2018年やりすぎ都市伝説・秋を見て思った事[後編]




さて、今回はやりすぎ都市伝説・秋のミスター関の話を振り替えって考えたいと思います。

そのテーマは月、そして第7感

ケネディ大統領の時代、アメリカ政府は宇宙人の存在を知っていた。

その秘密を公表しようとしたからケネディは暗殺されたのではないかとも言われる。

もし、宇宙人の話が公表されると神の存在が変わってしまう、そうなると宗教的な事から考え方も大きく変わってしまう事になる。

そんな事になれば困る人も多くいるし、大きな力によって公表する事にならなかったのではないか?と言う事。

そして、アポロ計画はお金が掛かると言う事で17号で計画は終わったと言いますが、実際は20号まで作られて月へ行ってるのだとか。

18号はソ連と協同で飛ばしたと言う話だが、19号、20号の話は無い。

お金が無いと言って計画が終わったと言っても、終わった時にはすでに20号まで作られる段取りは終わっていてお金も支払済みだったなんて話も聞く。

では、その公には飛んだと発表されていない19号20号は秘密裏に何しに月へ行ったのか?

それは、東洋のモナリザと噂になっている月のミイラの調査の為ではないかとも言われる。

月の裏側で見つかったミイラの調査に行ったと言う話。

そのミイラの正体は何者かと言うと、人間と宇宙人とのハイブリッド、ヒューメイリアンだそうです。

そんな話が本当かどうかわからんが、宇宙人はいるような気はします。

月にも地球にも、火星、そして二ビルにもね。

今回はその中の月の話で、実は月には6種類の宇宙人がいると言う話も出てましたね。

宇宙人が地球にやってこない、それは知的生命体がいる星は相当遠く地球と関係を持つような星が無いから。

例え地球より優れた文明を持つ宇宙人がいたとしても距離の問題があって交流を持つ事は難しい。

もし、遠く離れた知的生命体に地球の存在を知られて、その距離を問題としないレベルの技術があれば、地球の支配なんてあっという間にされてしまうと思います。

しかし、そのレベルの知的生命体が月にもあって、既に地球を管理しているとすればどうなのか?

宇宙人が地球をコントロールしていて、他の力から守っているとすればどうか?

それが、神の存在であり、今、大国の政府と関係を持って地球を管理しているのでは無いでしょうか?

そう言えばおかしな気がします。

今、火星の探索機が探索して次々と火星の謎が解かれているのに、近い位置にある月の探索がそれほど進んでいないと思いませんか?

火星よりもちかく小さな月。

もっともっと詳しく情報があっても良い気がします。

何か、詳しく調べられない理由がありそうですよね。

それでも少しずつ明らかになる情報で、ミイラがあるとか、建造物があるとかそう言う話が次々と出て来ます。

一つの書類とかを隠すレベルの話では無く、大きな建造物なんかを隠す事なので、それは難しい。

隠せるのにも限界があるのでしょうね。




でも、わざと少しずつ情報を出しているのか?

そんな感じもします。

人々が考えて、その可能性もあるのかなと考えるようになって、それから次の情報を出す。

なんかそんな感じ。

人間が神のレベルに少しずつ近づき、そのうち神と同レベルになるのか?

その頃には、管理しているもの達は更に先へ行くのか?

神レベルに近付く、それが今回に出でて来た第7感。

上の次元の者との交信。

番組の中では宇宙人との交信と言っているが、それは上の次元の者との交信だと私は思います。

月にたくさんの宇宙人がいると言うが、それは全て今の人間が確認出来るものではなく、その一部があって、多くは違う次元の存在なんではないかなと私は考えます。

なので、月の環境でも知的生命体が存在するのだろうと思います。

それは月だけでは無く地球でも存在するだろうねと言う事。

地球の中の別次元の存在。

それが時々地球上で現れる不思議な現象の原因である事もあるだろう。

時々言われる地球空洞説。

それも宇宙人や宇宙人の技術が関係しているのかも知れませんね。

そして今回出演していたダリル=アンカ

この人は「バシャール」と言う地球外知的生命体と交信出来ると言う。

そしてダリル=アンカがしていた、地球外知的生命体と交信する事をチャネリングと言うんですが、

このチャネリングの映像が凄かった。

もしかすると演技かも知れませんが、初めて見る人は特に何か違うと感じるのではないでしょうか?

映像だけ見ていても、何か異質なもの感じたと言う人は私だけでは無いでしょう。

そしてこのチャネリングの通信相手、その生命体はエササニと言う惑星、今の地球よりも少し未来の星だと言う。

その未来のエササニと言うのはどんなところか?

もしかすると、エササニは未来の地球では無いか?

それとも地球と少し違った世界、パラレルワールドの地球かも知れません。

気になったのは、この話が本当と言うなら「少し未来の」と言うところ。

違う次元で言う少し未来のと言うのがどう言う意味の未来なのか?

時間の感覚が違うと、何千年、何万年先でも彼から言うと少し未来なのかも知れません。

地球外知的生命体が、地球の感覚でしっかりと表現出来ているのか、私達の感覚で話をしているのかは謎ですね。

そんな訳で今、地球人は地球外知的生命体と交信をする時代に突入してきたんだという事。

地球の技術が発展して、謎に追い付けば少しずつ謎の方からも人間の脅威にならないように公開されていくと言う事でしょうかね。

今回もこのやりすぎ都市伝説では色々と考えさせられました。

色々と考えながら次のやりすぎ都市伝説も楽しみにしています。

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




未来人の話、現代人の予言をどう考えるのか?そして・・・。その1



太陽観測所閉鎖、誰も気付いていない?本当の理由。

死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)