お小遣いサイトPotora(ポトラ)で遊ぶ。その12

お小遣いサイトPotora(ポトラ)で遊ぶ。その13

さてさて今回もポトラで遊んでみましょう。

もう半分は超えてると思うんですけどね。

それでは最初は

スクールオブクイズ

ゲームの舞台は学校で、ゲーム的には4択のクイズですね。

問題を見て10秒以内に4択から正解だと思う答えをクリックするだけ。

このゲームのポイントは2000ポイントを山分けにすると言う事なんだけど、参加者が1000人オーバーで2000ポイントじゃ魅力が無いよね。

一応参加者が増えると山分けポイントの総ポイント数も増えるらしいんだけど、どれだけ増えるんだろうね?

これなら、他のアンケートとかをしてた方がいいかもね?

ただ、クイズが好きと言う人なら楽しめるかも知れませんね。




お小遣いサイトPotora(ポトラ)で稼ぐ。その14

戦国 姫のお宝さがし

これは以前紹介したゴールドラッシュとよく似た感じですね。

このゲームは3つのアクションで1つのゲームになっているようです。

まず最初に、洞窟探検宝箱探し。

洞窟に入るとすぐに道が3つに分かれます。

前に進むか、右に進むか、左に進むかを選びます。

進んだ先に宝箱があれば当たり。

これを何度か繰り返して、宝箱を集めます。

宝箱の種類は、NORMAL、SILVER、GOLD。

もちろんNORMALよりSILVERが良くって、さらにGOLDの方が期待値が高いです。

宝箱を集め終わったら、今度はその宝箱を開ける為の鍵を集めます。

この鍵を持っているのは、戦国時代の武将たち。

その武将が出現したら、何処を攻撃したら勝てるのかを選びます。

前、右、左の何処から攻撃するか選んで、勝てると鍵を獲得する事が出来ます。

その鍵集めが終わると、その鍵で宝箱を開けるんですが、全て開けられる訳では無く、どの宝箱から開けるかを選び、その鍵で開いたらポイントゲットとなる訳です。

一度挑戦しましたが、見つけた宝箱NORMAL3つと鍵8個。

一番左から開けようと、全部左を選んだら、結局8個目の鍵で開きました。

その中には1ポイントが入っていました。

多分かなり運が悪かったのだと思います。

毎日最大300ptゲット出来るらしいので、100pt単位で当たる事もあるんでは無いでしょうか?

時間を空ければ1日に何度か遊べるみたいなんで、宝箱を開けるのが楽しいと言う人は何度も挑戦してはいかがでしょうか?




お小遣いサイトPotora(ポトラ)の紹介。まとめ

釣神

魚釣りのゲームのようですね。

これも、山分けポイントなので、あまり大量ポイントは見込めないかも知れません。

魚釣りと言っても全てコマンド選択方式で、アクション性はありませんでした。

まず最初にエサ選び、ゴカイ、ダンゴ、ルアーともう一つは忘れましたが、4つからエサを選びます。

その次は、エサを投げ入れる場所を選びます。

奥、手前、右、左の4択です。

エサを投げ入れたら、今度は魚が掛かるまで、投げ入れたエサの動かし方を選択します。

さそう動きをするか、引く動きをするかです。

この選択を4回程したくらいで魚がヒットしました。

これからが魚とのバトルになるのですが、ここからも選択式。

ゆっくり巻くか、早く巻くか。

4回程選択して、初釣果。

結果は7cmのサザエでした。

ガックリしました。

魚ですら無いし、サザエってそれ自体エサじゃないの?って思ってしまった。

このゲームは2時間置きに出来るようなので、たくさん魚を釣りたいと思う人は何度も挑戦してみてはいかがでしょうか?

色んな魚を釣って、ゲーム内の魚図鑑の完成を目指すのも面白いかも知れませんね。




ハピタスならタダで宝くじがもらえてお得なんです。

リーグオブジュエル

これはダンジョンを冒険するゲームです。

ダンジョンの中に入ると進める方向の矢印が出ます。

その矢印をクリックしながら進んで行き、途中で発生するイベントでLPを稼ぎます。

LPと言うのは得点の様なもので、アイテムを見つけたり、モンスターを倒したりすると獲得する事が出来て、ダンジョンを脱出してもLPがもらえます。

そしてより多くLPを稼げれば、ポイントがたくさんもらえると言う訳です。

このゲームもポイントの山分けゲームなので、大量獲得は厳しいですが、冒険ものが好きなら有りかな?とは思いました。




とことんフルーツメールプレゼントスロット1日目

フォーチュンドロー

これは神経衰弱に近いゲーム。

ですが、神経衰弱では無いゲーム。

最初に5枚のイケメンカードが出て来ます。

まずその名前を憶えておいて、裏返しに並べれれたカードを順にめくって行く訳ですが、

例えば、最初に確認したカードがA、A、B、B、Cだったとします。

これを裏返しにして最初にめくったカードがAだとします。

すると、次にめくるのは同じカードAをめくらなければなりません。

ここで間違ってBをめくったとすると、残っているカードがA、B、Cの3枚なので、そこからこんどは直前にめくったBを当てると言うように1つ前にめくったカードと同じカードをめくるゲームなんです。

もし、ここでBを当てた場合は、残りに2つがAとCなのでBのカードがありません。

ですので、リフレッシュボタンを押して、新たに5枚並べてそこからBを狙ってめくると流れです。

そしてライフが5つなんで、5回間違うとゲームオーバー。

いかに連続して同じカードを引くかと言うゲームですね。

これも山分けポイントのゲームになります。

全体的に山分けゲームはポイント獲得が厳しいとは思いますが、大量ポイントの獲得の可能性も有るかと思います。

どれか一つのゲームをやり込み、コツを掴めば大量にポイントが稼げるかも知れません。

何か好みのゲームがあればやり込んでみてはいかがでしょうか?

それでは、今回はこの辺でまた次回。

↓登録はこのバナーからだとお得↓




お小遣いサイトのアンケート、みんなのしつもん大募集で採用されたよ。

懸賞で当てよう!!そんなサイトを集めてみました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)