収入があっても税金を納めなくていい方法

最近の値上げラッシュ、でも逆に出費が減ってるかも?

収入があっても税金を払わなくても良い方法があります。

ですが、より良い社会にする為にはたくさん税金は払って欲しいとは言っておきます。

税金を払わなくて良い方法

収入があっても税金を払わなくて良い方法

それは、収入をポイントで受け取ると言う方法です。

お小遣いサイトではたくさんもらえるポイントですが、このポイントを使用する時に多目的に使えるポイントに交換して現金化せずにそのままポイントとして利用する方法です。

これだと、現金化していないのですから収入にはなりません。

多目的に使えるポイントと言えば、マイル、Tポイント、楽天ポイント、ポンタポイントと言う所でしょうか?

そのようなポイントを得る事については税金が掛かりません。

ポイントで受け取れるものはポイントのまま利用するようにしましょう。

ポイントサイトで稼いで生活保護をもらうと言う裕福な生活出来てしまうダメなパターンも可能になってしまいそうですね。




早めにキャッシュレス、クレジットカード利用でお得は増加

仮想通貨で収入を得ると言う方法

この場合も、現時点では収入とは判断されないと言われています。

この仮想通貨(=コインとします。)の場合でも税金を払う必要が無いと思われます。

しかもコインでの支払いの場合は消費税ですら掛からないのでは無いか?と言う事になりそうです。

ですが、現金をコインにした時はコインを買うのですから、消費税は掛かりそうですね。

しかし、消費税が掛かるのは、その交換した国が何処であるか?と言う事になるようです。

消費税の掛かる国で交換したら、払う必要がありますが、消費税が存在しない国で交換すると払う必要は無いと言う事です。

コインを売って現金にした時にも収入になりますので税金は必要になります。

コインと物を交換する時は税金は掛からないとなりますね。

コインで収入が得られる時はコインで得て、コインを使える所ではコインのまま使うようにしましょう。




2018年から確定申告で医療費控除と株式運用の損益通算と繰越控除

電子マネーではどうか?

これは微妙なところになって来ているようです。

グレーと言うやつでしょうか?

しかし、現時点では収入にならないと思われます。

電子マネーも現金化しなければ収入にならないでしょう。

ですが、税理士さんの見解では収入として考える方もおられるようです。

お金と同じように使えるんだから、収入でしょと言う考えなのでしょうか?

しかし、今の法律では明確に収入とはならないようです。

明確に収入だと法律や、裁判でハッキリしない限りは収入とは考えなくていいでしょう。

電子マネーを収入として考えるのはハッキリと決まってからで遅くは無いようです。




ちょっと稼いだんだけど、確定申告とかどうすればいいのかと。

まとめ

ポイント、仮想通貨、電子マネー

これらの所得に税金を掛けるのなら、この所得は国が補償しないといけないと言う事になると思います。

例えば、マイルを運営している会社、仮想通貨のシステム、電子マネーを運営している会社が無くなったら、全てパーになるんですから、それを収入とされたらたまったもんじゃないと言う事です。

お金は何処でも使えますが、これらの物は使える所も限定的だと言う事もあります。

今のところ、法律ではっきりさせていないし、法律で所得とするにはまだまだ時間が掛ると思います。

色んな所で得られるこれらの課税されない収入、上手に使って行きましょう。

ちなみに、ポイントや電子マネーで税金を払う事が出来る場合もありますよ。




ウエルシアで買い物、毎月20日はTポイントでお得過ぎる!!

年金はもらえないかも?払うと損?は都市伝説!?




広告収入が無いYouTube、それまでに他で収入を得る方法



電子マネーに上手にチャージで公共料金の支払いをしよう。




自己アフィリエイトって何?誰でも簡単に出来る?



やっぱりカード主義、カード払いの方が節約出来ると実感。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)