特に個人事業等の人はクレジットカード、ポイントカードを上手に利用でお得に節約、節税しよう。




大手のポイントカードを利用して、自分の手元に残るお金を増やす。

町のパン屋さんや、雑貨屋さんの1店舗のみ、又はチェーン店のみのポイントカードは貯まらずに有効期限が切れてしまう事がよくあり、持ち歩いていてもかさばるばっかりで、あまりお得感がありません。

ですが、今は大手のポイントカードが増えていますよね、Tポイント、ponta、nanaco、WAON、他にマイル等もあると思います。

このようなポイントカードは貯められる所、使える所が多いと思います。

人によっては少しのポイントくらいどうでもいいって、そう言う人もいると思いますし、ポイントいらないから値引きして欲しいとか言う人もいるかと思います。

ですが、個人事業なら、ポイントで還元がお得です。

例を出して比べてみましょう。

事業の消耗品を1か月分10000円で買うとします。

上手にポイントをゲットして10%くらいの還元があるとします。

10000円使って、1000円分のポイント

私物を10000円分買ってポイント分値引き9000円でゲットしましょう。

これを1年間、月1回のペースで利用したとすると、

120000円使って消耗品を買いました。

私物を買う時に値引きで120000円が12000円引きで108000円使いました。

使った総合計が228000円、単純に年間12000円が得って事は分かりますよね?

では、ポイントサービスを利用せずに消耗品を合計120000円で10%値引きをしてもらったとします。

単純に12000円お得です。




ここからが、ポイントカードの得となる説明ですが、合計120000円払って12000ポイント獲得ですが、事業経費としては120000円で計上出来ます。

現金で支払った場合は経費は108000円になりますので、計上出来る経費が12000円が少なくなりますよね?

ですので、納める税金がポイントカードで還元をしてもらってる人より多くなります。

228000円を同じように使ってもポイントの獲得は収入にはならないので、その分節税する事が出来ますね。

掛かる経費が増えれば増える程、この節税効果が大きくなります。

年間1000万円が経費で10%なら1000万円計上して、実際の経費が900万円と言う計算、100万円分多く経費として所得から控除される事になります。

他に食事代を経費で落とせるとします。

今、お小遣いサイトの利用でのモニターで食事代50%還元とかが数多くあります。

4人で食事代が1万円だったとして、5000円分をポイントで還元してもらうと、経費を1万円分計上する事になりますが、5000円分のポイント還元なので実際の負担は5000円となりますよね?

(お小遣いサイトはこのサイト内に紹介もありますので、是非ご覧下さい。)

ポイントを現金に交換出来るサービスもありますが、現金化すると収入になりますし交換手数料が掛かる事が多いので、そのままポイント値引きをする方がお得です。

ポイントのまま値引きで利用すれば収入にならないので、経費でポイント貯めて、私物購入はこのポイントをどんどん使うようにして行けば、手元に残せる金額が増えて行きます。




ポイントサービス付きのクレジットカードを使うようにすればポイントも貯まりやすくなります。
(お得にポイント付きのクレジットカードをこのサイトでも紹介させていただいていますので、よく利用されるお店での対応ポイントサービス付きクレジットカードの案内を是非ご覧下さい。)

このようにポイントサービスを最大限に利用して、節税、節約してみませんか?










早めにキャッシュレス、クレジットカード利用でお得は増加

やっぱりpaypayを使う事に決めました。




ウエルシアで買い物、毎月20日はTポイントでお得過ぎる!!



電子マネーに上手にチャージで公共料金の支払いをしよう。



やっぱりカード主義、カード払いの方が節約出来ると実感。




クレジットカードの利点、カード利用で感じた事

掛け金0円の保険に加入して安心を増やそう。



誰でも簡単、ネットでお小遣い稼ぎ、その方法は。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)