究極の選択?あなたは5億年ボタンがあれば押しますか?




あなたは5億年ボタンがあれば押しますか?

もう、結構有名な話になってますよね?

以前からこの5億年ボタンの話は伝え聞いた事があると言うくらいで、5億年も何も無い空間に行くと言う事しか知らず。

私は多分押さないだろうなと思いながら、あまり考える事はありませんでした。

ですが、ちょっと調べてみようと言う事で、漫画を見たり動画も見たりしてちょっと今までよりもゆっくり考えてみる事にしました。

この5億年ボタンの話は元々漫画に掲載されたもので、かなり前に掲載された漫画なんですが、内容は簡単なバイトとしてやる?やらない?と言うもの。

目の前に現れたボタンを押せば100万円もらえます。

が、しかしボタンを押した瞬間に意識が違う次元に飛ばされる。

その空間には何も存在せず、ただ一人でいるだけ。

お腹も空かないし苦しいとかの不都合は特に無い。

寝る事や気を失う事も出来ず、死ぬ事も出来ない

ただ時間が過ぎて行くだけ・・・

そしてその何も無い空間で5億年が経てば元の所に戻って100万円を手にする事が出来て、その時には既に別次元にいたと言う記憶は跡形も無く消されると言う設定。

このボタンを押しますか?と言う事。

漫画等の話の中では、少し考えが少ないと言うか直感で行動するタイプの人が目の前でそのボタンを押す。

するとその瞬間に100万円を手にしたように見えた。

そのボタンを押した人にどんな感じかと聞くと、その5億年の記憶が無いので、ボタンを押した瞬間に100万円が手に入ったと言うだけで、他に何も無いと言う。

そのボタンを押した人はもう一回押して再度100万円を手に入れる。

そんな姿を見たもう一人の押すかどうか悩んでいた人も、見た感じ大したことではないと感じて押してみる。

すると、その人は違う次元に飛ばされその5億年間どうしたかと言う話。

簡単には説明させていただきましたが、詳しい内容はここで文章を読むよりも、漫画や動画を検索して見てもらった方が分かりやすいと思います。

既に知ってる人が多いと思いますけどね。

さて、このボタンの話を知っているものとして考えていきます。

みなさんはこのボタンを押しますか?

今の私だと押さないかな・・・?

かと言って5億年ボタンにデメリットがあるか?と聞かれると無いような気もする。

漫画なんかの様に、いきなり目の前にボタンが出てくると押さないんじゃ無いか?って事。

少し考える時間があって、その別次元はどんな世界か前もって分かる事があれば、もしかしたら押すかもしれないなと思います。

でも、この話だと別次元の内容は分からないんだよね。

目の前のボタンを押して100万円を手に入れた現実を目の前にしたで、ノリで押しましたと言う感じなんだもんね。

今の現実が苦しい人なら押すし、幸せな人なら押さないんじゃ無いかな?

ま、分からないけどね。

考え方としたら、今の現実でパラレルワールドに知らない間に移動する事があってその時間は一瞬でも5億年ほどの体感がある、けども現実に戻った時には記憶が無いと言う事が起こっていたとする。

そんな事が起こっていても、今の感覚として何も変わりませんよね。

そう考えると押した方が良いと言う意見も分かる。

今、宗教的な考え方ですが、生まれ変わりがあるなんて言われる事がありますよね?

感覚的には、生まれ変わった時に100万円手に入れてるようなものなのかも知れないです。

これが、自動的に起こる事なら知らないで済むのかも知れませんが、知ってると悩むよねやっぱり。

ただやっぱり、目の前でお金を手にする人がいると押してしまうかも知れません。




では、ちょっと違う事を考えましょう。

この5億年と言う時間について。

単純に5億年と言いますが、寝たり気を失う事が無いと言う事は体感的には約1.5倍くらいになるのではないかと思います。

1日8時間寝る人と仮定して。

なので体感は7.5億年。

まぁ、ここまでくると5億年も7.5億年もあまり変わらないかも知れません。

人によっては5億年で100万円もらえるなら100回押して1億もらおうって思う人もいるかも知れませんね。

何回ボタンを押しても良いようなので、この5億年ボタンを2回押す。

すると、2回目の5億年の世界に入った時に前回の5億年の記憶を思い出すのだそう。

そうなるとさらに辛い事になりそうだけど、実際はと考えてみると実はそうでも無いかも知れません。

実は、1度5億年を経験した記憶がある方が2回目以降は楽かも知れないです。

皆さんは年々歳を重ねる毎に時間が早く経つと感じませんか?

この時間経過の感覚は歳を重ねる毎に早くなります。

5億年ボタンの話でも、3か月経過した頃~1年経過した頃~と表現があり後の方は一気に年数が過ぎて行きますよね。

実際でもそんな感じかも知れませんよ。

最初の1年は今の体感の1年ですが、1000年後の1年はもっと時間が経つのを早く感じます。

これはどう言う事かと言うと、最初の1年を1とします。

10年後の1年は10分の1、100年後の1年は100分の1の感覚になるからです。

人生か1回ですからね。その人生の何年分の1年なのかと言う事。

人生100年と考えるとそれ程体感は変わらない、気付かないかも知れませんが、1億年5億年となると、最後の1年なんて人生のたかだか5億分の1なんです。

とてつもなく長い5億年かも知れませんが、実際体験するとそれ程でも無かったと言う感覚かも知れないなと思います。

5億年の記憶があるとしても。

そう考えると一度5億年を体験した記憶があると、また何度でも5億年OKかも知れませんね。

そんな風に考えると5億年も大したこと無いですね。

じゃあ、このボタンいっぺん押してみる・・・?

それでは今日はこの辺で。

ではまた。




アシタノワダイの「今回の騒動について」を見て思う事



[本当に怖い話]不気味なプレゼント、捨てられた人形の話

[怪談]とても不気味な戻って来る人形の話


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)