりのないログインであった場合はログイン履歴の確認や、ヘルプを参考にYahoo!サービスの利用状況などをご確認ください。

※ このメールはお客様のYahoo! JAPAN IDに登録されているメールアドレスあてに自動的に送信しています。

と言うメールが届きました。

なんだこれ?

と言う事で確認。

ログイン履歴を見ると、Yahooのアカウントに知らないログインが。

ログインは中華人民共和国から。

完全に不正アクセス。

これは私がヤフオクとかでいつも使ってるYahooのページへの不正アクセス

さらに調べるとYahooメールにはもっと前か不成立アクセスが発生していました。

中国の他に台湾、そして日本からも。

メールが盗み見られている。

以前からもお話していますように、私はブログ書いたり、YouTubeで動画配信したりとかしていますが、そんなネットを使うと言うのは得意ではありません。

以前から使用するのはガラケー、今もガラケー。

そんな訳でYahooでヤフオクをしていても、セキュリティとかはよく分かりません。

まぁ大丈夫だろうと、特に何もせず初期に設定されているそのままで利用する事が多い。

やはりそのような状態ではダメだったんでしょう。

それで不正アクセスと言う事が起こっていました。

ですが、不幸中の幸いか、特に被害は無さそう。

こう言う事が起こると、不正に何か購入されていたり、ネットバンキングからお金が抜かれていたりするそうなんですが、今のところ何も無い。

まぁ、おかしな購入があったり、不正にお金が抜かれたりと言う事は結構、気が付く位チェックはしてますので、なんとか大丈夫だったのかも知れません。

でも、一応Yahooアカウントに登録しているカード会社には確認の電話をしました。

不正アクセスがあったのですが、問題は無いかと。

今も現状の利用状況を調べてもらいましたが、特に問題は無い。

私が心配だと言う事なら、クレジットカードの再発行も出来ますと言う事でしたが、色々と登録して利用しているので面倒だと思いこんな事を聞きました。

不正アクセスの影響で何か知らないものが購入された場合はどうなりますか?と。

すると、明らかに私ではない人が利用しているとか、そう言う事なら連絡があればお支払いの必要が無い場合があります。との事。

でも心配ですよね?認められなくて支払う事になる場合って。

で、こんな事も聞きました。

そのような不正アクセスでの問題になる事って多いですか?と。

すると、そのような問題はあまりありませんと言う事でした。

そんな事を聞くと、普段からそれなりにチェックしている事なので問題ないのかと。そう思いました。




ですが、この後も不正アクセスがあり困った事にならないように色々とチェックしました。

パスワードの確認変更、アカウントの変更、海外からのアクセスを禁止する設定等もしました。

アカウントの変更と言うのはアカウントのIDと違うIDでログインするように設定したと言うこと。

公開されてるIDとは違うIDでログインするようにと。

シークレットIDと言うやつです。

さらに、不正アクセスと考えられるログインがあれば通知が来るように設定。

最初の設定では結構危険なので、出来れば最初から細かな設定をしておいた方が良さそうです。

でも、私のようによくわかんないから、とりあえず利用し始めたと言う人も多いはず。

Yahooメールの不正アクセスは結構多いと聞きます。

いつも使ってると言う人も、最近使って無いと言う人も、ちょっと確認してみて下さい。

ログイン履歴で見ると知らないアクセスが無いですか?

中国、台湾からのアクセスとか。

ネットで利用をするからには、ある程度気にしないとね。

最近色々と回りで問題は起こります。

そう言う運気、流れなんでしょうか?

でも、問題はあっても困った被害が無いのは不幸中の幸い。

今後も、色んな事に注意してじっくり物事を考えるようにして行きたいです。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




日本壊滅!南海トラフ地震富士山噴火より怖い九州破局噴火



ドラえもんの最狂道具、地球破壊爆弾について考えてみた


日本壊滅!南海トラフ地震富士山噴火より怖い九州破局噴火




最近は地震が多く、日本でも世界でもM6を超える地震が多発。

2011年の東日本大震災、2016年熊本地震で大きな被害。

そして今年2018年には大阪北部地震。

つい最近ではインドネシアでも大きな地震も発生しています。

地震の事だけでも不安になるのに、さらに世界各地での火山活動も活発化している。

今年の日本では草津の白根山の噴火、新燃岳の再噴火が起こっています。

世界に目を向けると、ハワイのキラウエア火山で大きな被害を出す噴火が起こっていると言います。

このように自然災害が起こると、自分に関係ある所では大丈夫なのかと心配になり、情報を集めようとする人は多いのでは無いかと考えます。

でも、結局地震や噴火の予測は難しく、いくら調べても分かるものでは無い。

そうなると、当たらないと思っていても予言が気になるところです。

それで予言を調べると地震の予言はたくさん出て来ますね。

日本では地震が多く、南海トラフの大地震が周期的に起こるのでは無いかとの予測もあり、予言の多くは大地震の事が多い。

この予言をしておくと的中する可能性が高く、当たれば一気に名前が売れると、そう言う事では無いかと思います。

そして、さらに調べると火山の噴火の予言も多い。

ですが、この予言の多くは富士山の噴火。

富士山の噴火にしても、周期的な予測でそろそろ噴火してもおかしくは無いと言われており、南海トラフの巨大地震や関東での大地震に関連する事が今までも多かったと言う事で、その地震の予言とのセットで言われる事が多い。

そして、日本で富士山の噴火と言うと分かりやすく、注目されやすい。

そんな事もあり、災害の予言となると、南海トラフ、関東での大地震、富士山の噴火ばかりが出て来ます。

もちろん、どの災害が発生しても被害が大きく防災の知識を高める事は重要です。

防災の知識を高めれば、大きな災害でも小さな被害に抑える事が出来る可能性もある。

気を付けてもらいたい内容ではあると言う事に間違いはありません。

しかし、実を言うと、南海トラフの地震や富士山の噴火が可愛く思える程の被害が発生する可能性を日本は抱えています。

しかし、それが話題になる事が少なく感じます。

もちろん、話題と言うか警告を発している方は多い。

ただ、他の災害に比べて少なく感じると言うだけ。

大きな地震の発生で、南海トラフ地震の事を取り上げますが、もう少し一番被害が大きくなる可能性がある災害の知識を高める話題を取り上げて欲しいと思います。

その一番怖い災害と言うのは九州の破局噴火。

予言を探してもそれらしいものが出て来ない。

この噴火が無いから出て来ないのなら良いのですが、そう安心出来る事では無い。

予言も結局は話題性を重視するのか、そしてその予言で当たるものは少ない。

当たらない予言が出て来ないのならば逆に危険なんじゃないのか?とも思ってしまいます。

九州の火山で有名な阿蘇山、カルデラ。

このカルデラ噴火が起こると大変な事になります。

九州には阿蘇山以外にも多くのカルデラが存在。

そんなカルデラは日本で90以上もあり、その多くは九州と北海道に集中しています。

もし、この火山が噴火するとどうなるのか?

少なくとも100~200kmは火砕流で覆われ、壊滅状態になって、それ以外にも九州全土はもちろん、四国、中国地方までにも大きな被害は及ぶ。

そして火山によって影響を受けるのは日本全土と言って良い程のものになると言う。

日本全土が被災地になると言う事です。

カルデラの噴火は九州だけの問題では無く、日本全体の問題なのです。

さらに言うと、九州にある原発なんてあって良いものでは無いと言えます。

火山の被害だけなら大きな被害でも復興が出来るかも知れませんが、それに原発が絡むと、もう九州には住めない。

津波に影響で原発に問題があったと言っても水が引けば被害を食い止める作業が出来るかも知れませんが、火山による被害の場合は当分原発に近付く事が出来ない。

これがどう言う意味なのかはすぐにでも分かる事だと思います。

カルデラ噴火が起こると日本が終わる可能性が高い。

特に何もせず今のままだとね。

出来る事と言えば、早い段階の九州の原発の廃止。

シェルターや地下都市の建設等でしょうか?

そして、さらなる火山研究。

カルデラ噴火が起こる前に避難出来るような状況を作らなければなりません。

そのカルデラは九州だけでは無く、北海道にも多くありますので注意ですよね。

本当にそんな噴火が起こるのか?とも言われそうですが、このカルデラ噴火の周期は6700年程だと言われているんです。

なのに、今7300年程は起こっていないと言います。

と、言う事は今日、明日起こってもおかしくは無いと言う事。

阪神淡路の大震災が起こる確率は100年で1%と言われていて起こった。

今のカルデラ噴火の確率も同程度だと思います。

1%の確率と言うのは起こらないと言う意味では無く、起こると言う意味なんです。

特に、最近の環太平洋火山帯での火山活動の活発化、地震の増加の事を考えると、本当に危険な状況になっているのかも知れません。




当たらない予言ではありますが、このような事を考えると、日本沈没と言う予言をいくつか耳にした事があり、気になる事が出て来ます。

日本沈没とだけ聞くと、日本が海の中に沈没するのか?そんな事は無いと思いますが、この沈没と言うのは、カルデラ火山の火山灰によって日本が覆われる事を言っているのかも知れないと感じました。

そんな予言で、エドガー・ケイシーの2018年7月日本沈没なんてのがありました。

もう7月は過ぎ8月ですが、予言の時期はズレる事があると言う事もよく言います。

やはり警戒するべき事なのでは無いかと思います。

そして、当たらないとは言え気になる予言。

そんな予言の中で日本が沈没するとか、何か大きな災害が起こるとか、そんな可能性にありそうな予言には注目した方が良いのではないでしょうかね?

その前にやはり、国の政策で、事前に災害対策を進め、安心を増やしてもらいたいと思いますし、調査も進めて欲しい。

個人個人に出来る対策では防げない災害による被害が考えられます。

国民の安心安全をもっと考えて欲しいなと思います。

そんな事を考える政治家が増える事に期待し、選挙ではそんな政治家を応援したいと思います。

それくらいしか個人では出来る事が無いのかも知れませんね。

まずは原発廃止から考えてね。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




LINEをかたるフィッシング詐欺に引っ掛かりそうになった!!



宇宙人が攻撃して来ない理由、地球軍が勝つから?


LINEをかたるフィッシング詐欺に引っ掛かりそうになった!!




最近多いのか?私の身の回りで多くなっただけなのかは分かりませんが、少し前にも

Googleメンバーシップ・リワードと言う詐欺に引っ掛かりそうになった!

で詐欺に引っ掛かりそうになって、今度はこの「LINEをかたるフィッシング詐欺」に引っ掛かりそうになりました。

引っ掛かりそうとは言いながら、すぐに怪しいと気が付いたんだけどね。

2018年ビジターアンケートと言うフィッシング詐欺に引っ掛かりそうになった!!

その前にも、これで引っ掛かりそうになった。

ビジターアンケートでは質問に回答して個人情報の入力の手前まで行ってやっと気が付いたんで、気が付くのは遅かった。

でも一応そこで気が付いたので被害に遭う事はギリ無かったかな?と思う。

Googleメンバーシップ・リワードもビジターアンケートも突然パソコン上でサイトが開き、何やら賞品に当選したと言う内容のもの。

で、今回はこのLINEをかたるメールがパソコンのメールの受信トレイに届いていました。

確か、パソコンのメールアドレスはLINEのアカウントに登録されて無いはず。

それで、これはおかしいと気が付いて早速検索!

するとやはり詐欺と言う情報が。

これはどうやら2016年頃から多い詐欺メールのようで、最初はもっと前からかも知れません。

そのメール内容はこうです。


メールのタイトル

[LINE—安全認証]

本文

お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のために、ウェブページで検証してお願いします。

こちらのURLをクリックしてください。安全認証

https://line.me/・・・・・URLは続く

※URLの安全認証有効期限は毎日9時から20時までです。

────────────────

LINE

LINE Corporation

────────────────


とまぁこんなメールが届いていました。

もう、怪しいと思っていたので、URLはクリックしていませんが、この様なメールがLINEから送られて来る事は無いようです。

届いたメールアドレスは〇〇@〇〇.smbc.co.jp

恐らく三井住友銀行のアドレス?なのかな?

三井住友銀行ではインターネットバンキングとLINEで残高照会が出来るサービスがあるので、そのサービスを利用している人は引っ掛かりやすいのかも知れないですね。

メールが届いたのは2018年8月5日14:06分

この頃には他の人にも届いているかも知れませんね。

このURLの先は見ていないので、何があるか分かりませんが、もしパスワードの入力をしたとか、他に何か入力したと言う人がいましたら、パスワードの変更と三井住友銀行に問い合わせも考えた方が良いのかも知れません。

他にも似たようなメールは以前からあるようで、三井住友銀行だけでは無く、JACCSカードに見せかけたようなメール等も存在しているようです。

他にはLINEからの二段階パスワードの設定案内等のメールもあるようです。

直接メールのURLのリンクから行くと楽そうですが、どうなのか分からないと言う場合は、いつも利用しているLINEのページから確認してみた方が良いですね。

これだけフィッシング詐欺の機会が多くなるとそのうち引っ掛かる事もあるような気がします。

一応、パスワードの打ち込みと、個人情報の打ち込みについては気を付けて安易に行わないようにしていますので、今にところ私自身の被害は無いかと思います。

いつも利用している時と違うタイミングでのこのような打ち込みについては十分に気を付けて下さいね。

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




宇宙人が攻撃して来ない理由、地球軍が勝つから?



2018年は氷河期に向かって進んでいる事が分かる現象が多い

地球の生命は木星、土星等が無ければ滅亡する・・・