NHKには嘘がいっぱい。知らない人は気を付けましょう。




まず、良く勘違いされるのが、NHKは国営放送だから嘘は無い、間違いは無いと、そう思われている方が少なく無い状況では無いでしょうか?

NHKって単に民間の放送局で公営放送で有り国営放送ではありません。

簡単に言うと東京電力や関西電力のように公共性の高い会社。

それだけの事。

基本的には、国民の味方で国や大きな企業の問題のある事を国民に伝える事等、国民の為になる放送をするようにと作られた放送局なんだと思います。

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

ですが、今はどうでしょう?

国の議員が忖度、NHKが国の議員に忖度している状況ではありませんか?

又、同じ様に大企業が忖度、大企業に忖度している状況じゃありませんか?

国の議員はNHKが自分の事を悪く言わない様に忖度して法律を作り、NHKはNHKにとって不利な法律を作られないように国の議員に忖度する。

その方法は放送の中でNHKに有益になるように報道したりしているんじゃないか?と言う事です。

賄賂、お金だけが利益と言う訳では無いのです。

また、大企業はNHKに良い報道をしてもらおうと意図的に自社にテレビをたくさん設置。

その事によってたくさんの受信料を支払い、その見返りに自社に都合の良い放送をしてもらおうと考える。

と、そんな事が普通な状態です。

これで、本当のNHKの役割を果たしているのでしょうか?

このような事を考えながら、NHKにありがちな嘘を考えて行こうかと思います。

その1

訪問時にNHKでは無い、他社の訪問員が「NHKです。」と言う。

この場合はNHKが嘘を言っているのでは無いですが、他社の社員がNHKですと言って訪問する事をNHKが放置している。認めている状態であると言う事です。

本来、例えば訪問時にNHKでは無い「A社」ですと言ってそれからNHKの契約に関してですが・・・と説明するべきです。

その2

NHKの受信登録が出来ていないので「登録」して下さい。と言ってくる。

NHKの受信登録なんて義務も法律も何もありません。

義務があるのは受信出来る状態のある受信機を設置している場合に受信「契約」が必要であり、「登録」なんてありません。

契約と言うとしてもらえないと思って、わざと登録と言うのです。

これは嘘の説明になります。

ホームページを作成するならZ.comの高速レンタルサーバー

その3

衛星放送を受信できない状態でも衛星放送の契約が必要と言ってくる。

例えば、衛星放送を見る事が出来るアンテナやケーブルテレビの契約したと言う事や、テレビ自体が衛星放送を見る事が出来るテレビがある場合に実際に見る事が出来ない状況であっても衛星契約が必要と言う説明をして契約をさせる事がある。

テレビが衛星放送を見る事が出来るものであっても、衛星放送を見る事が出来るアンテナやケーブルテレビに契約していない場合、また、ケーブルテレビで衛星放送を見る事が出来る契約やアンテナが衛星放送を見る事が出来るものであってもテレビ自体が見る事の出来るものでなければ契約の必要は無いはずです。

その4

テレビ設置日の嘘

基本的には、受信契約をする時に設置日の記入が必要。

ですが、契約日と同じ設置日で良いと説明してくる。

契約日以前にテレビを設置している場合は、過去と切り分けて今の分から払っていただければ結構ですと嘘の説明をしてくる。

法律上切り分ける事は不可能。

もし設置日を偽って契約してた場合は詐欺になる場合もあり、その説明をした訪問員も犯罪を犯した事になります。

契約して1円でもお金を支払うと過去の分の受信料もさかのぼって払う義務が発生しますのでご注意を。




その5

ワンセグでも受信契約が必要と言う嘘

ワンセグでも受信料契約が必要と言う明確な法律も規約も存在していません。

NHKがワンセグでも支払って欲しいな~その方が儲かるラッキーってなだけです。

たくさん給料が欲しいから払って欲しいと言う希望、主張があるだけなんです。

今ワンセグについて争っている裁判があります。

その結果が出てから契約が必要であるか無いかがハッキリします。

それまでは契約して欲しいな~とNHKが勝手に想像しているだけなんです。

その6

パソコンを持っているだけでも受信契約が必要と言う嘘

テレビやワンセグを持っていなくても、パソコンを持っているだけで契約が必要だと説明してくる場合があります。

もちろんテレビチューナーを付けてテレビを見る事の出来る状態であれば契約が必要であるが、基本的にはパソコンを持っているだけで契約の必要はありません。

ドメイン取るならお名前.com

その7

録画、録音をしてはいけないと言う嘘

NHKは訪問時に録画や録音をしているとやめるように言ってくる。

そして録画録音をしていると消せと強要してくる事がある。

自宅で録画録音をする事はもちろん問題は無い事であり、目的が防犯や契約の確認の為なのだから正当な行為であるはず。

NHKに電話した時も強制で録音されているのに自宅で録音しては行けないなんて事があるはずも無い。

NHKの訪問員が言う録画録音をしてはいけないと言うのは嘘なんです。

と、簡単に思いつくだけで、これだけの嘘を日常的についてくる。

そんな放送局が本当に国民の為の放送局なのか?疑問に思う。

放送自体も偏向しているものが多いと聞きます。

もう、公共放送の役割が果たせていない、信用が無い。

このようなNHKがそのままでいいのか?

もう少しみんなが声を上げて「必要無い」と言っていくべきでは無いでしょうか?




家具・家電のレンタルで会社の経費の節約をしよう。その1

ビットコインは仮想通貨ではなく暗号通貨、持っていると金持ちに!?

ストレミライン 公式サイト

特に個人事業等の人はクレジットカード、ポイントカードを上手に利用でお得に節約、節税しよう。

お小遣いサイト最強と噂のげん玉に登録してみました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)