話題のpaypay、利用してない人も大変な事になってるかもよ?




少し前に、100億円還元キャンペーンで話題になりましたね。

利用者を増やしたい、利用の機会を増やしたい、使えるお店を増やしたい等の目的であったと思いますが、ちょっと失敗だったのかも知れないなと言うイメージと、問題があった事がわかって来たようです。

失敗と言っても、マイナスと言うよりも思った程プラス効果ではなかったのかなと言う感じなのかな?と思います。

不正利用やシステム障害がマイナスイメージ、それがあってプラスが減った。

しかし、それを改善すればプラスになる事がわかる。

失敗は成功の素と言うやつですよね。

で、今回タイトルになっている大変な事になってるかも?と言うのは、paypayの不正利用があって、それはクレジットカードを持っていれば全ての人に関係する事だそうなんです。

paypayの利用方法と言うと、アプリをダウンロードして利用者情報を入力して使うと言う流れのようですが、クレジットカードで支払いをする方法を選択した場合が問題らしいのです。

登録情報はクレジットカード番号と有効期限、そしてセキュリティコードを入力するだけ。

名前も、電話番号、住所等、他に登録する必要は無いらしいですね。

通常に利用する場合は簡単登録でありがたいのですが、逆に考えると簡単な分不正がしやすいと言う事。

他人のクレジットカード番号と有効期限を知っていて3桁のセキュリティコードが合えばpaypayが使えてしまう。

クレジットカードの番号だけ分かっている場合でも、有効期限とセキュリティコードが合えば使えてしまいます。

しかも、数字が間違ってしまっても何度も繰り返し入力し直せる状態であったらしく、ロックも何もかからないそうです。

自力で何度も挑戦すると言う方法もありますが、コンピューターを使って自動で何度もやり直せば簡単に登録出来てしまう。

まぁ、今ではその辺りは改善されて簡単に不正利用が出来なくはなったみたいで、今後は大丈夫なのかなと言うところ。

しかし、今、クレジットカードを持っている人はしっかりと確認しておいた方が良い。




今回の不正はpaypayを使っていなくても知らない間に利用されている可能性があると言う事なんで、普段からクレジットカードの利用明細を確認しているとは思いますが、念の為今一度しっかりと確認しておいた方が良いみたいです。

特に普段利用していないカードがある人は注意ですね。

私も、この情報を聞いて、いつもはさらっと確認する程度ですが、今持っているカードを改めてチェックしてみました。

幸い何も問題が無くて良かったのですが、もし不正利用があった場合は60日以内ならクレジットカード会社に連絡すれば支払いが免除される場合が多いと言う事なので早めにチェックです。

この60日と言うのは恐らく利用日から銀行引き落としの日等までが約2か月と言う事でこの期間となっているのだと思います。

ほとんどの場合が支払い免除だと言うのですが、支払いが免除されない場合と言うのは、それは利用者側に落ち度がある場合とかですね。

例えば、カード番号を公開しているとか他人に使わせているとか。

よくあるのはカードの裏面に名前を記入していないとかね。

今回の場合は名前を書いていないと言うのは関係無さそうです。

私も昔は名前を書いていないカードもあったのですが、書かないと支払いの免除等が受けられなくなる可能性があると言う事を知って慌てて記入しました。

そんな訳で、しっかりとクレジットカードの管理をしましょうねと言う事です。

そして、今回の不正の情報を聞いて思った事がありました。

クレジットカードの番号が漏れている人が不正利用されていると言う事らしいのですが、その情報っていつどこから漏れるのだろうと?

まぁ、普段使う時でも、お店の人にカードを預けて支払いをする際に目の届かない所で処理をするお店なんかでは不正利用をされる可能性はあるかな?って思いますが、それは不正をする側にもリスクがありそうですので、あまり起こりそうに無い。

ではどこから漏れる?

それで思い出したのが最近よく聞いたり遭遇したりするフィッシング詐欺やサイトの不正アクセス、それと企業の情報漏洩。

その中で私が遭遇したのはビジターアンケートやGoogleメンバーシップ・リワード等のフィッシング詐欺。

Googleメンバーシップ・リワードと言う詐欺に引っ掛かりそうになった!

2018年ビジターアンケートと言うフィッシング詐欺に引っ掛かりそうになった!!

これは、パソコン等の画面上に突然ページが開き簡単なアンケートを回答すると、豪華な賞品が当たると言うもの。

しかし、その賞品を受けとるには僅かな金額を支払う必要があり100円程度をクレジットカードで支払いをさせようとする。

その時にクレジットカードの番号と有効期限が情報局として抜き取られる。

入手をしてしまったと言う人もすぐにチェックして何も無かったと言っていても、今回のような時に利用されているのかも知れませんよ。

とまぁ、そんな感じです。

そんな訳で、今回不正に遭遇した人も、フィッシング詐欺等で情報漏洩の心配がある人も、カード会社に相談してカード番号の交換等の対応の相談をしておいた方が良いかも知れません。

その様な疑いのある場合のカードの再発行は恐らく無料で可能だと思います。

paypayの問題以外でも月に1度程度は明細チェックをしておきましょう。

お得なキャンペーンも多くありますので、それと同時にチェックですね。

キャッシュレス決済が増えて便利になる反面、管理をしっかりしましょうねと言う事で今回はこの辺で。

ではまた。




命を救う募金を無料でしよう!もしかすると大金ゲット!!



LINEをかたるフィッシング詐欺に引っ掛かりそうになった!!

年金はもらえないかも?払うと損?は都市伝説!?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)