プレミアムフライデー、月末金曜日15時退社をどう思うか?




プレミアムフライデーと言う政策をご存知でしょうか?

月末金曜日15時退社にして空いた時間に消費をして景気を良くしようと言う政策なんですが、私はこのような時間を決めた仕事自体が無くなって欲しいと思っています。

色んな会社、業種があって、それぞれどのような勤務時間があっても自由なんじゃないかなって思います。

実際、サービス業やラインを止められない製造業などはそれぞれ、時間、曜日関係なく必要な時間に仕事をしています。

なので、土日祝祭日が休みで時間が何時から何時までと言うのを政策で考えるのでは無く、週何日何時間、年何日何時間等を大まかに決める程度にして欲しいと思いますね。

昔は日曜が休みで、土曜日が昼までとかで祝祭日も少なかったのに、土曜日も休み、祝祭日も増えてきています。

このように休みを増やしてどのような効果があったのか?

結局、景気が良くなった訳ではなく、仕事をせず何も考えず役職に就いていてお金をもらっている人が得をしているんでは無いでしょうか?

仕事をせずにお金をもらえている人はそれこそ遊ぶ時間が欲しいですよね?

使うお金も十分にある。

海外旅行にでも行きましょうかってとこでしょうか?

海外旅行に行ったら意味無いんですけどね。

昔みたいに休みが少ない方が国内でちょっと温泉に行こうとかになるのでは無いでしょうか?




そして、天下りの様な会社を増やすと言う流れになります。

勤務時間を減らす事により、仕事の進み具合が遅くなります。

仕事の進み具合が遅くならないように他の会社に委託する。

その委託会社の上層部にいる人はその職に就いていればお金が貰える。

そうやって、お金を流す所を増やす訳ですね。

そのお金は何処から出るのか?ってとこです。

そして、休みを増やす事により派遣のように働いた分だけ収入を得ている人は賃金が減りますし、サービス業なんかはその分休みが減って、給料が増えない、他の日の売り上げが下がってトータル同じとかになってきそうです。

このようにあまり決め事としてやるのはどうかな?って思います。

なので、休みが増えると得をする人達が堂々と勤務時間を減らせる政策を作っていくと言う流れがどんどん進んでいくのでしょう。

そして、時給や日給で働く人はもっと働けと言いたいんでは無いでしょうか?

しっかり考えて事業をしている企業はおそらく、法で決められた中で儲けを出すように考えて、従業員には気持ちよく働けるように常に考えていると思いますし、逆にそう思っていないような企業の業績は下がって行くと思います。

このような小細工政策をするよりも、もっと違う有効な政策やお金の使い方を考えて欲しいし、いらない企業や役職は無くしていって、頑張って事業をしている、頑張って仕事をしている人々に還元出来るような事をやっていって欲しいと思います。

なので、こう言う事を決めた時は建前と本音、表と裏がありそうな気がしますが、みなさんはどう思いますか?




消費増税するとキャッシュレスでポイント還元・・・やめて!

命を救う募金を無料でしよう!もしかすると大金ゲット!!




本当に人間はAIに仕事を奪われ失業者が増加するのか?



加速進化するAIと体内マイクロチップ技術、そして最後に・・・




役所の情報漏洩?NHKと繋がってる?そんな疑問



家で出来る副業あれこれ紹介。資金が無くても出来る事から順番に説明です。




安倍総理の幼児教育の無償化はただのばらまき。解散総選挙の単純な理由付け。



教育無料化するなら、飛び級制度を導入するべし。




今働いている世代の定年後はどうなると思います?



株を買うようになって、思う。パチンコするなら株の方が・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)