個人事業なので、とっとこ早いうちに確定申告に行って来ました。




毎年この時期になると、個人事業をしている人は確定申告をする事になりますね。

一昨年は一年間勤めに行っていたので、個人で確定申告はしませんでしたが、去年は個人事業を始めたので3月15日までに確定申告をしなければなりませんでした。

私が確定申告までに必要だった事は、個人事業を始める前と始めてからで住所が変わっていた事で、前の住所の管轄する税務署に行き所得税、消費税の納税地の異動に関する届出書を出し、その後、現住所の管轄する税務署に同じ書類を提出しました。

これは、引っ越しが無い人は必要ないでしょう。

そして、上記の書類を提出した時に、一緒に開業届と、それから去年の分は今年に白色で確定申告ですが、今年の納税を来年に確定申告をする時に青色申告でも可能になるように届け出を出しておきました。

この所得税の青色申告承認申請書と言う届け出を出しておかないと、いきなり青色申告にする事が出来ないし、やっぱり前の年同様白色申告にしようって思ったら届け出を出した後でも白色申告で提出出来ます。

そして、一度届け出をすれば次からは届け出は必要ありませんので、事業をしているなら、届け出は出しておいた方が良いですね。

ちなみに青色申告にする届け出はその年の3月15日までにしておかないといけません。

平成29年の3月15日までに届け出をすると、平成29年分(平成30年に提出分)が青色申告に出来ます。

青色申告にすると控除額が増え、納める税金が少なくなりますので、可能ならば、青色申告にした方がいいですね。




開業届に関しては以前住民票の異動をした時に市役所で、必要かどうかを聞いたのですが、その時点では特に届け出しないといけないと言う返事ではなかったので、後回しにしましたが、結局、税務署で異動の届と青色申告にする為の届け出をする時に必要になりましたので届け出をしました。

まぁ、届け出が遅くなってもペナルティ等はありませんが、結局、必要な時が来るとしないといけなくなります。

ただ、届け出が遅くなると、届け出の書類に必要な事、例えば、必要書類が前の住所でもらわないとダメだったりとか、日付がはっきり分からず、調べるのが面倒くさくなるかも知れませんので早めに届けを出しておく方が良いでしょう。

後は、領収書、レシートの整理、仕訳、銀行の通帳、クレジットカードの明細書を準備して記帳、計算ですね。

そして、税務署で確定申告、こう言う面倒な事は早めに終わらせたいので、今日税務署に行ったのですが、あれ?車、人が少ない、おかしいなぁって思いながら中に入り聞いてみると、税務署が狭いからなのか、違う場所、ショッピングモールが確定申告会場だったので移動となりました。

以前に住んでいた所では税務署の隣の建物が会場だったのですが、ショッピングモールまでは結構遠い。車で10分くらいかな?仕方が無いので移動して受付。

初日と言う事もあり、人も多い。

私が到着した時は13時頃だったのですが、その前から待っている人は9時前から待っていて、まだしばらく掛かりそうだとの事。

受付時、収支書類作成後パソコンで書類作成の人、収支書類作成が無くアシスト付き(職員が文字の打ち方まで全て指導)でパソコンによる書類作成の人、セルフでパソコンによる書類作成の人と3つに分かれて受付だったのですが、私は個人事業で、まだ書類を作っていなかったので収支書類作成で受付。

9時から待っていた人はアシストパソコン待ちなのでかなり待たされているようでした。

基本、パソコンの字が打てる程度でもセルフパソコンで可能なので、どの項目にどの文字、数字を入れればいいか分からなくても、セルフを選べば早く終わらせる事が出来るみたいです。




そして受付後1時間ちょっと待たされて自分の番、既に項目別に計算済で、書類に書き入れる程度までは作成出来ていたので、項目別に書き入れて職員の人にチェックしてもらうだけで、すぐに終わり、今度は、セルフパソコンで待ちが20分くらいでしょうか、パソコンによる書類作成もちょいちょいと職員に教えてもらって、最後マイナンバー確認で書類完成。

プリントアウトしてもらって提出。

13時頃に行って、会場を出るのが15時半くらい、2時間半くらい掛かりましたが、思ったより早く終わりました。

会場では若い人が少なく、お年寄りが多かったみたいです。

若い人は会社勤めか、フリーターで申告していない、自宅で作成郵送の人が多いのではないでしょうか?少な目。

お年寄りは暇だから?仕事をしてなくて年金受給者だから?パソコンが使えない、所持してないから?そしてほとんどの人がアシスト付きパソコンを希望で待っている人が多かったので、お年寄り率が高かったです。

私は待ち時間に暇だったので、タブレットでオークション管理とかをちょこちょこっとこなしながら、受付の職員さんの手が空いた時にちょこっと質問していました。

何日くらいなら空いているのか?等色々聞いて、その聞いた中で昨日までに確定申告の書類作成のサポートを税務署でしていたので、どのくらいまで書類が作れるのか?提出が出来るのか?って聞いたら、収支が確定して分かっているのであれば提出まで事前に税務署で終わらせる事が出来るとの事。

来年は早めに出来るなら、とっとと終わらせようかなって思いましたね。

今日はスムーズに確定申告は終わりましたが、もちろん、私は会計士でも、税理士でも無いし簿記の資格も持っていませんが、ネットで色々調べながら、記帳をして計算、作成しました。

もしかしたら、記帳の仕方に間違いがあるかもしれませんが、収入と支出を正直に記帳して、誰が見てもすぐに分かるように記帳しておけば、それでOKだと思います。

もちろん適当に記帳はダメですよ、しっかり正直に必要な事を全て分かりやすくなので、私も作成日数はかなり掛かっていますしね。




青色申告の場合はしっかりと指導を受けて、正確な記帳が必要かも知れませんが、白色申告だと、正直に分かりやすい記帳で大丈夫でしょう。

もし、何かのチェックが入り指導を受けたとしても、正直に記帳していれば、指導のみで、税金を多く払うようになる事は無いのですから。

逆に、チェックしてもらったら還付金が発生するかもね?

今は収入が少ないのですが、多くなってきたら、会計士さんとかにお願いしようと思っていますが、しばらくはこのまま白色で自分で申告はして行こうと思います。

分からない事があれば、税務署で聞けば丁寧に教えてもらえると思いますので、不安な人で個人事業を始めた人は早いうちから色々と尋ねて申告書類を作って行きましょう。


「1日5分自分でできる税務記帳」決算に向けた記帳


せどりに特化した税金セミナー


お金を掛けずにお金を生み出した!素人でも簡単に即節税効果の出る方法! 





2018年から確定申告で医療費控除と株式運用の損益通算と繰越控除




ちょっと稼いだんだけど、確定申告とかどうすればいいのかと。

年金はもらえないかも?払うと損?は都市伝説!?




三大義務の義務教育とは何か?それは洗脳である。



本当に人間はAIに仕事を奪われ失業者が増加するのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)