宇宙人がいるかいないか?来てるか来てないか?考える




最近考えている事なんですが、宇宙人はいるのかいないのか?

地球に来てるか来てないか?

皆さんもそんな事を考える事もあるんじゃ無いですか?

このページを開いている人なら、そう言う人も多いでしょう。

最近では宇宙人はいないと言う人は少数派で、これだけ広い宇宙になら他にも知性を持っている生物はいると考える人が多いでしょうね。

それはこの世界に地球が存在し、宇宙も存在していると言う事が前提の話なんだと思いますが、それも最近では否定する説があります。

例えば、この世界はバーチャルリアリティーの世界であるなんて話とかですね。

広い宇宙があるのでは無くバーチャルの世界でそうであるかのように感じさせられていると言う事。

その証明に光の速さは一定であり、この世界の処理速度は光の速度が限界でそのようなコンピューターの中の世界だなんて。

もしそうなら宇宙人は存在しなくなる。

その代わりにこの世界を作った何者かがいて、もし宇宙人と遭遇する事があればそれはその様に作られたと言う事になりますね。

そんな話も知ってる人は知っている話なんでしょうけどね。




そう言う話を聞いてもそんな事あるかって言われる事が多いけど、昔の人が天動説が当たり前で地動説なんてそんな事あるかって思っているのと同じで、そうでは無いと証明されるまでは可能性は0では無いと思います。

ただ、これも、霊がいない証明が出来ないのと同じで結局無いと言う証明は出来ない、難しいと思いますので、どちらの可能性もあるとは思っておいても良い気がします。

私も、どちらのパターンでも否定はせずあり得ると考えて想像して楽しんでいます。

こんな答えが出ない事を考えるのって楽しいですよね。

1+1=2なんて決まった事を考えるよりもね。

しかし、この1+1=2と言うのも、算数や数学の中での話でこの世の中には1+1=2が絶対に正解では無い事もあるので、その辺も柔軟に考えたいとも思います。

で、まぁ、宇宙人はいるのかいないのか?

そんな話だったと思いますが、今回はいると言う事で考えたいと思います。

宇宙人がいるのに何故まだ私達は出会えていないのか?

近代の公式な話では出会えていない、そう言う事ですが、世界中やそれこそ日本でも宇宙人に会った事があると言う人って沢山いますよね?

私はそのほとんどが虚言だとは思いますが、もしかすると中には本当に出会っている人もいると思いますし、私や皆さんも知らない間に出会っているか影響を受けているのではないかと考えます。

大国の政府なんかだと既にしっかりと出会っていて交渉をしていたり協定を結んでいたりするかも知れません。

そんな政府との約束で、今は一般の人には存在が分からないように行動しているのかも?




まだ宇宙人と出会えないのは何故か?と言う話で有名なのが

フェルミのパラドックス

フェルミのパラドックスでは宇宙人は来てるが政府等により公開されていないとかこの宇宙の中では地球人が唯一無二の知的生物であるとか遠すぎて来れないとかって説明されています。

最近私はその中の距離の問題が気になって仕方がない。

それは何故かと言うと、今の人類が地球外生命体を探しているが見つからないレベル。

その技術でもこれだけ科学が発達していて、人々が想像してきたものを開発してそれでもそのレベル。

もし、地球に宇宙人が来てるならば距離の問題は関係無いと思うんですよね。

そりゃ来てるんだったら関係無いでしょと単純に思うと思いますが、そんなに単純な話では無いと言う事を考えているんですよね。

もしも、地球人よりも技術が発達しているなら光の速さよりも速く移動出来る技術もあるだろうし時間移動も出来ているのでは無いかと思うんです。

逆に言うと、そんな事が出来ないと言うのであれば地球人が他の知的生命体と出会う事はいくら時代が進もうとも不可能であると言う事になる。

それは光の速さも時間の移動も出来ないからなんです。

そりゃ無人の宇宙船を飛ばして何万年、何億年も進めば見つかるかも知れませんがその頃まで人類が存在出来るでしょうか?

どの知的生命体もその壁は超えられないように思いますが、もしその壁を超える知的生命体がいれば既に地球とも何か関係があってもおかしくは無いのでは無いかと考えているんです。

その何万年、何億年の壁を超えるにはやはりそれだけの技術があるでしょう。

光よりも速く動けるとか、時空を超える事が出来るとか。

そんな事を考えているとこれから先に出会えると言うよりも既に地球には宇宙人が来ているとか交流があると言う方が自然じゃ無いですか?

だって時間も移動も制限無く出来るんだから、その状況で地球が見つからないとか地球に行けないとかは考えにくい。




もしも、知的生命体の最先端が地球人と言うのならこれから出会えると言う話も考えられますが、この広い宇宙でそうだと言う方がやはり不自然。

そう考えると、宇宙人が存在するのであれば既に地球に関係していて、地球が管理、コントロールされているのでは無いでしょうか?

なので、宇宙人は地球人の前に現れないだけなのだと。

それと、もし遠くの宇宙人が地球と交信すると言う事になれば、こちらが送った情報は瞬時に受け取られていると考えています。

もしかすると送る前に知っているかも知れません。

もし、その宇宙人が時間の移動をする技術があれば未来に行き情報を受信して過去に行って地球に向けて送信すれば地球上で電話でもするかのように会話が出来るはずだし、そんな技術を持っている宇宙人もいると思います。

それなのにそんな情報が全く出てこないとなると、やはり宇宙人に管理コントロールされているんだろうなと、そう思う訳です。

それか、宇宙人がいない又はそんな技術は無い、そんなに長い文明は無いと言う事なのでしょうかね?

そして、もしそんな技術があれば未来の地球人もそんな風に他の宇宙人と交流していて、地球の過去なんかもそれなりにコントロールしているのかも知れないですね。

結局今回言いたかった事は、自然に考えると既に宇宙人は地球に来ていて政府と交流があるとか、そんな事が無くても宇宙人に管理コントロールされているでしょうね。

そんな事をなんとなく考えています。

ちょっと記事を書いていて自分でも時々「?」が頭に浮かんでしまっていますが・・・

皆さんはどう思いますか?

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




超古代文明アトランティスは何処に?本当に沈んでしまったのか?



地球の不思議は宇宙から来たものによって発生?

2018年やりすぎ都市伝説・秋を見て思った事[前編]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)