夢はパラレルワールド、夢こそ現実では無いか?説




人は、と言うか生物は寝ている時に夢を見る。

普段、夢見ないよと言う人も実は覚えて無いだけと言う可能性が高い。

他の生き物でも夢は見ます。

それなりに知能が高くないと見ないんでは無いかとは思いますが、家にいるワンちゃんも夢を見るようで、時々ビクッってしたり、寝言を言ったり、寝ているのに吠えたりします。

恐らく夢を見ているのでは無いかと思います。

でも、夢って不思議ですよね。

無から有が生まれるんですから。

だって起きている時は見えないでしょう?

でも寝ていると夢の世界が広がる。

その世界って何処にあるのですか?

頭の中に?

もし頭の中にそんな世界があれば頭がパンクしてしまいますよ。

なので、この夢の世界は無から生まれた有の世界であると思う。

宇宙が始まる前はどうだったの?と聞かれたら、夢のように無から有が生まれたんだよと答えます。

同じじゃないですか?

この世界も夢の世界も。

ですので、夢の世界は見る事が出来ている時は今の現実と違う異次元なんだと思ったと言う訳です。

この世界とちょっと違う異世界、パラレルワールドなんです。

そう言うと、夢の世界は全く違う世界だったよと言う人もいるかも知れません。

ですが、同じ3次元な感覚では無かったですか?

もしかすると2次元だったり?

もう3次元であった時点で同じような世界なんだと思うんです。

多次元の話で考えると、4次元、5次元、6次元と高次元がありますが、実際そんな高次元ってどんなものかなんて想像も出来ない全く分からない世界なんです。

今、3次元の世界で考えても、4次元か、5次元程度までしか想像が出来ません。

夢の世界は4次元とかかも知れませんが、その違いは少しの事。

やはり、少し違った異世界、パラレルワールドなんだと思います。

でも、夢から覚めると、ただの想像や妄想のようなものだって思うでしょう。

でも、もし目を覚まさなかったら?

眠れる森の美女や白雪姫のように。

ずっと夢の中だと、その中が現実だと思うようになると思いませんか?

もし、ずっと寝てられるような機械が開発され、目覚めなくて良くなればどちらが現実なんでしょう?

そう考えると、たかが夢とは言ってられない気がします。

そして、人間、他の生物もですが、死んでしまうとどうなると思いますか?

ただ無になるだけですか?それとも魂があって輪廻転生を繰り返すとか、天国や地獄に行くとか?

色々と想像するかも知れませんが、もし魂と言うものがあるなら、夢を見たまま体が無くなってもその世界にとどまる事があってもおかしく無いなんて思いませんか?

毎晩寝て起きればいつも通りの現実ですが、目をさまさなかったら?

眼を覚まさないうちは夢に中が現実で、その後目を覚ました世界は無の世界と言う事になりませんか?

宇宙人が何故地球人の前に姿を現さないのか?

それは、遠い宇宙からやって来る宇宙人は3次元の生物では無くて、もっと高次元6次元とか7次元とかの生命体で、すでに体を持たないものなのかも知れません。

そう言う生命体がいるとすれば、夢の世界に意識がある状態は人間が高次元にいると言う世界なのかも知れません。

よく、夜中に目を覚ましたら変な物が見えたとか、幽体離脱をしたとかって言うのも、夢の世界と言う高次元で見たり感じたりする一部の事かも知れません。

でも、実は起きている時にも異次元を感じている時があります。

それは想像をしている時。

何となーく映像が浮かぶとかそんな感じだとは思いますが、ハッキリしない。

眼を閉じると想像はよりハッキリする。

それは夢を見る時の状況に近付ける、異次元の世界に近付くと言う事では無いでしょうか?




そして、その想像力が高まると、起きていながらも異次元を感じる事が出来る。

それが、霊能力者や超能力者の力なんだと思います。

霊能者が見ているものは想像したものだと言う人が居ます(霊能者自身で)

ですが、その想像が間違いかと言えばそうでは無くて、異次元の扉を開ける能力がある人なら、その想像を通じて、そっちの異次元の現実を見ているのでは無いかと考えたんです。

例えば霊視をすると言って、現実のある場所の様子を見る。

その時はその異世界が見える様になるし、霊と話をすると言う時はその霊がいる世界が見える様になる。

異次元、パラレルワールドは無数にあり、無になったり有になったりする事は度々起こっている。

この現実と思っている世界だって、何者かが作った一瞬の世界なのかも知れないんです。

今私達は時間が未来に向かって進んでいると感じていますが、他の次元からすると私達が感じる時間とは違った感覚のものかも知れないのです。

この世界は全て同時に存在していて、この3次元の世界では、その起こった事を感じるのが時間があるものとして感じているだけかも知れないんです。

わっかるかな~?

私の考え方がおかしいだけかも知れませんけどね。

そもそも、縦、横、高さで3次元を感じていると言う事こそが普通と言う事では無いのかも知れませんよ。

こう、書いていてちょっと訳が分からなくなってきたかも知れません。

私が分からないのだから読んでいる人はもっと分からないのかもね。

すいません。

単純に言うと、今の現実が現実では無いと言う世界もあるよと言うところでしょうか?

もし、この人間のような生物が生きていて体が無くなれば無になると言う事ではなければと言う話。

魂があるとかそう言う話ね。

毎日寝て起きて、現実を見ると言うのが普通だと思っていると思いますが、目が覚めるか覚めないかは2分の1なんです。

起きたからこそまた同じ世界が出現すると言うだけで、もし目が覚めなければ、覚めない人から見れば、この現実する世界の方が消滅したとも考えられるのです。

さて、この世界は現実なんでしょうか?

分からなくなりますよね?

て事で、今日も訳の分からない話もこの辺で。

それではまた。




火星人はやっぱりタコだったのか?そんな可能性も?



夏休みの宿題大丈夫?自由研究はどうすると良いのか考えてみた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)