未来人の話、現代人の予言をどう考えるのか?そして・・・。その1




未来人の話と、現代の予言者の話。どちらの話がより当たるか?

まぁ、そんな事を言うけど結局どちらも当たらんよと言う事で落ち着きそうですけどね。

最近色々とその手の話を考えてると、そもそも未来人ってほぼ偽物だとしか思えないので、それを考えるとまだ現代の予言者の方が信用と言うか参考に出来るのでは?と考えるようになってきた。

それは何故かと言うと、同じ話でも公の場に現れて言う人の話とそうで無い人の話とどっちを信用するか?と考えると現れて話をする人の話の方が信用出来るでしょ?と言う普通の考えからと言う事。

それで未来人がよく言う事で、姿を現して予言をすると歴史が変わるからと言う事をよく聞く。

もし、歴史が変わると言うならそもそも未来人が過去に行くだけで歴史が変わるのでそれは理由にならない。

未来人が言う歴史が変わるから姿を現せないと言うのは理由にならないのにそれで姿を現せないと言うのはおかしい。

そして、その前に今や数十年先の人間のレベルで過去に行ったり未来に行ったりする技術があるとは思えないんですよね。

今言われるのが、未来には行けるけど過去に行くのは理論的に難しいと言うが、その未来に行くと言う考え方も何か違う気がしてならない。

光の速さに近付く速さで移動出来れば速く動けば動く程未来に行けると言うが、それは時間の進み方が遅くなるだけで未来に行けると言う事では無い気がするんですよね。

考え方としたら100km先に移動する場合、時速50kmで進む人は2時間で到着、時速100kmで進む人は1時間で到着。

時速50kmで進む人から見れば時速100kmで進む人は速いと思うけど、それってワープした事になるの?って思うのよね。

考え方違うかな?




例えば、地球上で光の速さで移動するとして、いつ地球上から消えるタイミングがあるの?同じ空間にいる以上別に未来に行ったと言う事では無く時間の進み方が違うだけじゃ無いの?って思うのよね。

ドラえもんのタイムマシンみたいに違う空間を移動して地球上に再び戻ってきたと言うならタイムトラベルが出来たと言えるとは思うんだけどね。

そうなって来ると今度は場所の問題が出てきます。

違う空間に行って時間を移動し、再び元の空間に戻る事が出来るとする。

その場合、その時間移動して戻ってきた空間って地球上なんでしょうか?

地球は1日で1回転します。

半日未来に行くと地球の裏側に出ると言う事になる。

さらに言うと地球は太陽の周りを回っています。

半日未来にはそこに地球はありません。

まださらに言うと太陽は銀河系の中で動いています。

その銀河系も動いている。

半日移動すれば全く違う位置にいる事になります。

そのほとんどが宇宙空間。

そう言う問題もあるので、時間を移動する技術だけではなく空間を移動する技術も必要になるはずなんですよね。

もし、同じ場所に出る事が出来るならば移動した空間もこの世界の引力やらなんやらから影響を受けて同じ地球上に留まれていると言う事になりますね。

でも、違う世界移動しているのに影響を受けると言うのもおかしい気がします。

そんな風に考えていると、今の理論での延長線上で考えてもこの先そう簡単にタイムトラベルが出来るようになるとは思えないですね。

出来るとすればタイムトラベルして到着する場所もコントロール出来るようになってないと逝けない和氣で。

なので、たかだか数十年後の未来から来ましたと言うのは嘘臭くて仕方がないんですよ。

未来人の話に戻してみると、時々予言が当たったと言う話題もあるが、たくさんある予測の中で当たったものがあると言うだけじゃ無いのかな?と思いますね。

顔を出さなければ、ネット上なんかで一人の人がいくつもキャラクターを作りその中で的中したキャラクターがいればそのキャラクターを育てて未来人と思わせる事が出来る。

人がキャラクターを作ると言う事もあるでしょうが、中にはAIが作り出したキャラクターもあるらしい。

今までの歴史からAIが予測すれば精度の高い予言も出て来るでしょう。

でもこれって予言では無く予測なんですよね。

そして、もし顔出しで現れた未来人が出てきたとしても、未来人がよく言う歴史が変わると言う事を考えれば予言は当たらないと言う事になる。

まぁ、天変地異的なものは当たりそうな気がしますけどね。

でも、人工地震があるとすればやっぱりその辺りも当たらないと言う事になるのかな?




しかし、現代人の予言者は違う。

予言にしても予測にしても、顔出しで発表すればハズレる予言も目立つ。

有名な予言者の予言は9割程的中しているなんて言われる事もありますが、よく調べると的中率は1割程だったなんて事もあります。

でも、1割当たると言うなら参考にしてみても良い気がしますよね。

万が一に保険をかけますがそれに比べれば断然確率が高い。

万が一にお金を出すのに10分の1には嘘だと言って否定をするだけっておかしくないか?って思いませんか?

まぁ、予言者と言う人はたくさんいるので全てを信じると大変な事になりますので参考程度で良いとは思いますけどね。

そして、私が思うには人には予知をする力があると思ってるんです。

それもほとんどの人にわずかでもね。

例えば夜寝ていて目が覚めた後に地震が起きたとかって話聞きません?

そう言うのも予知だし、実験された事で言うと、未来に見る絵に人は先に反応すると言う話がある。

たくさんの絵を順に見せていき、色んな絵の中にショッキングな絵が時々出てくると言う実験。

ショッキングな絵を見る時に脳が反応しその時に出る波形があるらしい。

最初はショッキングな絵を見た時に波形が出るが、回数を重ねると絵を見る前にその波形が出るようになると言う。

それは脳が予知をしていると言う事では無いでしょうか?

多くの人がそのような予言をわずかでも出来ると言うなら、少しの限られた人がより多く詳しい予言をしてもおかしくは無い気がします。

そのように考えていくと、ネット上なんかで出現している、どこの誰ともわからない人の予言よりも、現代人、又は歴史上の予言者の予言を参考にした方が良い気がします。

しかし、ノストラダムスの予言ように解釈で変わるような予言は参考に出来ない気がしますけどね。

今回考えるのは現代の予言者の話の方が参考になると言う事ですが、それよりもさらに参考にしたいのが予言では無くて預言。

長くなりそうなので続きはまた次回。

それでは今回はこの辺で。

ではまた。




太陽観測所閉鎖、誰も気付いていない?本当の理由。



死後の世界はあるのかないのか?臨死体験の話はよく聞くが・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)