今稼げる、流行っているメルカリ無在庫転売はするな

メルカリ引退、ラクマに移行する事にしました。

今稼げる副業として、よくメルカリ無在庫転売を紹介されている方が多いと思います。

この無在庫転売の危険性を少しお話したいと思います。

まず、無在庫転売とは?

いわゆる注文販売のようなものです。

リアルな店舗で考えると、お中元やお歳暮等をカタログで選んで注文すると宅配で届けられます。

このカタログで注文した時に、その商品は実際には、その店舗に並んでないなんて事ありますよね?

それが無在庫転売と同じ仕組みとなります。

この方法を使ってメルカリ販売をする事がメルカリ無在庫転売となります。

その販売の仕方の代表例で言うと、amazonで出品されている物の情報をそのままコピペでメルカリを使って出品。

例えばamazonで500円で売っている物をメルカリで出品する時に1000円に設定しておいて、1000円で売れれば、amazonで500円で注文して、直接自分が注文を受けた相手に直送してもらうと言う事です。

それだけで500円の収入になります。

このように転売すると、自分の商品が売れれば、相手の個人情報を使ってamazonで注文するだけとなりますので、荷物作りや発送はamazonがしてくれますし、売れてからの仕入れなので、不良在庫を抱えるリスクもありません。

ですので、今、流行っていてリスクが少なく人気があると言われています。




メルカリでよく売れるようにする為にはどうすれば・・・?

メルカリ無在庫転売の規制

ここで、先に言っておきますが、私はメルカリ無在庫転売を否定している訳ではありません。

メルカリ無在庫転売、デメリット無しで稼げるとして紹介れていますが、基本としてこのような無在庫転売はサイト側のルールとして禁止されている事が多いです。

私個人の考えでは、無在庫転売をしてもいいとは思いますが、サイトとして禁止されていますので、そのところは仕方が無いかと思います。

他のサイトでも、無在庫転売が出来るサイトはありますが、基本的には無在庫転売は規制される方向に進んでいます。

このようにルールがありますので、システム的に可能でも、サイト側は無在庫転売を排除しようとしています。

その理由は、トラブルにならない為なんです。

・お金を払っても商品が送らて来ないと言う事が無いようにする為。

出品している物が在庫があるかどうかは転売している人が常時確認している訳ではありません。

ですので、注文を受けて支払われた物が発送出来ないと言う事が起こる可能性があります。

このような事を度々起こすと、そのサイトの信用が下がる為、禁止するのです。

・注文した人の個人情報が、注文した人の意図しない事に利用される違法性。

私は法律家では無いので詳しくは分かりませんが、個人情報の目的外利用は禁止されているのではなかったでしょうか?

注文した方は転売者とは知らずに転売者に発送してもらう為に個人情報を伝えるのであって、その転売者が他の業者に個人情報を伝える事は了承していないと思います。

その事を考えると、目的外利用となり違法では無いのか?と疑問に思っています。

恐らくは、このような理由で、サイト側は転売を禁止しているのだと思います。




ヤフオクかんたん取引等、イレギュラー時の対応を少し紹介

メルカリ無在庫転売のシステム変更

上記で説明してますように、サイト側は規制する方針と言うのは変わらないと思います。

2016年の12月頃、ネット上でこのような情報を目にしました。

「今まで最低でも月30万は稼いでいると言う方が今月は全く売れなくて3万ぐらいだった、どうしよう・・・」

そんなよく似た悲鳴のような情報をいくつか入手しました。

これは、メルカリ側のシステム変更で、転売をしていると判断された商品は検索しても表示しにくくなる、又表示されなくなるというシステムに。

これは例えば「カメラ」と言う商品を検索したとします。

この検索結果が最大100件表示されるとして、転売だと判断された物は、より下に表示されるように変更され、その検索結果が100件より下の表示となった場合はその商品は表示されないと言う結果になってしまいます。

その「カメラ」の検索が100件以内だとやっと表示される。と、そんなシステムだそうです。

こんなシステムに変更されたら、もちろん売り上げは下がりますよね?

逆に、通常の出品者は売上が上がる事になります。




Yahooアカウントに不正アクセスが・・・大丈夫かな?心配

メルカリ無在庫転売の危険性

このように、サイト側が排除しようとする度に、無在庫転売をする人はどんどん稼げなくなる。

それも突然。

そうなると今月の生活費、支払いに困るなんて事にもなるかも知れません。

メルカリ無在庫転売を薦めている人は、ほとんどの場合、以前は在庫を仕入れて転売していたと言っていませんか?

薦めている人は通常の転売、いわゆる「せどり」を経験しているんです。

そのような人は無在庫転売が出来なくなっても、いつでも以前のせどりに戻る事が出来るんです。

そのノウハウをもっていますので。

メルカリ転売をしようと思った時は、どこかに勤めていると言う人が多いと思います。

ちょっと小遣いに、そしてもらっている給料を転売で上回ったら仕事を辞めて転売一本にしてみると、そんな流れを考えていると思います。

勤めに行って給料をもらっている時は転売がなかなかうまく行かなくても焦る事はありませんが、転売してて急に収入が無くなったらかなり焦ると思います。

いきなり生活費が無くなるし、すぐに変わりの収入源なんて確保出来ません。

そこが、メルカリ無在庫転売の危険な所です。

ただ、この事を知っていて考えていて準備しているなら問題は無いと思います。

ただ稼げると考えてひたすら無在庫転売ばかりすると言う事の無いように注意しましょう。




本当に人間はAIに仕事を奪われ失業者が増加するのか?

急に売れなくなった時の為に考えておく、しておく事

・無在庫転売以外の転売もして行く。

これも無在庫転売の合間にしておく事で、急に無在庫転売に行き詰った時に売れ筋の仕入れ先や、発送等の細かな方法等のノウハウが身に付きますので、切り替えをする事が出来ます。

・無在庫転売のコミュニティに入っておく。

コミュニティに入っておくと、規制で売れなくなった時にアドバイスを受ける事が出来る場合があります。
信用できるコミュニティを探しておきましょう。
2016年の12月頃のメルカリの規制ではコミュニティの情報で売り上げが下がらなかったと言う人も多かったと思います。

・転売以外の収入源を作っておく。

アフィリエイトや投資等、転売しながら他の収入源を作っておく事によって、一つの収入源が無くなっても慌てる事の無い状態にしておこうと言う事です。

このように、情報はたくさん知っておいて、先の事も考えて行動して行きましょう。




ヤフーオークション、ヤフオク利用者に便利、一括再出品ツール

ヤフオクで出品、無料会員と有料会員の違いについて。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)